上野良治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上野 良治 Football pictogram.svg
名前
愛称 よっさん
カタカナ ウエノ ヨシハル
ラテン文字 UENO Yoshiharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1973年4月21日(40歳)
出身地 埼玉県さいたま市
身長 181cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
代表歴
2000[1] 日本の旗 日本 1 (0)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

上野 良治(うえの よしはる、1973年4月21日 - )は日本サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーボランチトップ下)。埼玉県浦和市(現さいたま市浦和区)出身。

略歴[編集]

浦和市立大原中学校3年時に全国中学校サッカー大会優勝。高校は強豪武南高等学校へ進学[2]。1年時から背番号10番を付けてレギュラーとなり1989年度の高校サッカー選手権準優勝。1990年度にベスト4、1991年度にベスト8進出に貢献した。武南高校時代は攻撃的MF(ゲームメーカー)としてプレー、1990年には日本ユース代表、1991年には高校3年生でバルセロナ五輪予選代表に選出された。

高校卒業後、1992年に早稲田大学に進学し、同年の大学選手権準優勝に貢献するが、その後は出場機会を失い、翌1994年早大ア式蹴球部を退部。大学を休学[3]して横浜マリノスへ入団、初年度は15試合1得点を記録した。また、アトランタ五輪代表候補にも選出され[4]同学年の小倉隆史前園真聖らと共に中心選手として期待されたが、同年の天皇杯で大怪我を負った影響で選考から外れ、1995年以降、マリノスでも出場機会を失っていった。

1997年に監督に就任したハビエル・アスカルゴルタによって攻撃的MFからボランチへコンバートされた。また1999年から2000年には主将も務め、同クラブの中心選手として、多くのタイトル獲得に貢献した。

2000年には日本代表に選出され、6月6日にモロッコで行われたハッサン2世杯ジャマイカ戦で代表デビューを飾ったが、これが最後の代表参加となった[1]。2002年にもジーコ監督の下で、一度だけ招集はされているが、出場機会はなかった。

2007年12月1日、チームより来季の契約を更新しない事が発表された。2008年の試合ではマリノスのマッチデープログラムの中で「引退した」と明記されているが、上野自身が引退を正式に表明してはいない。

人物[編集]

人柄としては、多くを語らない寡黙な人物で、松田直樹によれば、F・マリノスが残留争いに巻き込まれていた2001年、選手同士の本音をぶつけ合うべく選手間ミーティングを開催したが、上野が挙手する際にはミーティング室がどよめきに包まれたという(『闘争人』P130より)。同様に坂田大輔もインタビューで「試合でミスしたときに上野さんは必ずこっちを見る。何も喋らないが、無言の圧力が怖かった」という(週刊サッカーダイジェスト2009年1月20日号)。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 横浜M - J 15 1 0 0 3 0 18 1
1995 5 2 - 2 0 7 2
1996 16 0 6 0 1 0 23 0
1997 6 30 2 5 1 2 0 37 3
1998 32 3 4 0 1 0 37 3
1999 横浜FM J1 28 3 5 1 3 0 36 4
2000 23 1 6 1 3 0 32 2
2001 25 4 6 1 1 0 32 5
2002 30 2 6 0 2 0 38 2
2003 4 0 2 0 3 0 9 0
2004 22 3 6 0 0 0 28 3
2005 26 2 3 0 2 0 31 2
2006 25 0 8 1 0 0 33 1
2007 6 1 3 0 0 0 9 1
通算 日本 J1 287 24 60 5 23 0 370 29
総通算 287 24 60 5 23 0 370 29

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 横浜FM 6 3 0
2005 3 1
通算 AFC 6 1

その他の国際公式戦

経歴[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合 0得点(2000)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2000 1 0
通算 1 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c “上野 良治”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_a/yoshiharu_ueno.html 
  2. ^ 1年上に木寺浩一伊藤彰。1年後輩に、元俳優江原淳史と、室井市衛浅利悟。2年後輩に斉藤雅人らがいる。
  3. ^ 1999年に中退。
  4. ^ 高田昌明(市立船橋高-横浜フリューゲルスなどに在籍)と共に、前回のバルセロナ五輪代表経験者として招集された。

外部リンク[編集]