ロンドン・ビジネス・スクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン・ビジネス・スクール
LBS Quad.JPG
創立 1964年 (London Graduate School of Businessとして)
学校種別 公立
運営資金 £75.4m[1]
学長 Robin Buchanan
学部長 Sir Andrew Likierman
学生 2,000
所在地

イギリス
ロンドン

(座標: 北緯51度31分35秒 西経0度09分39秒 / 北緯51.52639度 西経0.16083度 / 51.52639; -0.16083)
キャンパス 都市型
スクールカラー
     
所属提携 ロンドン大学
ウェブサイト http://www.london.edu/
テンプレートを表示

ロンドン・ビジネス・スクール(London Business School)は英国ロンドンにあるビジネススクールである。

概要[編集]

世界で最高位のビジネススクールであり、根幹をなすMBAプログラムおよびMiFプログラムは、世界屈指にランクされる(下記MBAランキング参照)。フィナンシャル・タイムズの世界MBAランキングでは、2009年から2011年まで3年連続で世界最高のビジネススクールと評価され続けている[2]。また、2011年から公表が始まったフィナンシャル・タイムズの金融学修士(実務経験後)のランキング(Masters in Finance post-experience)でも、2年連続で世界最高の評価を得ている。[2] ロンドン・ビジネス・スクールではマネージメント及びファイナンス分野の大学院教育を行っており、基幹コースであるMBAに加え、ファイナンス専門家養成コースであるマスターズ・イン・ファイナンス(MiF)、企業経営実務経験者向スローン・フェローシップ、主に大学新卒者向けのマスターズ・イン・マネジメント、博士課程で学位が認定されるほか、学位が認定されないエグゼクティブ向教育も行っている。

ロンドン・ビジネス・スクールはロンドン中心部、リージェンツ・パークの西隣に位置する。フランクス・レポートが総合大学の一部でありつつも運営の自由度を持つビジネススクール2校の設立を推奨したことを受け、マンチェスター・ビジネス・スクールと同時期の1964年に設立された[3]。近隣のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンキングス・カレッジ・ロンドンと密接な協力関係にある。2006年12月、ドバイでMBAコースとエクゼクティブ教育を立ち上げている。

ロンドン・ビジネス・スクールの選考過程は厳しく、世界最高峰のビジネススクールのひとつに位置づけられる要因ともなっている。GMATGPAでの高得点、複数の推薦状が出願に求められる。

毎年世界80カ国から集まった800人の学生に学位が授与され、3,000人を超えるエグゼクティブ教育参加者を集めている。ロンドン・ビジネス・スクールの28,000人を超える卒業生が120カ国におり、うち65カ国で卒業生の組織が存在する[4]

ロンドン・ビジネス・スクールはEFMDEquisAACSBの認定を受け、MBAとスローン・フェローシップはAMBAからも認定されている[5]

MBAプログラム[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールの基幹をなす15から21カ月のフルタイム・コースである。 毎年約400人が入学し、計800人がMBAに在籍する。 ロンドン・ビジネス・スクールの特徴のひとつとして学生の多様性があり、2011年入学生(2013年卒業)は、66カ国から集まった403人で構成され、31%が女性である。イギリス国外からの留学生が約90%を占める。 約80人ずつ5クラスに分かれ必修科目を受講した後、約70種類の選択科目から最大15科目を選択する。 グループ・ワークが重視されており、国籍・職歴が重複しない6, 7人からなるスタディ・グループに分かれて必修科目の課題に取り組む。

ロンドン・ビジネス・スクール

必修科目には以下のコースが含まれる。

  • リーダーシップ
  • 戦略論
  • コーポレート・ファイナンス
  • アントレプレナーシップ
  • マーケティング
  • 統計学・リスク分析
  • 組織行動学
  • ミクロ経済学
  • マクロ経済学
  • 財務・管理会計
  • オペレーション
  • 企業倫理・企業の社会的責任

上記必修科目に加え、毎年更新される豊富な選択科目があり、各学生がそれぞれの目的にあった授業ポートフォリオを構成できる。

講義・ディスカッション形式の授業以外にも、英国内外企業へのコンサルティング・プロジェクト、及び外部専門機関を活用したリーダーシップ演習等に力を入れており、理論と実践のバランスが取れたプログラムを提供している。

MBAランキング[編集]

フルタイムMBAは、多くのビジネススクールランキングで世界トップ5にランクインされており、特にフィナンシャル・タイムズでは、2009年から3年連続で世界1位にランクしていた[2]。各国の新聞などではロンドン・ビジネス・スクールのMBAは次の通り評価されている。

交換留学プログラム[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールMBAプログラムは交換留学を盛んに行っているプログラムとしても有名である。MBA2年生のうち約35%が毎年交換留学を利用し、世界各国のビジネススクールで国際感覚をさらに高めている。主な留学先としては、ペンシルベニア大学ウォートン・スクール、マサチューセッツ工科大学スローン・スクール・オブ・マネージメント、コロンビア・ビジネス・スクール、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院、IESE、HKUST、CEIBS、シンガポール国立大学(NUS)が挙げられる。 また、ロンドン・ビジネス・スクール自体も交換留学先として他校から高い評価を得ており、多くの交換留学生を毎年受け入れている。

エグゼクティブMBAプログラム[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールは4つのパートタイム・エクゼクティブMBA(EMBA)プログラムを展開しており、各プログラムの期間は16カ月から20カ月である。EMBAにはMBAとほぼ同一の必修授業、広範囲の選択科目、国際研修が含まれる。EMBA修了時には総まとめとしての論文提出が課せられている。

  • エクゼクティブMBA: 約300人の学生がロンドンを拠点としたEMBAに在籍している。1年目は隔週の金曜と土曜に授業が行われる。リーダーシップ教育、キャリア設計、国際研修旅行などでは1週間を通した授業が行われる。2年目はロンドンでの選択科目のほか、交換留学生としてイギリス国外のビジネススクールでの授業を受けることもできる。修了時には論文提出が課せられる。
  • EMBAグローバル・アメリカ&ヨーロッパ:約140人が他学校と共同開催のEMBAグローバルに在籍している。このコースではコロンビア・ビジネス・スクールと提携し、国際的視点からの経験が得られる。卒業生は両ビジネススクールからの学位認定を受けることができる。1年目は隔月でロンドンとニューヨークで授業が行われ、2年目は両方の学校の選択科目を選択することができる。
  • EMBAグローバル・アジア:香港大学、コロンビア・ビジネス・スクールと共同で2008年にこのプログラムが立ち上げられた。授業はこの3つのビジネススクールで行われる。国際的なビジネス経験を持つ人、またはそれを目指す人のために設置されたコースである。[12]
  • ドバイ-ロンドンEMBA:17ヶ月間にわたり2つのキャンパスで行われるプログラムである。2007年9月に立ち上げられ、EMBAグローバルに近い構成となっている。このプログラムの必修科目はドバイセンターで行われ[13]、その後の選択科目はロンドン・ビジネス・スクールで行われる。修了時には論文提出が課せられる。

マスターズ・イン・ファイナンス(MiF)[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールのマスターズ・イン・ファイナンス(MiF)プログラムは、金融実務経験者を対象とした、金融関係の理論・実務及び意思決定に特化した修士プログラムである[14]。履修期間10か月(希望に応じて16か月に延長可能)のフルタイム・プログラムに約130人、履修期間22か月のパートタイム・プログラムに約150人の学生が所属しており、商業銀行、投資銀行、アセットマネジメント、投資ファンド、及び事業会社の財務部門等へ優秀な人材を輩出している。

ロンドン・ビジネス・スクールは、ファイナンス分野で世界的に極めて高い評価を得ており、MiFプログラムは、フィナンシャル・タイムズの金融学修士(実務経験後)のランキング(Masters in Finance post-experience)において、2011年から2年連続で世界ランク1位となっている。[2]

必修科目には以下のコースが含まれる。

  • インベストメント
  • アカウンティング
  • コーポレート・ファイナンス及び企業価値評価

上記の必修科目のほか、30以上の選択科目の中から関心に応じて7から10科目を受講し、実務に即応用可能な高度な専門知識を獲得する。

スローン・フェローシップ[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールのスローン・フェローシップは、会社経営において意思決定経験を持つエグゼクティブ、起業家、及び経営者を対象としている[15]

このプログラムは11か月のフルタイムで、リーダーシップ教育に重点を置いている。スローン・フェローシップは学生相互の参画によって成り立っており、マサチューセッツ工科大学スローン・スクール・オブ・マネージメント、スタンフォード・ビジネス・スクールに同様のプログラムがある。

マスターズ・イン・マネジメント[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールは、大学新卒者、及び1年以下の実務経験者向けに履修期間11ヶ月のマスターズ・イン・マネジメント(MiM)プログラムを提供している。このプログラムはあらゆる実務知識の基礎を作るとともに企業の採用担当者が求めるスキルを身につける事を目的としている。

このプログラムの構成はMBAの1年目に良く似ており、授業、ワークショップ、ゲストスピーカー、ケーススタディ、グループおよび個人の課題からなる必修授業で構成されている[16]

エクゼクティブ教育[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールのエクゼクティブ教育は、マネジメント概論、戦略、リーダーシップ、マーケティング、人材管理、ファイナンスの分野から31種類のコースが設置されている。企業のエグゼクティブを主な対象としている。

その他、ロンドン・ビジネス・スクールのマネージメント・ディベロップメント・センター(CMD)は世界中の受講者を対象に要望、事業戦略などに応じたコースを都度設定している[17]

PhDプログラム[編集]

ロンドン・ビジネス・スクールには履修期間5年の博士課程が設けられている。約60人が会計学、経済学、金融、マネージメント・サイエンス&オペレーション、マーケティング、組織行動学、戦略の各分野に在籍している[18]

著名な教員[編集]

  • Elroy Dimson(ファイナンス)はPaul Marsh名誉教授とともにFTSE100の創設に尽力した。 Equity returnsの権威で主要な慈善基金の投資計画に活躍中である。
  • Rob Goffee(組織行動学)は「The Character of the Corporation」を執筆した。著名な近著は「Why Should Anyone Be Led by You?」である。
  • Gary Hamel(客員教授)はC.K. Prahaladとともに組織のコア・コンピテンスの概念を考案、同理論の理論的発展と人的物的資源に立脚した視点の発展に寄与している。
  • Lynda Gratton(組織行動学)は女性のビジネス参画に関する理論を牽引、HR誌のもっとも影響力のある思考家100人の第2位にランクされている。
  • Richard Portes(経済学)は国債契約の共同行動条項、ユーロの国際的役割、国際金融市場の安定、欧州債券市場の権威である。英国アカデミー、国際計量経済学会のメンバーでもある。経済学への貢献により、2003年に大英帝国勲章を授与している。
  • Hélène Rey(経済学)は貿易不均衡、為替レート、国際資本フローの専門家で、米国ドルレートの予想の革新的モデルを考案した。欧州の若手経済学者を対象としたBernacer Prizeを2006年に受賞している。
  • Michael Jacobides'(ストラテジー)の住宅ローン銀行に関する研究はアメリカ上院の住宅ローン業界再編計画の参考とされている。
  • Nirmalya Kumar(マーケティング)は2007年に2冊の本を出版し、うちの1冊「Private Label Strategy」はベストセラーとなった。マーケティング分野でもっとも著名な研究者の1人で、475件の論文から彼の著述が引用されている[19]
  • Narayan Naik(金融)はBNP Paribas Hedge Fund Centreのダイレクターで、Man Investments Best Paper Award on Hedge Fundsを受賞している。

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Financial Statements (pdf)”. London Business School. 2009年6月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e FT Global MBA Rankings”. Financial Times. 2009年1月25日閲覧。
  3. ^ AIM25: London Business School: Administrative Records”. London Business School. 2007年6月16日閲覧。
  4. ^ Alumni, London Business School”. London Business School. 2008年1月11日閲覧。
  5. ^ Triple accredited business schools (AACSB, AMBA, EQUIS)
  6. ^ Ránking Global de las Mejores Escuelas de Negocios published by CNN Expansión on October 31, 2011.”. 2012年6月5日閲覧。
  7. ^ The World's Best Business Schools published by Business Insider on July 2, 2012.”. 2012年12月23日閲覧。
  8. ^ Ranking Los Mejores MBA Globales 2012 published by CNN Expansión on January 31, 2012.”. 2012年6月5日閲覧。
  9. ^ Which MBA?; 2011 Full Time MBA Ranking”. 2012年11月20日閲覧。
  10. ^ Full-Time MBA Programs(international)”. 2012年11月20日閲覧。
  11. ^ Top Non-U.S. Two-Year Business Schools”. Forbes. 2012年6月5日閲覧。
  12. ^ What is the difference between EMBA-Global Asia and other Executive MBA programmes?”. London Business School. 2009年6月24日閲覧。
  13. ^ London Business School Launches Dubai Centre at the DIFC”. Dubai International Finance Centre. 2009年6月24日閲覧。
  14. ^ Masters in Finance”. London Business School. 2009年6月23日閲覧。
  15. ^ Sloan Masters in Leadership and Strategy”. London Business School. 2009年6月23日閲覧。
  16. ^ Masters in Management Programme Detail”. London Business School. 2009年6月23日閲覧。
  17. ^ Custom Programmes at London Business School”. London Business School. 2001年1月28日閲覧。
  18. ^ PhD: London Business School, Programmes”. London Business School. 2007年6月16日閲覧。
  19. ^ Google scholar”. Google. 2009年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]

  • London Business School – ロンドン・ビジネス・スクールのウェブサイト
  • LBS Japan – ロンドン・ビジネス・スクール 日本人用 非公式のウェブサイト