牟礼駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牟礼駅
駅舎(2009年6月27日)
駅舎(2009年6月27日)
むれ - Mure
豊野 (7.8km)
(6.5km) 古間
所在地 長野県上水内郡飯綱町大字豊野492-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 27.9km(篠ノ井起点)
電報略号 ムレ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
800人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1888年明治21年)5月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
標高:487.1m
天狗像

牟礼駅(むれえき)は、長野県上水内郡飯綱町大字豊野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。豊野駅管理の業務委託駅で、長鉄開発が駅業務を受託しており、自動券売機みどりの窓口(営業時間 7:30 - 17:30 ※ただし途中休止時間あり)が設置されている。夕方から朝までは無人となる。

その昔、町内の飯綱山には天狗がいたと言い伝えられている。それをアピールするため、両ホームには天狗像がある。この天狗像は有名である。2005~2006年にかけての大雪により上り2番線の天狗像が倒壊、2006年2月に撤去され、現在は下り1番線に残るのみである。

のりば[編集]

1 信越本線 (下り) 妙高高原高田直江津方面
2 信越本線 (上り) 豊野長野方面
  • 以前は、上下線の間に中線があったが、現在は一部撤去されている。
  • 旅客案内用に、パナソニック製の放送機器を使用している。
  • 接近放送はカンノ製作所タイプである。長野県内ではよく聞けたタイプである。放送機器更新の際に別のタイプに変更されてしまう事が多いが、この駅では更新後も使用されている。また、長野方面到着時には、駅員による案内が行われる事が多い。
  • 発車ベルも存在する。2005年の放送機器更新の際、ベルを鳴らすスイッチがワンプッシュタイプの物に変更され、ベルの音色も汎用の高音タイプとなった。上下線で同じ音色である。下りは3両・6両ともに鳴らせるが、上りはスイッチの関係で6両編成しかベルを扱う事が出来ない。省略されてしまう事が多いが、平日の上り340M(6両)は客が集中し、ベルが扱われる事が多い。
  • 待合室やホームに設置されているベンチ等の一部に、近くの北部高校の生徒が作製したものが用いられている。これらには「北部高校クラフトコース」の記述がなされている。

利用状況[編集]

  • JR東日本各駅の乗車人員によると、利用客数は以下の通りである
乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2000 1,090
2001 1,036
2002 1,017
2003 987
2004 969
2005 904
2006 848
2007 857
2008 864
2009 838
2010 815
2011 785
2012 800

駅周辺[編集]

最近は、長野市ベッドタウンになっているので、駅付近も朝夕はかなり混雑する。

バス路線[編集]

駅前乗り場から発車する。2007年10月1日より運営方法が変更。12系統以外、昼間はデマンド交通(3.5往復)。朝と夕方は大型バスが使用される。7・8時台の長野行きの電車に接続できるよう各方面から運行。夕方は長野からの電車と接続。

  • 長電バス
    • 12(上り)福井団地・見晴・宇木・本郷駅・権堂・長野駅
    • 12(下り)役場前・牟礼営業所
    • (系統番号なし)地蔵久保・いいづなリゾート/飯綱温泉・奈良本・東柏原・溝口

※野尻湖方面へのバスは飯綱(牟礼)営業所始発

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
信越本線
快速「妙高」・普通
豊野駅 - 牟礼駅 - 古間駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]