寺原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寺原駅
駅舎(2008年4月29日)
駅舎(2008年4月29日)
てらはら - Terahara
西取手 (0.5km)
(1.3km) 新取手
所在地 茨城県取手市駒場
所属事業者 関東鉄道
所属路線 常総線
キロ程 2.1km(取手起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
942人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1913年大正2年)11月1日
備考 無人駅
ホーム(2008年4月)

寺原駅(てらはらえき)は、茨城県取手市駒場にある関東鉄道常総線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、以前は直営駅であったが、現在は無人化されている[1]。下館寄りに構内踏切がある。

2003年平成15年)末に駅施設の改築工事が終了し、同時に自動改札機2台が導入された。2005年(平成17年)にはホームの段差縮小工事が実施され、新たに車椅子対応のスロープが設置された。また、ホームの半分は嵩上げが行われている。

2番線(下り・下館方面)には側線の跡がある。

のりば[編集]

1 常総線 取手方面
2 常総線 守谷水海道下館方面

利用状況[編集]

乗車人員は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2009年 1,012 2,082
2010年 948 1,949
2011年 938 1,925
2012年 942 1,932

駅周辺[編集]

駅前広場は関東鉄道バス営業所構内と連続しているが、営業所内にバス停はない。

2番線(下り・下館方面)ホームからはゴルフ練習場「グリーンアリーナ取手」が見える。

路線バス[編集]

駅前に路線バスは乗り入れていないが、近隣を関東鉄道および取手市コミュニティバスの路線が通過しており、踏切の南にある「取手市役所入口」バス停、北にある「寺原」バス停および、コミュニティバスのみ駅の北側にある「寺原駅入口」バス停を経由している。

駅の手前には路線バス専用の第3種踏切(警報機あり、遮断機無し)がある[要出典]

寺原駅入口バス停[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  [4]北部ルート JAとりで総合医療センター・取手駅東口・藤代駅北口 取手市役所 取手市コミュニティバス(ことバス)
  [4]北部ルート   取手市役所 取手市コミュニティバス(ことバス)

取手市役所入口バス停[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    谷井戸・けやき通り中央 守谷駅東口 関東鉄道
谷井戸・伊奈中央・みらい平駅 谷田部車庫
谷井戸・伊奈中央・筑波ゴルフ場 谷田部車庫
[4]北部ルート (さくら荘)・藤代スポーツセンター前・藤代駅北口・取手駅東口 取手市役所 取手市コミュニティバス(ことバス)
JAとりで総合医療センター・取手駅東口・藤代駅北口 取手市役所
    白山八丁目 取手駅西口 関東鉄道
[4]北部ルート   取手市役所 取手市コミュニティバス(ことバス)
  • その他、取手市役所に取手コミュニティーバスの [1]中央循環東ルート、[2]中央循環西ルート が乗り入れる。

歴史[編集]

駅名由来は旧村名の寺原村(1955年取手町に編入)から。なお、寺原と言う地名は1889年(明治22年)4月1日に北相馬郡寺田村と桑原村の合併に伴い命名された合成地名である[要出典]

隣の駅[編集]

関東鉄道
常総線
普通・快速
西取手駅 - 寺原駅 - 新取手駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]