佐川印刷京都サッカークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐川印刷京都サッカークラブ
原語表記 佐川印刷京都サッカークラブ
呼称 佐川印刷京都
愛称 プリントダイナマイト
クラブカラー     
創設年 1986年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
ホームタウン 京都府向日市
ホームスタジアム 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都府立山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場
収容人数 西京極:20,588
太陽が丘:7,000
代表者 木下宗昭
監督 日本の旗 辛島啓珠
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

佐川印刷京都サッカークラブ(さがわいんさつきょうとサッカークラブ、Sagawa Printing Kyoto Soccer Club)は、日本京都府向日市にある社会人サッカークラブ。呼称は「佐川印刷京都」である。旧クラブ名称は「佐川印刷サッカークラブ」(呼称は佐川印刷SC)。

概要[編集]

1986年佐川印刷のサッカー部として創部。2000年関西サッカーリーグ2003年日本フットボールリーグ(JFL)へそれぞれ昇格した[1]。また、2014年より登録チーム名を「佐川印刷京都サッカークラブ」、呼称を「佐川印刷京都」へ変更した[2]

監督、スタッフ、選手全員が佐川印刷の社員である。練習は午前中に行い、午後からは社業に就いている。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブから期限付き移籍の選手も他の選手と同様に社内で仕事をしている。

歴史[編集]

1986年

佐川印刷サッカー部として創部し[3][1]、1998年の京都府1部リーグ昇格を機に本格的に強化を開始[3][1]

2000年

関西サッカーリーグへ昇格。全国社会人サッカー選手権大会に初出場して準優勝。

2002年

関西サッカーリーグで優勝。全国地域リーグ決勝大会で準優勝。JFL15位の静岡産業大学との入れ替え戦にPK戦で勝利。天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場し、1回戦でTDK(現:ブラウブリッツ秋田)を破り大会初勝利も挙げた。

2003年

日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格[1]。リーグ戦は入れ替え戦圏内の15位で終えたが、レギュレーション変更によりJFLに残留した(詳細は当項目を参照)。

2006年

ヴィッセル神戸などの元監督の松永英機が監督に就任したが、成績が振るわず8月31日付で退任、強化部長の田中克季が監督に就任(正式な監督としての活動は9月3日の京都FAカップ決勝/天皇杯京都府代表決定戦からであり、前日である9月2日の同カップ準決勝では当初の「強化部長」の肩書で指揮)。

2009年

水戸ホーリーホックから移籍した塩沢勝吾が17得点を挙げてチーム初のJFL得点王を獲得。

2010年

チームカラーが従来の紺基調から赤へ、ユニフォームも赤へ変更。成績は前年を上回る6位となった。シーズン後に塩沢が松本山雅FCへ移籍した。

2012年

カターレ富山より江添建次郎大分トリニータより池田達哉京都サンガF.C.より下畠翔吾などDFを中心に補強。第4節から第10節まで7試合連続無失点記録のJFLリーグ新記録を達成した[4]。リーグ戦は7位の成績となった。

2013年

第27節から最終の第34節までチーム新記録のリーグ戦8連勝で終え、過去最高タイの6位でシーズンを終えた。

2014年

FC岐阜元監督の辛島啓珠が監督に就任。また、京都サンガF.C.と業務提携を結び、その一環としてサンガでコーチを務めていた森岡隆三がヘッドコーチに就任した[5]

成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 天皇杯 監督
2000 関西 4位 18 26 7 5 6 36 34 +2 府予選敗退 日本の旗 田中克季
2001 2位 18 39 12 3 3 41 20 +21 府予選敗退
2002 優勝 9 25 8 1 0 30 7 +23 2回戦敗退
2003 JFL 15位 30 21 5 6 19 31 62 -31 府予選敗退 日本の旗 橋本雄二
2004 12位 30 34 10 4 16 30 45 -15 3回戦敗退 日本の旗 田中克季
2005 11位 30 34 9 7 14 34 43 -9 3回戦敗退
2006 15位 34 29 7 8 19 32 61 -29 府予選敗退 日本の旗 松永英機(-8/31)
日本の旗 田中克季(9/3-)
2007 12位 34 43 13 4 17 45 57 -12 2回戦敗退 日本の旗 橋本雄二
2008 11位 34 49 12 13 9 43 42 +1 3回戦敗退 日本の旗 中森大介
2009 9位 34 47 14 5 15 56 46 +10 2回戦敗退
2010 6位 34 53 15 8 11 54 46 +8 2回戦敗退
2011 12位 33 38 11 5 17 43 61 -18 2回戦敗退
2012 7位 32 45 12 9 11 43 43 0 府予選敗退
2013 6位 34 53 14 11 9 36 25 +11 2回戦敗退 日本の旗 伊藤健一
2014 府予選敗退 日本の旗 辛島啓珠

タイトル・表彰[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

その他[編集]

  • 日本フットボールリーグ

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd) 水色 水色 水色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 備考
佐川印刷 佐川印刷
背中 ジャパンニューペーパー JNP
エスピーメディアテック SMT
パンツ エスピータック ST

※胸以外の3社は全て佐川印刷のグループ会社

ユニフォームサプライヤー[編集]

スタジアム[編集]

練習場[編集]

  • エスピータック亀岡サッカーグラウンド(京都府亀岡市

選手[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d チーム情報”. 佐川印刷京都サッカークラブ. 2014年3月1日閲覧。
  2. ^ “チーム名の改称につきまして” (プレスリリース), 佐川印刷京都サッカークラブ, (2014年1月20日), http://www.spcom.co.jp/sports/football/info/2014/index20140120.html 2014年1月27日閲覧。 
  3. ^ a b 京都新聞. “出場チーム|第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2011年9月5日閲覧。
  4. ^ JFLの佐川印刷、堅守で快進撃”. 京都新聞 (2012年5月9日). 2012年5月18日閲覧。
  5. ^ “佐川印刷京都との業務提携について” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2014年1月22日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/24052/ 2014年1月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]