ちはら台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちはら台駅
駅舎(2012年3月19日)
駅舎(2012年3月19日)
ちはらだい - Chiharadai
◄ KS64 おゆみ野 (2.1km)
所在地 千葉県市原市ちはら台西一丁目1
駅番号 KS65
所属事業者 京成電鉄
所属路線 KS 千原線
キロ程 10.9km(千葉中央起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
5,112人/日
-2012年-
開業年月日 1995年平成7年)4月1日

ちはら台駅
配線図

おゆみ野駅

1 2


ENDEa STR
ABZrg ABZrf
extSTR STRrg ABZrf STR
exSTR STR STR STR
exSTR STR STR+BSl STR+BSr
exSTR STR STR+BSl STR+BSr
exSTR STR STR STR
exENDEe ENDEe ENDEe ENDEe
駅舎(2012年3月19日)
ホーム。左手には将来の線路・ホーム増設を見越したスペースが確保されている(2011年5月21日)
ホームの向こう側に見える電車止め(2011年5月21日)

ちはら台駅(ちはらだいえき)は、千葉県市原市ちはら台西にある京成電鉄千原線駅番号KS65。京成で唯一市原市にある駅であるが、駅より北側に200メートルほど歩けば千葉市緑区になる。仮の駅名は「千原台」だった。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線が掘割内にある地上駅。駅の前後ではホーム延伸が可能な余地を残している。2012年時点では千原線の終着駅であるが、海士有木方面への延伸計画(但しこの計画は進展していない)に対応し、将来は2面3線に拡幅の上、当駅での追い越しを可能にする予定である。また、開業後に保線車両用の側線が1本敷設された。

駅前に車庫を設置する予定もあり、そのスペースも確保されている。

トイレは改札内コンコースにある。開業以来、改札内コンコースとホームを結ぶエスカレーターエレベーターは設置されていなかったが、2010年3月にエレベーターの使用を開始した。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 KS 千原線 千葉寺千葉中央船橋上野成田空港方面
  • 現地の案内では、物理的に直通できない「成田空港」も表記されている。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は5,112人[1]で、京成線内69駅中第48位であった。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
2007年 2,287 [2]
2008年 2,387 [3]
2009年 2,406 [4]
2010年 2,490 [5]

駅周辺[編集]

ニュータウンであるちはら台地区の西側に位置する。当駅の駅前広場から、遊歩道の「かずさの道」が誉田駅方面へ広がる。

路線バス[編集]

最寄り停留所は、駅前ロータリーにあるちはら台駅と、駅南側にあるちはら台駅入口となる。以下の路線が乗り入れ、小湊鐵道千葉中央バス平和交通により運行されている。

ちはら台駅[編集]

ちはら台駅入口[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

京成電鉄
KS 千原線
おゆみ野駅 (KS64) - ちはら台駅 (KS65)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]