美作追分駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美作追分駅
駅舎(2008年1月3日)
駅舎(2008年1月3日)
みまさかおいわけ - Mimasaka-Oiwake
坪井 (5.6km)
(7.0km) 美作落合
所在地 岡山県真庭市上河内
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 姫新線
キロ程 103.9km(姫路起点)
電報略号 オワ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
28人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1923年大正12年)8月21日
備考 無人駅
構内(2008年1月3日)

美作追分駅(みまさかおいわけえき)は、岡山県真庭市上河内にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)姫新線である。

概要[編集]

姫新線佐用以西では唯一、名目上全ての快速列車が通過する駅である。実際には夜間下りの佐用始発新見行き快速、早朝上りの新見始発津山行き快速が1本ずつ停車するが、前者は津山から新見まで普通列車、後者は中国勝山から津山まで普通列車という扱いのため、快速の停車としては扱われていない。

周辺地域は「キリタローの里」をうたっており、そのマスコットである「キリタロー」が当駅にも置かれている。

駅構造[編集]

新見方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。壁面にイラストの書かれた駅舎をもつ。かつては2面2線であった形跡があり、ホーム跡も残っている。現在は棒線駅のため、新見方面行きと津山方面行きの双方が同一ホームに発着する。

津山駅管理の無人駅であり、自動券売機等の設置もない。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 60
2000 52
2001 45
2002 36
2003 35
2004 28
2005 30
2006 31
2007 32
2008 25
2009 19
2010 21
2011 23
2012 34
2013 28

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)8月21日 - 作備線(当時)津山 - 美作追分間開業と同時に設置。当初は終着駅であった。
  • 1924年(大正13年)5月1日 - 作備線が久世まで延伸、途中駅となる。
  • 1929年昭和4年)4月14日 - 作備西線開業に伴い、作備線が作備東線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1930年(昭和5年)12月11日 - 津山 - 新見間全通に伴い、作備東線が作備線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1936年(昭和11年)10月10日 - 作備線が姫新線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
姫新線
坪井駅 - 美作追分駅 - 美作落合駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]