ミセス・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミセス・ロビンソン
サイモン&ガーファンクルシングル
収録アルバム ブックエンド
B面 旧友
リリース 1968年4月
録音 1968年2月2日[1]
ジャンル フォークロック
時間 4分00秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ポール・サイモン
プロデュース ロイ・ハリー、ポール・サイモン、アート・ガーファンクル
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[2]
  • 4位(イギリス[3]
  • 5位(オランダ[4]
  • 6位(スイス[5]
  • 8位(ノルウェー[6]
サイモン&ガーファンクル シングル 年表
スカボロー・フェア/詠唱
(1967年)
ミセス・ロビンソン
(1968年)
ボクサー
(1969年)
テンプレートを表示

ミセス・ロビンソン」(Mrs. Robinson)は、ポール・サイモンが作詞・作曲したサイモン&ガーファンクルの楽曲。1967年12月公開のアメリカ映画卒業』のサウンドトラックで初期のヴァージョン(アルバム『卒業-オリジナル・サウンドトラック』にも収録)が使用された後、1968年2月2月にフル・ヴァージョンが録音されて、同年4月発表のスタジオ・アルバムブックエンド』に収録されるとともに、シングルとしてもリリースされた。

歌詞[編集]

タイトルは映画『卒業』の登場人物に由来している[7]。また、フル・ヴァージョンで追加された歌詞の中には、野球選手ジョー・ディマジオに対して「どこへ行ってしまったの?」と呼びかけるフレーズもある。この曲が発表された後、ディマジオがそのことについて怒り、告訴も考えているという噂が流れたが、サイモンとディマジオが同じレストランで食事をしていた時、ディマジオはサイモンに「俺はどこにも行っちゃいないよ」と語り、サイモンはそれに対して、ディマジオがアメリカの英雄であると考えて名前を出したことや、あの歌詞は正真正銘の英雄が不足していることを意味しているということを語ったエピソードがある[8]

アート・ガーファンクルは、自分のソロ公演でこの曲を歌う際、ディマジオの名前を別の選手の名前に変えることがあり、日本公演では王貞治と歌ったこともある[7]

シングルとしての発表[編集]

母国アメリカでは、総合チャートのBillboard Hot 100でサイモン&ガーファンクルにとって2作目の1位獲得曲となり、『ビルボード』誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは4位に達した[2]。また、グラミー賞では最優秀レコード賞とポップ・ロック・コンテンポラリー賞の2部門を受賞した[2]。一方、映画『卒業』およびサウンドトラック・アルバムの好評に反して、アカデミー賞にはノミネートすらされなかったが、サイモン自身の発言によれば、そもそもノミネートのために必要な書類を書き忘れていたという[7]

イギリスでは、「早く家へ帰りたい」(1966年)以来となる全英シングルチャートでのトップ10入りを果たし、最高4位に達した[3]。また、後に本作を含む4曲入りEPも発売され、このEPは全英9位に達した[3]

日本では、映画『卒業』が日本で初公開された翌週の1968年6月15日に、独自企画のシングル「サウンド・オブ・サイレンス」のB面曲として発表された[9]。10月には、本作を収録したアルバム『ブックエンド』も日本発売された。

サウンドトラックでの使用例[編集]

「ミセス・ロビンソン」は、『卒業』以外にも、下記の作品で使用された。

カヴァー[編集]

レモンヘッズによるカヴァー[編集]

ミセス・ロビンソン/ビーイング・アラウンド
レモンヘッズシングル
A面 ミセス・ロビンソン
ビーイング・アラウンド
B面 ダイヴァン
イントゥ・ユア・アームズ
リリース 1992年
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間 3分44秒
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 ポール・サイモン
プロデュース ジュリアン・スタンデン[14]
チャート最高順位
  • 9位(ニュージーランド[15]
  • 16位(オーストラリア[16]
  • 19位(イギリス[17]
テンプレートを表示

レモンヘッズは1992年に「ミセス・ロビンソン」のカヴァーを発表。アメリカでは『ビルボード』のモダン・ロック・チャートで8位に達した[18]。ヨーロッパやオセアニアでは「ビーイング・アラウンド」との両A面シングルとしてもリリースされ[14]、イギリスでは1992年12月5日付の全英シングルチャートで初登場し、9週チャート圏内に入って最高19位を記録[17]。ニュージーランドでは1993年3月14日のシングル・チャートで9位を記録した[15]。この曲は、レモンヘッズのアルバム『イッツ・ア・シェイム・アバウト・レイ』(1992年)にボーナス・トラックとして収録された。

レモンヘッズのヴァージョンは、映画では『ウェインズ・ワールド2』(1993年)でオリジナルバージョンとともに使用された[19]のをはじめ、『カーラの結婚宣言』(1999年)[20]、『アメリカン・サマー・ストーリー』(2001年)[21]、『あいつはママのボーイフレンド』(2008年)[22]、『ウルフ・オブ・ウォールストリート[23]で使用されている。

また、ドイツで製作されたアウディ・A6のCM『Graduate Spoof』(2004年)でも使用された[24]。このCMは『卒業』のクライマックスシーンを模しており、ダスティン・ホフマンがアウディ・A6を運転して教会へ向かい、結婚式中の花嫁(ダスティン・ホフマンは花嫁の父という設定)を乗せてアウディで走り去るという演出になっている[25]

その他のカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サイモン&ガーファンクル『ブックエンド』2001年リマスターCD(SRCS 9857)英文ブックレットp.13
  2. ^ a b c Simon & Garfunkel - Awards : AllMusic
  3. ^ a b c ChartArchive - Simon And Garfunkel
  4. ^ dutchcharts.nl - Simon & Garfunkel - Mrs. Robinson
  5. ^ Simon & Garfunkel - Mrs. Robinson - hitparade.ch
  6. ^ norwegiancharts.com - Simon & Garfunkel - Mrs. Robinson
  7. ^ a b c 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 [総特集] サイモン&ガーファンクル』(河出書房新社、2003年、ISBN 4-309-97650-6)p.49
  8. ^ The Silent Superstar - New York Times - 2011年12月3日閲覧
  9. ^ 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 [総特集] サイモン&ガーファンクル』p.87
  10. ^ Wayne's World 2 (1993) - Soundtracks - IMDb.com
  11. ^ Forest Gump (1994) - Soundtracks - IMDb.com
  12. ^ American Pie (1999) - Soundtracks - IMDb.com
  13. ^ Rumor Has It… (2005) - Soundtracks - IMDb.com
  14. ^ a b Lemonheads* - Mrs. Robinson / Being Around (CD) at Discogs
  15. ^ a b charts.org.nz - The Lemonheads - Mrs. Robinson
  16. ^ australian-charts.com - The Lemonheads - Mrs. Robinson
  17. ^ a b LEMONHEADS | Artist | Official Charts
  18. ^ The Lemonheads | Awards | AllMusic
  19. ^ IMDb Wayne's World 2 Soundtracks]2014年9月2日閲覧。
  20. ^ IMDb The Other Sister]2014年9月2日閲覧。
  21. ^ IMDb American Pie 2]2014年9月2日閲覧。
  22. ^ IMDb My Mom's New Boyfriend]2014年9月2日閲覧。
  23. ^ IMDb The Wolf of Wall Street (2013)Soundtracks2014年9月2日閲覧。
  24. ^ 2月24日 (火)「誰も知らない泣ける歌」にて! | Warner Music Japan - 2011年12月3日閲覧
  25. ^ AdAge THE GERMAN AD DUSTIN HOFFMAN DOESN'T WANT AMERICA TO SEE2014年9月2日閲覧。
  26. ^ My Way - Frank Sinatra : AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
  27. ^ 心機一転、盛り上がったニューヨーク公演:タカミー王子の秘密:生き方! 私流:新おとな総研:YOMIURI ONLINE
  28. ^ Busted (3) - You Said No (CD) at Discogs