京成千葉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京成千葉駅
西口(そごう本館・100CITY TOWER側)
西口(そごう本館・100CITY TOWER側)
けいせいちば - Keisei-Chiba
KS58 新千葉 (0.6km)
(0.6km) 千葉中央 KS60
所在地 千葉市中央区新町250-3
駅番号 KS59
所属事業者 京成電鉄
所属路線 千葉線
キロ程 12.3km(京成津田沼起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
25,506人/日
-2012年-
開業年月日 1967年昭和42年)12月1日
乗換 千葉駅

京成千葉駅
配線図

新千葉駅

1 2


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

千葉中央駅

京成千葉駅(けいせいちばえき)は、千葉県千葉市中央区新町250番3号にある京成電鉄千葉線である。駅名標と旅客向け案内では「京成」を省略し、千葉とされている。駅番号はKS59

東日本旅客鉄道(JR東日本)と千葉都市モノレール千葉駅とは、同一地点別構内にある相互乗換駅で、千葉都市モノレールの駅とは一体的な造りとなっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。下り列車から見て右に大きくカーブを描いており、志津駅上り線と同様に、電車到着時には延々と警告音が鳴り、軌道敷内の照明が点灯する。ホームの有効長は8両編成分である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 千葉線 上り 稲毛津田沼上野成田空港新京成線方面
2 千葉線 下り 千葉中央ちはら台方面
  • 現地の案内では、列車の直通が物理的にできない「成田空港」や、直通列車の設定がない「東銀座」も行き先として表記されている。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は25,506人[2]で、京成線内69駅中第15位であった。千葉線内では最も乗降客の多い駅である。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
2003年 11,038 [3]
2004年 10,943 [3]
2005年 11,009 [3]
2006年 11,376 [3]
2007年 12,039 [3]
2008年 12,318 [4]
2009年 12,231 [4]
2010年 12,406 [4]
2011年 12,237 [4]

駅周辺[編集]

千葉駅#駅周辺も参照。

JR千葉駅千葉都市モノレール1号線2号線の千葉駅に連絡する。

駅自体はそごう千葉店と一体化している。千葉駅に連絡する改札口のほか、そごう4Fおよびセンシティタワー4F(千葉県中央旅券事務所がある)に連絡する改札口がある。

当駅が登場する作品・CM[編集]

隣の駅[編集]

京成電鉄
千葉線
新千葉駅 (KS58) - 京成千葉駅 (KS59) - 千葉中央駅 (KS60)

脚注[編集]

  1. ^ 日本鉄道旅行歴史地図帳 5号首都圏私鉄より引用
  2. ^ 京成電鉄 駅別乗降人員
  3. ^ a b c d e 千葉市統計書(平成20年度)
  4. ^ a b c d 千葉市統計書(平成24年度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]