早く家へ帰りたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
早く家へ帰りたい
サイモン&ガーファンクルシングル
収録アルバム パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
B面 木の葉は緑
リリース 1966年2月
録音 1965年12月14日
ジャンル フォークロック
時間 2分29秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ポール・サイモン
プロデュース ボブ・ジョンストン
チャート最高順位
  • 5位(アメリカ)
  • 9位(イギリス)
サイモン&ガーファンクル シングル 年表
サウンド・オブ・サイレンス
(1965年)
早く家へ帰りたい
(1966年)
アイ・アム・ア・ロック
(1966年)
テンプレートを表示

早く家へ帰りたい[1]」(原題:Homeward Bound)は、サイモン&ガーファンクル1966年に発表したシングル。

解説[編集]

ポール・サイモン1965年ロンドンを拠点として活動していた頃、イングランドでソロ・ツアーを行った折にロンドンが恋しくなったことを元に作られた曲[2]。アルバム『サウンド・オブ・サイレンス』(1966年)のためのレコーディング・セッションで録音されたが、同アルバムには収録されずシングルとして全米5位・全英9位に達し、イギリスでは初のチャート・インを果たした[3]。その後、アルバム『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』(1966年)に収録された。

1976年11月、ポール・サイモンがテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のホストを務めた際にゲストのジョージ・ハリスンと共にこの曲を演奏し、その時の音源は1991年発売のチャリティ・アルバム『ルーマニアン・エンジェル・アピール〜ノーバディーズ・チャイルド』に収録された[4]

カヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1966年当時の日本盤シングルでのタイトルは「早くうちへ帰りたい」で、旧規格CD等では「早く家に帰りたい」という表記の場合もある
  2. ^ Homeward Bound - Simon & Garfunkel : Listen, Appearances, Song Review : Allmusic
  3. ^ ChartArchive -Simon And Garfunkel-
  4. ^ 『文藝別冊 [総特集] サイモン&ガーファンクル』(河出書房新社、2003年、ISBN 4-309-97650-6)p.150, 176