みらい平駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みらい平駅
駅舎(2006年8月6日)
駅舎(2006年8月6日)
みらいだいら - Miraidaira
15 守谷 (6.6km)
(4.3km) みどりの 17
所在地 茨城県つくばみらい市陽光台一丁目5番地
駅番号 16
所属事業者 首都圏新都市鉄道
所属路線 TX つくばエクスプレス
キロ程 44.3km(秋葉原起点)
駅構造 地上駅(ホーム地下)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,679人/日(降車客含まず)
-2012年度-
開業年月日 2005年(平成17年)8月24日
駅周辺の住宅街

みらい平駅(みらいだいらえき)は、茨城県つくばみらい市陽光台一丁目にある、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスである。駅番号16

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する。掘割構造のため駅舎は地平にあり、つくばエクスプレスの駅では唯一駅舎が独立して建てられている。駅舎は鉄筋コンクリート造りであるが、屋根を支えるアーチ状の木材となっている。駅コンコースと、掘割にあるホームの間に吹き抜けが設けてある。

のりば[編集]

みらい平駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 TX つくばエクスプレス線 つくば方面
2 TX つくばエクスプレス線 守谷流山おおたかの森北千住秋葉原方面

利用状況[編集]

首都圏新都市鉄道が公表した1日平均乗車人数は次の通りである。

  • 2012年度(平成24年):3,679人(前年比+292人)
  • 2011年度(平成23年):3,387人(前年比+283人)
  • 2010年度(平成22年):3,149人(前年比+349人)
  • 2009年度(平成21年):2,800人(前年比+417人)
  • 2008年度(平成20年):2,383人(前年比+523人)
  • 2007年度(平成19年):1,860人(前年比+582人)
  • 2006年度(平成18年):1,278人(前年比+373人)
  • 2005年度(平成17年):905人

駅周辺[編集]

バス[編集]

つくば市谷田部地区、つくばみらい市伊奈地区・取手市方面への路線バスと、つくばみらい市のコミュニティバスみらい号」が駅前を経由する。また、つくばみらい市役所伊奈庁舎 - 谷和原庁舎間無料シャトルバスが駅前を経由し、みらい平駅 - きらくやまふれあいの丘の無料シャトルバスが発着する。

一般路線バス

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
常陽ゴルフ場・つくば工科高校 谷田部車庫 関鉄
図書館入口・すみれ野団地入口・取手市役所入口・白山八丁目 取手駅西口

コミュニティバス

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
東(右) 紫峰ヶ丘5丁目・きらくやまふれあいの丘・総合運動公園入口・板橋不動尊前 循環みらい平駅 関鉄
東(左) 紫峰ヶ丘5丁目・板橋不動尊前・・総合運動公園入口・きらくやまふれあいの丘
南(右) ワープステーション江戸・きらくやまふれあいの丘・伊奈庁舎守谷駅東口
南(左) 守谷駅東口・伊奈庁舎・きらくやまふれあいの丘・ワープステーション江戸
北西(右) 谷和原庁舎・守谷駅東口・小絹駅・城山運動公園入口
北西(左) 城山運動公園入口・小絹駅・守谷駅東口・谷和原庁舎
直行 (途中無停車) きらくやまふれあいの丘
直行 (途中無停車) 伊奈庁舎
直行 (途中無停車) 谷和原庁舎
備考
  • 循環は循環路線
  • 東ルート(右)は、つくばみらい市コミュニティバスみらい号の系統。東は東ルート、(右)は右回りを意味する。

歴史[編集]

計画当初の(仮称)伊奈谷和原駅は、守谷駅とみどりの駅の中間点である、現在地より守谷寄り2km程の地点に設置される構想であった。

  • 2004年平成16年)3月12日 - 監査運転のために、初めて電車が乗り入れ。
  • 2005年(平成17年)8月24日 - 筑波郡谷和原村大字東楢戸字小目作1722番地1(現在地)に開業。
  • 2006年(平成18年)3月27日 - 筑波郡谷和原村、伊奈町の合併により、つくばみらい市東楢戸字小目作1722番地1に住所を変更。同時に予定町名及び仮画地番号の使用を開始し、陽光台一丁目4街区1画地の表記も使用される。
  • 2013年(平成25年)6月29日 - 土地区画整理事業が終了したことにより、つくばみらい市陽光台一丁目5番地に住所を変更。

駅名の由来[編集]

計画時点での仮称は「伊奈谷和原駅」(いなやわらえき)であったが、公募などにより「みらい平」駅に決定した。「みらい平」は、元はつくばエクスプレス沿線地域全体の名称であった『みらい平・いちさと』から一部引用された名称である。

さらにこの駅名に関連し、旧・谷和原村と旧・伊奈町合併して発足した自治体の名称が「つくばみらい市」となった。ただし、この「つくばみらい市」の名称についてはさまざまな議論がなされている(決定までの経緯の詳細はつくばみらい市の記事を参照)。

隣の駅[編集]

首都圏新都市鉄道
TX つくばエクスプレス線
快速・通勤快速
通過
区間快速・普通
守谷駅 (15) - みらい平駅 (16) - みどりの駅 (17)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]