東野駅 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東野駅
5番出入口
5番出入口
ひがしの - Higashino
椥辻 (1.0km)
(1.1km) 山科
所在地 京都市山科区東野片下リ町
駅番号 T06
所属事業者 京都市交通局京都市営地下鉄
所属路線 東西線
キロ程 5.9km(六地蔵起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
10,305人/日
-2013年-
開業年月日 1997年平成9年)10月12日
配線図


コンコース

東野駅(ひがしのえき)は、京都市山科区にある、京都市営地下鉄東西線。駅番号はT06

駅構造[編集]

ホームは地下3層にあり、他の東西線の駅と同様、複線島式ホーム(1面2線)で、ホームドアが設置されている。

東西線の駅は駅ごとにステーションカラーが制定されており、当駅のステーションカラーは藤色である。

のりば[編集]

1 東西線 山科太秦天神川方面
2 東西線 醍醐六地蔵方面

利用状況[編集]

1日平均乗車人員と1日平均乗降人員の推移は下記の通り[1]

年度 乗車人員 乗降人員
2003年 4,748 9,297
2004年 4,792 9,380
2005年 4,840 9,366
2006年 4,849 9,485
2007年 5,085 9,944
2008年 5,181 10,127
2009年 5,222 10,227
2010年 5,246 10,286
2011年 5,284 10,360
2012年 5,300 10,392
2013年 5,256 10,305

駅周辺[編集]

駅の直上には、幹線道路が交わる山科東野交差点がある。

路線バス[編集]

  • 京阪バス(利用する方向によってバス停が相違する。)
    • 東野片下り町
    • 国道東野
    • 東野

歴史[編集]

国道1号と外環状線の交差点の地下に位置し、路線バスとの連絡のために設置することが決定した[要出典]

  • 1995年平成7年)7月31日 - 着工する。
  • 1997年(平成9年)
    • 7月31日 - 竣工する。
    東海道新幹線の地下をくぐる箇所であり慎重を要したことから[要出典]京都市交通局が工事を手がけた東西線の駅では最も完成が遅れた。また、駅開業後に国土交通省の事業として東野交差点地下道の整備がなされた。
    • 10月12日 - 東西線の醍醐 - 二条間開業に際し設置し開業する。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPaの供用を開始する。

隣の駅[編集]

京都市営地下鉄
東西線
椥辻駅 (T05) - 東野駅 (T06) - 山科駅 (T07)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ “京都市交通事業白書(事業概要)” 平成20年度版平成25年度版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 東野駅(駅施設) - 京都市情報館 交通局