日高幌別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日高幌別駅
日高幌別駅の様子(2005年4月)
日高幌別駅の様子(2005年4月)
ひだかほろべつ - Hidaka-Horobetsu
東町 (4.5km)
(4.2km) 鵜苫
所在地 北海道浦河郡浦河町字西幌別
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 日高本線
キロ程 136.9km(苫小牧起点)
電報略号 ヒヘ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1937年昭和12年)8月10日
備考 無人駅
1978年の日高幌別駅と周囲約500m範囲。右が様似方面。島式ホーム1面2線と駅舎横の様似側に貨物積み卸し場と引込み線、駅裏様似側に見える長方形のヤードに駅構内側から伸びる側線(砂利線)を有していた。この写真の前年に無人駅となり、それに伴い駅舎側の下り線や引込み線は既に撤去されている。駅裏の側線は1983年の時点では残されていた様である[1]国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

日高幌別駅(ひだかほろべつえき)は、北海道日高振興局浦河郡浦河町字西幌別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線である。電報略号ヒハ

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の北側(様似方面に向かって左手側)に存在する。転轍機を持たない棒線駅となっている[2]。かつては島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な交換駅であった。使われなくなった1線は、交換設備運用廃止後1983年(昭和58年)4月までに撤去された[3]。またこの時点では本線の様似方から構内南側へ分岐する行き止まりの側線を1線有していた(但し1983年(昭和58年)4月時点では転轍機の先に車止めが設置されていた)[3]

無人駅となっている。駅舎は構内の北側に位置しホームとは通路で連絡している[2]有人駅時代の駅舎は改築され、レストランや西幌別簡易郵便局などが入居している複合施設である「レストビレッジ シンザン」という建物になっている[4]。レストランでは競馬グッズが販売されている[4]。駅舎内にトイレを有する[4]。1983年(昭和58年)4月以降、1993年(平成5年)3月までの間に正面入口が三角屋根に改築されているが、改築前に掲示されていた[3]蒸気機関車型の駅銘板が駅舎内のホーム出入口附近に置かれている[4]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名に旧国名の「日高」を冠する。地名は、アイヌ語の「ポロ・ペッ」(親である川)に由来する[5]。日高幌別川のことである[5]。また室蘭本線に同名の幌別駅が既に存在することから[5]、旧国名を冠した。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は219人[3]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は62人[2]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
日高本線
東町駅 - 日高幌別駅 - 鵜苫駅

脚注[編集]

  1. ^ 北海道690駅 小学館 昭和58年発行
  2. ^ a b c 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)105ページより。
  3. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)104ページより。
  4. ^ a b c d e f g h i 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)358ページより。
  5. ^ a b c 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、(2004年2月発行))102ページより。

関連項目[編集]