ファン・カルロス・ブルゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・カルロス・ブルゴス
基本情報
本名 フアン・カルロス・ブルゴス
通称 Miniburgos
階級 スーパーフェザー級
身長 175cm
リーチ 180cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1987年12月26日(26歳)
出身地 バハ・カリフォルニア州ティフアナ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 30
KO勝ち 20
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

フアン・カルロス・ブルゴスJuan Carlos Burgos、男性、1987年12月26日 - )は、メキシコプロボクサー
WBCアメリカ大陸フェザー級暫定王者。元CABOFEフェザー級王者。元WBC世界スーパーフェザー級シルバー王者。元WBOラテンアメリカスーパーフェザー級王者。

IBF世界ライトフライ級王者のホセ・ビクトル・ブルゴスは、おじにあたる[1][2]

来歴[編集]

アマチュアボクサーであった父親の影響で9歳でボクシングを始めた[1][2]

2004年12月10日、メキシコでプロデビュー。

2006年10月16日、バハ・カリフォルニア州ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルで行われたWBCアメリカ大陸フェザー級暫定王座決定戦でロドルフォ・ガライ(メキシコ)と対戦し、3-0(99-91、99-91、98-92)の判定勝ちを収め、王座を獲得した。

2009年2月27日、アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオのダブルツリーホテルでフェルナンド・オマール・リサラガ(メキシコ)と対戦し、2回2分19秒TKO勝ちを収め、CABOFEフェザー級王座を獲得した。

2009年6月12日、アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオのダブルツリーホテルでヴァチェスラフ・グセフ(ロシア)と対戦し、3-0(97-93、98-92、98-92)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[3]

2010年1月15日、アメリカ合衆国テキサス州ラレドのラレド・シビック・センターでファン・カルロス・マルチネス(メキシコ)と対戦し、12回1分17秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[4]

2010年5月29日、グアダラハラのアレナ・テカテで行われたWBC世界フェザー級挑戦者決定戦でリカルド・カスティージョ(メキシコ)と対戦し、11回0分10秒、カスティージョの棄権によるTKO勝ちを収め、同級王座の指名挑戦権を獲得した。

2010年11月26日、日本ガイシホールで行われた、WBC世界フェザー級王者エリオ・ロハスドミニカ共和国)の休養王座認定に伴い正規王座が空位扱いになったことに伴うWBC世界フェザー級王座決定戦で元WBC世界バンタム級王者長谷川穂積日本)と対戦し、0-3(111-116、110-117、110-117)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗した[5]。プロ26戦目にして初黒星を喫した。

2011年11月12日、MGMグランドルイス・クルスプエルトリコ)の持つWBOラテンアメリカスーパーフェザー級王座と空位のWBC世界スーパーフェザー級シルバー王座を懸け対戦し、2-0(98-92、95-95、97-93)の判定勝ちを収め、WBOラテンアメリカスーパーフェザー級王座の獲得に成功、同時にWBC世界スーパーフェザー級シルバー王座の獲得にも成功した[6]

2012年2月24日、アメリカ合衆国デラウェア州ドーバーのドーバーダウンズホテル&カジノで元IBF世界フェザー級王者クリストバル・クルス(メキシコ)と対戦し、3-0(96-92、98-90、96-92)の判定勝ちでWBC世界スーパーフェザー級シルバー王座の初防衛に成功した。その後2度目の防衛戦を行わずに王座を返上した。

2012年7月20日、アメリカ合衆国ネバダ州ラフリンエッジウォーターホテル&カジノでセサール・バスケス(メキシコ)と対戦し、3回1分50秒TKO勝ちを収め、WBOラテンアメリカスーパーフェザー級王座の初防衛に成功した。

2013年1月19日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターミゲル・アンヘル・ガルシアオルランド・サリドの前座で、WBO世界スーパーフェザー級王者ローマン・マルチネスと対戦し、1-1(112-116、117-111,114-114)の判定で引き分けとなりまたも世界王座獲得に失敗した[7]

2014年1月25日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターにてWBO世界スーパーフェザー級王者ミゲル・アンヘル・ガルシアとWBO世界スーパーフェザー級1位の指名挑戦者として対戦し、0-3(110-118、110-118、109-119)の判定負けを喫しまたも王座獲得に失敗した[8]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 長谷川の対戦者ブルゴス来日 26日名古屋のダブル世界戦出場 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月16日
  2. ^ a b ブルゴス来日 長谷川潰す!「フェザー級の違い見せてやる」…WBC世界フェザー級戦 スポーツ報知 2010年11月16日
  3. ^ 粟生挑戦に気勢 3位ブルゴス勝つ ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月14日
  4. ^ 世界2位ブルゴスTKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年1月18日
  5. ^ 長谷川、フェザーも制す ブルゴスに判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月27日
  6. ^ ブルゴスが2冠奪取 無敗クルス下す ボクシングニュース「Box-on!」 2011年11月14日
  7. ^ マルティネス×ブルゴスは不可解なドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  8. ^ マイキー、ブルゴスに大差の勝利 V1成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月26日

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ターサク・ゴーキャットジム
第3代WBC世界スーパーフェザー級シルバー王者

2011年11月12日 - 2012年(返上)

空位
次タイトル獲得者
エドガル ・プエルタ