北水海道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北水海道駅
出入口(2008年7月15日)
出入口(2008年7月15日)
きたみつかいどう - Kita-Mitsukaidō
水海道 (1.8km)
(1.6km) 中妻
所在地 茨城県常総市相野谷町
所属事業者 関東鉄道
所属路線 常総線
キロ程 19.3km(取手起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
198人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1972年昭和47年)3月15日
備考 無人駅
ホーム(2008年7月15日)

北水海道駅(きたみつかいどうえき)は、茨城県常総市相野谷町にある関東鉄道常総線

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅で、無人駅である。PASMO簡易改札機設置。駅出入口は車椅子対応。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗車人員は198人である[1]。近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり。当駅周辺はより停車本数の多い1駅隣の水海道駅の駅勢圏にも含まれており、なおかつ水海道市街地にも程近いこともあって利用は少ない。

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2005 142
2006 158
2007 182
2008 185
2009 174
2010 166
2011 173
2012 198

駅周辺[編集]

駅周辺は東西ともに住宅街となっている。駅西側(駅舎側)は、1969年昭和44年)から1970年(昭和45年)にかけて「森下土地区画整理事業」により造成された住宅街となっており[2]、それに併せて区画整理地内に新設された経緯から、駅舎・広場共に西側に存在する。

商店は駅から少し離れたところに点在しており、ロードサイド型が多い。毎年8月に行われる「常総きぬ川花火大会」の会場(鬼怒川河川敷)は当駅が最寄りとなっており、普段は利用の少ない当駅も開催時間前後は観客で賑わう[3]。一方で停車本数の多い1駅隣の水海道駅の利用も多い。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

関東鉄道
常総線
快速
通過
普通
水海道駅 - 北水海道駅 - 中妻駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常総市統計書より
  2. ^ 広報みつかいどう No.172(昭和45年4月10日発行)
  3. ^ 2013/常総きぬ川花火大会

関連項目[編集]