京丹後大宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丹後大宮駅から転送)
移動: 案内検索
京丹後大宮駅*
駅舎(2007年5月撮影)
駅舎(2007年5月撮影)
きょうたんごおおみや - Kyotangooomiya
T17 与謝野 (7.0km)
(5.6km) 峰山 T19
所在地 京都府京丹後市大宮町口大野380-2
駅番号 T18
所属事業者 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
所属路線 宮津線(宮豊線)**
キロ程 42.7km(西舞鶴起点)
電報略号 オミ
クオ(口大野駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
142人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1925年大正14年)11月3日
備考 有人駅(簡易委託駅
* 駅名改称
1963年 口大野→丹後大宮
2015年 丹後大宮→京丹後大宮
** 1990年西日本旅客鉄道から移管。2015年に北近畿タンゴ鉄道から移管。

京丹後大宮駅(きょうたんごおおみやえき)は、京都府京丹後市大宮町口大野にある、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線。「宮豊線」の愛称区間に含まれている。

2014年に京丹後市の「駅の愛称選定委員会」で公募を経て決定した愛称は小町の里駅。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持ち、列車交換が可能な駅である。駅舎は、平安朝風の建物を模している。一時期交換設備が使用停止されて棒線駅(停留所)の運転扱いであったが、KTR転換時に復活している(両開き分岐を一線スルーに変更し、2番のりばを上下本線としているが、全定期列車の停車駅となっているためホームは方向別に使い分けている)。なお駅舎は1番のりば側にあり、互いのホームは宮津方の構内踏切で連絡している。

丹鉄線内に15駅ある有人駅の一つ。簡易委託駅であり、早朝・夜間を除いて営業。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 宮豊線 上り 天橋立宮津舞鶴方面
2 宮豊線 下り 網野久美浜豊岡方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で記載している。

駅周辺[編集]

このほか、2006年に「丹後の特産品アンテナショップ あるでぇ丹後」が開設されたが[1]、2008年9月に閉店した[2]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 129人(1999年度)
  • 126人(2000年度)
  • 140人(2001年度)
  • 162人(2002年度)
  • 153人(2003年度)
  • 132人(2004年度)
  • 129人(2005年度)
  • 115人(2006年度)
  • 151人(2007年度)
  • 131人(2008年度)
  • 146人(2009年度)
  • 149人(2010年度)
  • 128人(2011年度)
  • 152人(2012年度)
  • 142人(2013年度)

隣の駅[編集]

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
宮津線(宮豊線)
快速「丹後路」・普通
与謝野駅 (T17) - 京丹後大宮駅 (T18) - 峰山駅 (T19)

脚注[編集]

  1. ^ 丹後地域地場産業振興センター. “京丹後の逸品を一堂に会し 京丹後市の玄関口に「特産品ショップ あるでぇ丹後」を開設”. 京丹後市. 2014年1月19日閲覧。
  2. ^ 平成20年度財団法人丹後地域地場産業振興センター事業報告”. 丹後地域地場産業振興センター. 2014年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]