教授言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

教授言語: Medium of instruction 教授用語、教育言語、媒介言語、教育語、教授語、媒介語、教育媒介、教授媒介)は、主に学校教育における教授に使用される言語。必ずしもその地域の公用語共通語国語が教授用語であるとは限らない。一般に旧植民地である開発途上国では英語をはじめとした旧宗主国の言語で教育が行われる傾向にあるが、近年は非英語圏の先進国においても、英語による授業のみで学位取得が可能なプログラムを提供する大学が増加傾向にある。これはグローバル経済に対応できる人材を育成するため、英語圏の大学に対抗し留学生に訴求するため、などの理由から行われている。

各国の教授言語[編集]

アジア州[編集]

  • 日本では、教授言語として日本語が用いられている場合が多い。
  • シンガポールでは、各民族の言語が科目として置かれているほかは、全て英語で授業が行われている。
  • マカオでは公用語が中国語ポルトガル語でありほとんどの学校で中国語(広東語)を教授言語としているが、一部の学校では英語を教授言語としている。
  • ブータンでは小学校一年生から、国語であるゾンカ語をのぞく全ての授業が英語で行われている。
  • 中央アジア諸国では多くの学校でロシア語が教授言語となっている。

アフリカ州[編集]

ヨーロッパ州[編集]

北アメリカ州[編集]

南アメリカ州[編集]

オセアニア州[編集]

関連項目[編集]