大阪産業大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪産業大学短期大学部
大阪産業大学および大阪産業大学短期大学部キャンパス
大阪産業大学および大阪産業大学短期大学部キャンパス
大学設置 1950年
創立 1928年
学校種別 私立
設置者 学校法人大阪産業大学
本部所在地 大阪府大東市中垣内3-1-1
学部 自動車工学科
  第一部
  第二部[1]
運輸科第二部[1]
機械科[1]
  第一部[1]
  第二部[1][2]
交通経営科[1]
研究科 なし
ウェブサイト 大阪産業大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

大阪産業大学短期大学部(おおさかさんぎょうだいがくたんきだいがくぶ、英語: Junior College,Osaka Sangyo University)は、大阪府大東市中垣内3-1-1に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は産短。本項では当初の大阪交通短期大学(おおさかこうつうたんきだいがく)を含めて説明する。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 大阪産業大学短期大学部は、大阪府大東市内にある日本私立短期大学学校法人大阪産業大学が運営母体となっている。元々は、学校法人大阪交通学園の運営する大阪交通短期大学として1950年に設置され、運輸・交通経営・機械・自動車工業の各科を設けていたが、四年制大学の設置に伴い自動車工業の1学科に規模縮小されている。ピーク時の 1992年頃には 1 学年定員 400 名となっており、かつては男子学生のイメージが強かったが近年は女子学生の姿も目立つようになっている。

教育および研究[編集]

  • 大阪産業大学短期大学部では、自動車整備士を養成する自動車工学科が設けられている。これは近畿地方では唯一、自動車工業系の学科をもちかつ、2008年現在、大阪府内では唯一新規学生を募集中の理工系短大ともなっている。

学風および特色[編集]

  • 大阪産業大学短期大学部は元々、大阪交通短期大学であったことから、当時芝浦短期大学(現在廃止)、東京交通短期大学とともに全国でも稀な交通系の学科をもつ短大となっていた。現在は、大学と同じキャンパス内にある関係上、それとの交流が深く、短大卒業後その大学に編入学する学生が多いものとなっている。

沿革[編集]

  • 1928年 大阪鉄道学校を設置。
  • 1950年 大阪交通短期大学として開学。運輸科Ⅱ部を設置。所在地は大阪市城東区古市中道3-18
  • 1962年 学科を増設する。
    • 自動車工業科
      • 第一部
      • 第二部
  • 1963年 学科を増設する。募集はそれぞれ翌年度まで。
    • 機械科
      • 第一部
      • 第二部[2]
    • 交通経営科
  • 1966年 大阪産業大学短期大学部として再設置。自動車工業科(第一部)のみ。
  • 2007年 自動車工業科より自動車工学科に改称。
  • 2013年 平成26年度以降の学生募集停止を発表[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 大阪府大東市中垣内3-1-1

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 大阪産業大学短期大学部のカレッジマークは大学と同じものとなっている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 自動車工学科
大阪交通短期大学において設置されていた学科[編集]
  • 自動車工業科
    • 第一部:現在、大阪産業大学短期大学部自動車工学科にあたる。
    • 第二部[4]
  • 運輸科第二部
  • 機械科
  • 交通経営科[6]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

年度別学生数[編集]

- 運輸科 自動車工業科 機械科 交通経営科 出典
1954年 男147 - - - [7]
1955年1957年 - - - [8]
1958年 男49 - - - [9]
1959年 男62 - - - [10]
1960年 男64 - - - [11]
1961年 男111 - - - [12]
1962年 男121 第一部:男140
第二部:男70
- - [13]
1963年 男64 第一部:男286
第二部:男125
男38 男53 [14]
1964年 男35 第一部:男313
第二部:男194
男79 男111 [15]
1965年 男10 第一部:男351
第二部:男113
男38 男59 [16]
1966年 - 第一部
産短[17]男266[18]
交短[19]男183[20]
第二部
  男59[20]
- - -
1967年 - 男518 - - [21]
1968年 - 男591
女1
- - [22]
1969年 - 男591
女1
- - [23]
1970年 - 男685
女1
- - [24]
1971年 - 男636 - - [25]
1972年 - 男589 - - [26]
1973年 - 男642
女1
- - [27]
1974年 - 男642
女1
- - [28]
1975年 - 男691
女3
- - [29]
1976年 - 男882
女4
- - [30]
1977年 - 男1029
女1
- - [31]
1978年 - 男987
女3
- - [32]
1979年 - 男881
女3
- - [33]
1980年 - 男843
女3
- - [34]
1981年 - 男797
女6
- - [35]
1982年 - 男788
女3
- - [36]
1983年 - 男813
女3
- - [37]
1984年 - 男800
女4
- - [38]
1985年 - 男791
女3
- - [39]
1986年 - 男820
女3
- - [40]
1987年 - 男826
女6
- - [41]
1988年 - 男797
女8
- - [42]
1989年 - 男793
女13
- - [43]
1990年 - 男799
女17
- - [44]
1991年 - 男823
女16
- - [45]
1992年 - 男856
女18
- - [46][47]
1993年 - 男821
女20
- - [48]
1994年 - 男865
女19
- - [49]
1995年 - 男858
女20
- - [50]
1996年 - 男844
女32
- - [51]
1997年 - 男823
女34
- - [52]
1998年 - 男824
女28
- - [53]
1999年 - 男792
女19
- - [54]

研究[編集]

  • 『大阪交通短期大学研究論叢』:1956年創刊分
  • 『紀要/大阪交通短期大学』:1963年度分

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 大阪産業大学短期大学部のクラブ活動は基本的に四大生と合同となっている。

学園祭[編集]

  • 大阪産業大学短期大学部の学園祭は、基本的に四大生と合同となっている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

大学関係者[編集]

  • 大槻信治:初代学長
  • 瀬島源三郎
  • 横山武人:大阪交通短期大学・大阪産業大学短期大学部との学長兼任していた。元大阪府立大学工業短期大学部のち大阪府立大学工学部の各教授として就任していた。
  • 谷口隆之助
  • 筆谷稔
  • 巽厳
  • 豊田鋼二
  • 會田俊夫
  • 桑原道義
  • 室田明
  • 天野光三:『図説鉄道工学』(丸善出版。2001年発行)を著している。

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 主に、2・3号館、AMC、各所にある実習棟を利用している。実習は工学部と同じ内容でも、工学部とは別の建物で行われることがある。

学生食堂[編集]

  • 主に「おくだ食堂」および「クリスタルテラス」を利用する学生が多い。

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 大阪産業大学への編入学者が多い

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 大阪交通短期大学のみ存在。
  2. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』282頁には入学定員50と表記されているが、『全国学校総覧』には第二部の学生数が記載されていない。
  3. ^ 大阪産業大学短期大学部 学生募集停止のお知らせ (PDF)”. 大阪産業大学 (2013年4月26日). 2013年4月26日閲覧。
  4. ^ こちらのみ修業年限が夜間部3年制となっていた。
  5. ^ 現在の工学部機械工学科の母体となっている。
  6. ^ 現在の経営学部経営学科の母体となっている。
  7. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1380頁(以下、『総覧』と略する。)
  8. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  9. ^ 昭和34年度版『総覧』24頁
  10. ^ 昭和35年度版『総覧』22頁
  11. ^ 昭和36年度版『総覧』26頁
  12. ^ 昭和37年度版『総覧』26頁
  13. ^ 昭和38年度版『総覧』29頁
  14. ^ 昭和39年度版『総覧』31頁
  15. ^ 昭和40年度版『総覧』31頁
  16. ^ 昭和41年度版『総覧』35頁
  17. ^ 便宜上、新設の大阪産業大学短期大学部の略
  18. ^ 昭和42年度版『総覧』38頁に学生数「男-、女266」とあるが、男子の在籍なく女子のみとは考え難い。おそらく、「男266、女-(なしか?)」の誤植だと思われる。
  19. ^ 便宜上、旧来の大阪交通短期大学の略
  20. ^ a b 昭和42年度版『総覧』37頁。
  21. ^ 昭和43年度版『総覧』39頁
  22. ^ 昭和44年度版『総覧』41頁
  23. ^ 昭和45年度版『総覧』42頁
  24. ^ 昭和46年度版『総覧』42頁
  25. ^ 昭和47年度版『総覧』42頁
  26. ^ 昭和48年度版『総覧』**頁
  27. ^ 昭和49年度版『総覧』45頁
  28. ^ 昭和50年度版『総覧』47頁
  29. ^ 昭和51年度版『総覧』50頁
  30. ^ 昭和52年度版『総覧』49頁
  31. ^ 昭和53年度版『総覧』49頁
  32. ^ 昭和54年度版『総覧』50頁
  33. ^ 昭和55年度版『総覧』50頁
  34. ^ 昭和56年度版『総覧』52頁
  35. ^ 昭和57年度版『総覧』52頁
  36. ^ 昭和58年度版『総覧』54頁
  37. ^ 昭和59年度版『総覧』56頁
  38. ^ 昭和60年度版『総覧』56頁
  39. ^ 昭和61年度版『総覧』64頁
  40. ^ 昭和62年度版『総覧』64頁
  41. ^ 昭和63年度版『総覧』66頁
  42. ^ 昭和64年度版『総覧』69頁
  43. ^ 1990年度版『総覧』71頁
  44. ^ 1991年度版『総覧』71頁
  45. ^ 1992年度版『総覧』74頁
  46. ^ 1993年度版『総覧』76頁
  47. ^ 短大蛍雪』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)364頁
  48. ^ 1994年度版『総覧』78頁
  49. ^ 1995年度版『総覧』80頁
  50. ^ 1996年度版『総覧』82頁
  51. ^ 1997年度版『総覧』83頁
  52. ^ 1998年度版『総覧』85頁
  53. ^ 1999年度版『総覧』74頁
  54. ^ 2000年度版『総覧』77頁
  55. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。