坪井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坪井駅
駅舎(2008年1月3日)
駅舎(2008年1月3日)
つぼい - Tsuboi
美作千代 (2.7km)
(5.6km) 美作追分
所在地 岡山県津山市中北上
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 姫新線
キロ程 98.3km(姫路起点)
電報略号 ツホ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
22人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1923年大正12年)8月21日
備考 無人駅
構内(2008年1月3日)

坪井駅(つぼいえき)は、岡山県津山市中北上にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)姫新線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち、行違い可能な地上駅で、両ホームは津山方の構内踏切で結ばれている。

津山駅管理の無人駅で、自動券売機の設置もない。以前は駅舎があったが現在は駅舎はなく、両ホームに小さな待合所が設置されており、新見方面行きホーム側に入口がある。保線車両用の引き込み線がある。

坪井駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 姫新線 下り 中国勝山新見方面
2 姫新線 上り 津山方面

※かつてはのりば番号が存在しなかったが、2008年10月現在、のりば番号のプレートが整備されている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 70
2000 68
2001 64
2002 58
2003 50
2004 53
2005 47
2006 42
2007 32
2008 33
2009 30
2010 33
2011 32
2012 29
2013 22

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)8月21日 - 作備線(当時)津山駅 - 美作追分駅間開業と同時に設置。
  • 1929年昭和4年)4月14日 - 作備西線開業に伴い、作備線が作備東線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1930年(昭和5年)12月11日 - 当駅を含む津山駅 - 新見駅間の全通に伴い、作備東線が作備線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1936年(昭和11年)10月10日 - 作備線が姫新線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 無人化。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

※快速列車(全列車停車)の停車駅は路線記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
姫新線
美作千代駅 - 坪井駅 - 美作追分駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]