妻木煕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

妻木 煕子(つまき ひろこ、享禄3年(1530年)頃 - 天正4年11月7日1576年11月27日))[1]は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。明智光秀の2番目の妻。子に明智光慶津田信澄室、細川忠興室・珠(細川ガラシャ)がいる。 『絵本太功記』では照子の名で登場する。

生涯[編集]

西教寺の墓所

享禄3年(1530年)頃の生まれといわれる。『細川家譜』や『美濃国諸旧記』などによると、父は妻木範熙(『妻木系図』によると妻木広忠)。

天文14年(1545年)頃、明智光秀と婚約。ところがしばらくして疱瘡にかかり、体中にあばたが残った。父・範煕は、煕子と瓜二つの妹を、煕子のふりをさせて光秀のもとにやったが、光秀はそれを見破り、煕子を妻として迎えたという(後世の創作ともいわれる)。その後、光秀は長良川の戦いに敗れ本拠を失い浪人。困窮する生活の中、煕子は自分の黒髪を売って光秀を助けたという。光秀もまた煕子存命中は側室を置かずに大切にしたという。

天正4年11月7日(1576年11月27日)に死去。戒名は福月真祐大姉。滋賀県大津市の明智氏、妻木氏の菩提寺である西教寺に墓がある。光秀が重病となった際の看病疲れが元で病死したという。しかし、『明智軍記』などによると天正10年(1582年)の坂本城落城のときに死亡したという説もある。

なお、江戸時代俳諧師・松尾芭蕉は「月さびよ 明智が妻の 話せん」という煕子の事を詠んだの句を残している。

脚注[編集]

  1. ^ 『西教寺塔頭実成坊過去帳』

妻木煕子が登場する作品[編集]

テレビドラマ
舞台
  • ささら笹舟―明智光秀の光と影― (2000年宝塚歌劇団、宝塚バウホール、演:紺野まひる
  • 本能寺オテロ(2008年2月14日 - 12月17日、K.B.S.Project、築地本願寺ブディストホール、演:木嶋のりこ
歌舞伎
映画
TRPGリプレイ
小説
  • 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』 主婦の友社 1975 のち新潮文庫

関連項目[編集]