浦河駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浦河駅
浦河駅本屋(2005年4月)
浦河駅本屋(2005年4月)
うらかわ - Urakawa
絵笛 (5.2km)
(2.1km) 東町
所在地 北海道浦河郡浦河町昌平町駅通
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 日高本線
キロ程 130.3km(苫小牧起点)
電報略号 ウカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線(側線1線)
開業年月日 1935年昭和10年)10月24日
備考 社員配置駅
みどりの窓口 有
待合室(2005年4月)
1978年の浦河駅と周囲約500m範囲。右下が様似方面。下端中央に古くから漁港として有名な浦河港が見える。単式と島式の複合ホーム2面3線、駅舎横の様似側に切り欠き状の貨物ホームと引込み線、駅裏に貨物積み卸し線1本とそこから様似側の石炭荷卸し場へ引込み線、苫小牧側にも引込み線を有している。ホーム間には跨線橋も設置されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

浦河駅(うらかわえき)は、北海道日高振興局浦河郡浦河町昌平町駅通にある北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線である。電報略号ウカ

1986年(昭和61年)10月まで運行されていた急行えりも」の停車駅であった。

日高振興局の所在地で浦河町の代表駅でもある。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の北西側(様似方面に向かって左手側)に存在する[1]。そのほか本線の苫小牧方から分岐し構内外側への行き止りの側線(旧3番線の一部)を1線、及びその側線から分岐し苫小牧方に戻る形で車庫を有す行き止りの側線を1線有している[1]。かつては単式ホーム島式ホーム複合型2面3線を有する列車交換可能な交換駅であった[2]。互いのホームは駅舎側ホーム中央部分と島式ホーム中央部分を結んだ跨線橋で連絡した[2]。1983年(昭和58年)時点では、駅舎側(西側)が下りの1番線、島式ホーム駅舎側が上りの2番線、外側が側線扱いの副本線である3番線となっていた[2]。3番線の外側に側線を1線、そこから分岐した行き止りの側線を1線有し、そのほか1番線の様似方から分岐し駅舎南側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1線有していた[2]。交換設備運用廃止後は2、3番線をはじめ一部の側線を除き1993年(平成5年)3月までには撤去されたが、様似方のホーム先の線路は転轍機の名残で湾曲している[1]

社員配置駅となっており、駅舎は構内の北西側に位置しホーム中央部分に接している[2]。国鉄時代からの建物であるが、国鉄最後のダイヤ改正で縮小された。みどりの窓口を設置(窓口営業時間は8時15分から16時20分までだが、改札業務は行われていない)。自動券売機は設置されていないため、近距離きっぷもみどりの窓口での購入となる。

「サラブレッド観光と乗馬の街」と記載された「わたしの旅スタンプ」が設置されている[3]。また以前の文面は「サラブレッドの馬像がある街」であった[1][2]。かつては「DISCOVER JAPANスタンプ」が設置されていた[4]

跨線橋は駅の反対側の国道への自由通路となっている。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「ウラル・ペッ」(もやの深い川)に由来する[5]。今の元浦河のことだと言う[5]

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は321人[2]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は140人[1]

駅周辺[編集]

駅の海側は埋立地で、山側が旧国道(通称シベリア街道)。現国道との間に、防波堤が20mほど残っている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
日高本線
絵笛駅 - 浦河駅 - 東町駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)104ページより。
  2. ^ a b c d e f g 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)104ページより。
  3. ^ 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)390ページより。
  4. ^ 書籍『国鉄監修 スタンプノート 改訂6版』(弘済出版社1979年7月発行)8ページより。
  5. ^ a b 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、(2004年2月発行))102ページより。

関連項目[編集]