ローマン・マルチネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマン・マルチネス
Roman Martinez.jpg
2009年3月13日、公開計量にて
基本情報
本名 ローマン・マルチネス
通称 Rocky
階級 ライト級
身長 173cm
リーチ 170cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 1983年1月31日(31歳)
出身地 ベガ・バハ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 27
KO勝ち 16
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

ローマン・マルチネスRoman Martinez、男性、1983年1月31日 - )は、プエルトリコプロボクサー。元WBO世界スーパーフェザー級王者。

来歴[編集]

2001年12月22日、プロデビュー。

2006年11月17日、WBOラテンアメリカスーパーフェザー級王座を獲得。

2007年2月2日、WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座決定戦でフランシスコ・ロレンゾ(ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国)と対戦し、2-1(115-113、115-113、113-115)の僅差判定勝ちで王座を獲得した。

2007年8月25日、NABO北米スーパーフェザー級王座を獲得。

2009年3月14日、WBO世界スーパーフェザー級王者ニッキー・クックイングランドの旗 イングランド)に挑戦し、4回TKO勝ちで無敗(23戦22勝1分)のまま王座を獲得した。以後、2度防衛。

2010年9月14日、3度目の防衛戦でリッキー・バーンズと対戦し、初回にダウンを奪うも12回判定負けを喫してプロ初黒星を喫すると同時に、王座から陥落した。

2012年9月15日、ラスベガストーマス&マック・センターフリオ・セサール・チャベス・ジュニアセルヒオ・マルチネスの前座で、エイドリアン・ブローナーが王座を剥奪されて空位になったWBO世界スーパーフェザー級王者決定戦をミゲル・ベルトランと行い、12回判定勝ちで王座返り咲きを果たした[1]

2013年1月19日、ニューヨーク州マディソン・スクエア・ガーデン・シアターミゲル・アンヘル・ガルシアオルランド・サリドの前座で、ファン・カルロス・ブルゴスと対戦し、1-1(116-112、111-117,114-114)の判定で引き分けとなり初防衛に成功した[2]

2013年4月6日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナにてランキング1位ディエゴ・マグダレノ(23戦無敗)と指名試合を行い、3ラウンドにワンツーでダウンを奪い2-1(115-112、114-113、111-116)の判定勝ちで2度目の防衛に成功した[3]

2013年11月9日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターにて元WBO世界フェザー級王者でランキング1位ミゲル・アンヘル・ガルシアと2試合連続となる指名試合を行い2回にガルシアから初ダウンを奪ったが、8回に同じくマルチネスが右ボディショットがレバーに当たり初ダウンを奪い返されるとレフェリーがそのままカウントアウトで試合終了。自身初のKO負けとなる8回56秒KO負けを喫し3度目の防衛に失敗し王座から陥落した[4]

2014年4月12日、MGMグランドマニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリー第2戦目の前座でレイムンド・ベルトランNABO北米ライト級王座決定戦を行う予定であったが、試合一週間前に病気に罹り試合出場を断念することとなった[5]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロッキー・マルティネス僅差で王座奪回 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月18日
  2. ^ マルティネス×ブルゴスは不可解なドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  3. ^ マルティネスまたも王座死守 WBO・S・フェザー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月7日
  4. ^ ダウン挽回 マイキー、ロッキー沈める Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月10日
  5. ^ Roman Martinez (illness) out of fight”. ESPN.com (2014年4月5日). 2014年4月6日閲覧。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ニッキー・クック
第16代WBO世界スーパーフェザー級王者

2009年3月14日 - 2010年9月14日

次王者
リッキー・バーンズ
空位
前タイトル保持者
エイドリアン・ブローナー
第19代WBO世界スーパーフェザー級王者

2012年9月15日 - 2013年11月9日

次王者
ミゲル・アンヘル・ガルシア