北海道官設鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北海道官設鉄道(ほっかいどうかんせつてつどう)とは、明治時代に北海道庁鉄道部が建設、運営した鉄道である。

概要[編集]

北海道の鉄道は、1882年に開業した官営幌内鉄道に始まるが、これは北海道開拓使が建設、運営する鉄道であった。しかし、1886年に開拓使が廃止され、北海道庁が置かれると鉄道払い下げの方針が出され、北海道炭礦鉄道が設立されて、1889年に幌内鉄道の路線はこれに譲渡、民営化された。

北海道庁にとっては、開拓の推進ためにも鉄道の建設が不可欠であったが、北海道炭礦鉄道にはその遂行は不可能であると判断され、北海道庁自ら鉄道建設・運営を行う方針が打ち出された。国においても、北海道における鉄道網建設計画を策定していたが、1892年に公布、施行された鉄道敷設法には、北海道における予定線が除外されており、北海道における鉄道建設・運営を北海道庁自ら行なうことを追認した形となった。

1896年には、北海道鉄道敷設法が公布・施行され、北海道庁がその建設にあたることとなった。1898年の滝川 - 空知太間の開業を皮切りに、現在の函館本線宗谷本線根室本線富良野線)等の一部を開業していった。しかし、1905年鉄道作業局に移管され、北海道庁の管轄を離れて逓信省管轄となり、道外の国有鉄道同様の扱いとなった。

歴史[編集]

  • 1896年(明治29年)
    • 5月8日 - 北海道庁に臨時北海道鉄道敷設部を設置。
    • 5月14日 - 「北海道鉄道敷設法」公布。
  • 1897年(明治30年)11月5日 - 臨時北海道鉄道敷設部を廃止し、北海道庁鉄道部を設置。
  • 1898年(明治31年)
    • 7月16日 【開業】空知太 - 旭川 【駅新設】滝川、江部乙、妹背牛、深川、納内、伊納(信号停車場)、旭川 【借入】砂川 - 空知太(北海道炭礦鉄道) 【駅廃止】空知太[1]
    • 8月12日 【延伸開業】旭川 - 永山 【駅新設】永山
    • 11月1日 - 北海道庁鉄道部を廃止し、北海道鉄道部を設置。
    • 11月25日 【延伸開業】永山 - 蘭留 【駅新設】比布、蘭留
  • 1899年(明治32年)
    • 8月11日 【駅新設】近文(信号停車場)
    • 9月1日 【延伸開業】旭川 - 美瑛 【駅新設】辺別、美瑛
    • 11月15日 【延伸開業】蘭留 - 和寒 【駅新設】和寒 【延伸開業】美瑛 - 上富良野 【駅新設】上富良野
  • 1900年(明治33年)
    • 5月11日 【信号停車場→駅】伊納
    • 8月1日 【延伸開業】上富良野 - 下富良野 【駅新設】中富良野、下富良野
    • 8月5日 【延伸開業】和寒 - 士別 【駅新設】剣淵、和寒
    • 9月18日 【線路名称設定】上川線空知太 - 旭川、天塩線旭川 - 士別( - 宗谷)(*1)、十勝線旭川 - 下富良野( - 帯広)、釧路線(帯広 - 釧路)、根室線(釧路 - 根室)、網走線(厚岸 - 網走)
    • 10月1日 - 釧路出張所を設置[2]
    • 12月2日 【延伸開業】十勝線下富良野 - 鹿越 【駅新設】山部(信号停車場)、金山、鹿越
  • 1901年(明治34年)
    • 4月1日 【信号停車場→駅】山部
    • 7月20日 【開業】釧路線釧路 - 白糠 【駅新設】釧路、大楽毛、庶路、白糠
    • 9月3日 【延伸開業】十勝線鹿越 - 落合 【駅新設】落合
    • 12月5日 【駅新設】神居古潭(簡易停車場)
  • 1902年(明治35年)12月6日 【駅新設】幾寅
  • 1903年(明治36年)
    • 3月1日 【延伸開業】釧路線白糠 - 音別 【駅新設】音別
    • 9月3日 【延伸開業】天塩線士別 - 名寄 【駅新設】多寄、風連、名寄
    • 12月25日 【延伸開業】釧路線音別 - 浦幌 【駅新設】厚内、浦幌
  • 1904年(明治37年)
    • 8月12日 【延伸開業】釧路線浦幌 - 豊頃 【駅新設】豊頃
    • 12月15日 【延伸開業】豊頃 - 利別 【駅新設】池田、利別
  • 1905年(明治38年)
    • 3月31日 - 北海道庁鉄道部廃止。
    • 4月1日 - 逓信省札幌鉄道作業局出張所へ移管。
(*1) 括弧書きは予定区間

路線・駅一覧[編集]

下記は、国有鉄道(鉄道作業局)編入直前(1905年3月31日)における開業路線及び駅(停車場)の一覧である。

上川線(かみかわせん):空知太 - 旭川(36.2M)・北海道炭礦鉄道借入:砂川 - 空知太(3.0M) - 現在の函館本線の一部
砂川駅) - (空知太駅)(*2) - 滝川駅 - 江部乙駅 - 妹背牛駅 - 深川駅 - 納内駅 - 神居古潭簡易停車場 - 伊納駅 - 近文信号停車場 - 旭川駅
天塩線(てしおせん)旭川 - 名寄(47.2M) - 現在の宗谷本線の一部
旭川駅 - 永山駅 - 比布駅 - 蘭留駅 - 和寒駅 - 剣淵駅 - 士別駅 - 多寄駅 - 風連駅 - 名寄駅
十勝線(とかちせん):旭川 - 落合(67.3M) - 現在の富良野線及び根室本線の一部
旭川駅 - 辺別駅 - 美瑛駅 - 上富良野駅 - 中富良野駅 - 下富良野駅 - 山部駅 - 金山駅 - 鹿越駅 - 幾寅駅 - 落合駅
釧路線(くしろせん)釧路 - 利別(67.0M) - 現在の根室本線の一部
釧路駅 - 大楽毛駅 - 庶路駅 - 白糠駅 - 音別駅 - 厚内駅 - 浦幌駅 - 豊頃駅 - 池田駅 - 利別駅
(*2) 空知太駅については、北海道官設鉄道開業時に廃止され、北海道炭礦鉄道・北海道官設鉄道の分界点として残った。この分界点の名称は当初は空知太であったようだが、1901年度以降の年報には空知川と記載されている。

輸送・収支実績[編集]

年度 旅客人員 貨物噸 営業収入 営業費 益金 開業線路(哩)
1898 141,225 28,437 79,370 142,688 ▲ 63,318 50.31
1899 355,365 85,447 240,971 315,137 ▲ 74,166 83.42
1900 484,911 164,537 395,874 465,348 ▲ 69,474 126.28
1901 477,853 143,461 442,209 609,339 ▲ 167,130 154.13
1902 495,383 211,990 608,180 685,465 ▲ 77,285 164.13
1903 530,091 247,956 747,373 861,473 ▲ 114,100 198.69
1904 611,518 350,505 1,038,370 1,024,783 13,587 217.50

車両[編集]

蒸気機関車[編集]

番号は便宜的に全てアラビア数字で記しているが、1号から9号までの現車への標記は漢数字で、前面へは漢数字のみを丸形のプレートに、側面へは切り抜き文字で「號四」のように標記していた。形式のアルファベットは、Bが車軸配置2-6-0(1C)形のテンダ機関車、Cが車軸配置0-6-0(C)形のテンダ機関車、Dが車軸配置2-6-2(1C1)形のタンク機関車、Eが車軸配置0-6-0(C)形のタンク機関車を意味し、それぞれの登場順に数字を付している。また、これらは国有鉄道(鉄道作業局)編入後に、鉄道作業局の形式に準じた形式が与えられ、1909年の鉄道院の形式称号制定まで使用された。

  • B1形 - 1 - 3 - (1896年ボールドウィン製)鉄道作業局Ea形 → 鉄道院7400形(7400 - 7402)
  • C1形 - 4, 5 - (1887年米ボールドウィン製)旧釧路鉄道「進善」「長安」(1897年譲受)鉄道作業局Eb形 → 鉄道院7000形(7000, 7001)
  • D1形 - 6, 7 - (1897年米ボールドウィン製)鉄道作業局Ba形 → 鉄道院3010形(3010, 3011)
  • D2形 - 8, 9, 12 - (1899年米ボールドウィン製)鉄道作業局Bb形 → 鉄道院3000形(3000 - 3002)
  • E1形 - 10 - (1886年ダブス社製。旧西成鉄道3を1900年譲受)鉄道作業局Bc形 → 鉄道院1150形(1153)
  • B2形 - 11 - (1889年米H.K.ポーター製)旧北海道炭礦鉄道形式イ7(1899年譲受)鉄道作業局Ec形 → 鉄道院7100形(7100)
  • B3形 - 13 - 16 - (1900年米ブルックス製)鉄道作業局Ed形 → 鉄道院7270形(7270 - 7273)
  • B4形 - 17 - 22 - (1902年米ロジャーズ製)鉄道作業局Ee形 → 鉄道院7350形(7350 - 7355)
  • B5形 - 23 - 26 - (1902年米ボールドウィン製)鉄道作業局Ee形 → 鉄道院7300形(7300 - 7303)
  • B6形 - 27 - 30, 34, 35 - (1903年、1904年米ボールドウィン製)鉄道作業局Ef形 → 鉄道院7500形(7500 - 7505)
  • B7形 - 31 - 33 - (1904年米アメリカン・ロコモティブ製)鉄道作業局Ef形 → 鉄道院7550形(7550 - 7552)
  • B8形 - 36, 37 - (1905年汽車製造製)鉄道作業局Ef形 → 鉄道院7270形(7274, 7275)

客車[編集]

引継時は42両。1910-1911年作成の『客車略図』では北海道官設鉄道所属の客車は合計137両。残り95両は1905年以降に新造または本州から転属したものと見られる[3]

単車[編集]

  • ほ1-4 4両(引継時は2両) 月島工場製 定員26/24人 鉄道院フロ840-843(形式840) 二等車(手用制動機附)形式図
  • へ1-10 10両(引継時は2両) 月島工場製 定員41/39人 鉄道院フハ3384-3393(形式3384) 三等車(手用制動機附)形式図
  • よさ11-50 40両(1908年新造) 不明 定員不明 鉄道院フハ3394-3433(形式3394) 三等車(手用制動機附)形式図なし
  • とち1-3 3両(当初4両あり1両は1903年焼失) 三等郵便手荷物緩急車へとち1-3を1903年改造(とち)したもの。 月島工場製 鉄道院ユニ3963-3965(形式3963) 郵便手荷物緩急車 形式図
  • とちり1-4 4両 三等車へ3-6(初代)を1903年郵便緩急車とち1-4へ改造しさらに郵便手荷物緩急車(とちり)に改造したもの。 月島工場製 鉄道院ユニ3976-3979(形式3976) 郵便手荷物緩急車 形式図
  • ヨリ1-45 45両(1908年新造)神戸工場製 鉄道院ニ4344-4388(形式4344) 手荷物緩急車 形式図なし

ボギー車[編集]

  • ろは1.2 2両 北海道鉄道部工場製 定員二等16人三等46人 鉄道院フホロハ5940.5941(形式5940)二三等車(手用制動機附)形式図
  • ろは3-10 8両 平岡、東京機械、旭川、月島製 定員二等16/14人三等48/44人 鉄道院フホロハ5942-5949(形式5945)二三等車(手用制動機附)形式図
  • ろは11-13 3両 東京車輌製造所製 定員二等18/16人三等60/56人 鉄道院フホロハ5950-5952(形式5945)二三等車(手用制動機附)形式図
  • は1.2 2両 北海道鉄道部工場製 定員72人 鉄道院フホハ7905.7906(形式7905)三等車(手用制動機附)形式図
  • は6-21 16両 平岡、東京機械、旭川、月島、日車製 定員92/84人 鉄道院フホハ7907-7922(形式7905)三等車(手用制動機附)形式図

定員の後者は冬期間 リンク先は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの『客車略図 』

車両数の推移[編集]

年度 機関車 客車 貨車
1898 7 12 108
1899 9 17 127
1900 12 20 205
1901 16 30 286
1902 20 31 351
1903 24 39 539
1904 31 42 627

北海道庁鉄道部長[編集]

  • (心得)小山友直 道庁鉄道技師:1900月2日8日 - 3日28日
  • 国沢能長 道庁鉄道技師:1900月3日28日 -

脚注[編集]

  1. ^ 北海道炭礦鉄道空知線の終点駅であった空知太は、北海道官設鉄道が滝川から延伸接続し、砂川-滝川間の線路使用権を得ると同時に廃駅となった。ただし、所有権上の基点名として、両線が国有化されるまで残された。このため事実上は上川線の起点駅は砂川であった。
  2. ^ 『官報』第5158号、明治33年9月10日。
  3. ^ 星良助「北海道内客車のうごき」『鉄道ピクトリアル』No.386-387

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 北垣国道 - 北海道官設鉄道建設を計画・推進する
  • 田辺朔郎 - 北海道庁鉄道部長として北海道官設鉄道建設にあたる