ロンドンオリンピック (2012年) におけるサッカー競技・男子・グループD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チーム







1  日本 7 3 2 1 0 2 0 +2
2  ホンジュラス 5 3 1 2 0 3 2 +1
3  モロッコ 2 3 0 2 1 2 3 -1
4  スペイン 1 3 0 1 2 0 2 -2

ホンジュラス対モロッコ[編集]

2012年7月26日
12:00 (UTC+1)
ホンジュラス  2 - 2  モロッコ ハムデン・パークグラスゴー
観客数: 23,421人
主審: チェコの旗 パヴェル・クラーロヴェツ
ベントソン 56分にゴール 56分65分 (PK) レポート バラダ 39分にゴール 39分
ラビアド 67分にゴール 67分
ホンジュラス
モロッコ
GK 1 ホセ・メンドサ
DF 3 マイノル・フィゲロア
DF 5 ホセ・ベラスケス 32分に警告 32分
DF 16 ジョニー・レベロン (c)
MF 6 アルノルド・ペラルタ 90+3分に警告 90+3分
MF 7 マリオ・マルティネス 88分に交代退場 88分
MF 8 アルフレド・メヒア
MF 10 アレクサンデル・ロペス 57分に交代退場 57分
MF 14 アンディ・ナハル
MF 15 ロヘル・エスピノサ 87分に警告 87分
FW 11 ヘリ・ベントソン 79分に交代退場 79分
交代:
FW 13 エディー・エルナンデス 57分に交代出場 57分
FW 9 アントニー・ロサノ 79分に交代出場 79分
DF 8 オルリン・ペラルタ 88分に交代出場 88分
監督:
コロンビアの旗 ルイス・スアレス
GK 1 モハメド・アムシフ
DF 3 モハメド・アバルフン
DF 4 アブデルハミド・エル・カウタリ
DF 5 ザカリア・ベルグディシュ 72分に退場72分
DF 16 ヤシン・ジェブル
MF 8 ドリス・フェトヒ (c)
MF 10 アベラジズ・バラダ 89分に交代退場 89分
MF 14 フシン・カルジャ 54分に警告 54分
FW 7 ザカリア・ラビアド
FW 9 ノルディン・アムラバト 90分に交代退場 90分
FW 11 スフィアネ・ビダウイ 51分に警告 51分 75分に交代退場 75分
交代:
DF 2 アブデラティフ・ヌシル 75分に交代出場 75分
MF 6 イマド・ナジャハ 89分に交代出場 89分
MF 12 オマル・エル・カドゥーリ 90分に交代出場 90分
監督:
オランダの旗 ピム・ファーベーク

副審:
マルティン・ウィルチェク(チェコ
アントニン・コルドゥラ(チェコ
第4の審判員:
スヴェイン・オッドヴァル・モエン(ノルウェー

スペイン対日本[編集]

2012年7月26日
14:45 (UTC+1)
スペイン  0 - 1  日本 ハムデン・パークグラスゴー
観客数: 37,726人
主審: アメリカ合衆国の旗 マーク・ガイガー
レポート 大津祐樹 34分にゴール 34分
スペイン
日本
GK 1 ダビド・デ・ヘア
DF 3 アルバロ・ドミンゲス 89分に警告 89分
DF 6 ジョルディ・アルバ 40分に警告 40分
DF 12 マルティン・モントヤ
MF 4 ハビ・マルティネス (c)
MF 5 イニゴ・マルティネス 41分に退場41分
MF 11 コケ 81分に交代退場 81分
MF 15 イスコ 63分に交代退場 63分
FW 7 アドリアン・ロペス 56分に交代退場 56分
FW 9 ロドリゴ
FW 10 フアン・マタ
交代:
MF 17 アンデル・エレーラ 56分に交代出場 56分
MF 14 オリオール・ロメウ 63分に交代出場 63分
FW 16 クリスティアン・テージョ 81分に交代出場 81分
監督:
ルイス・ミジャ
GK 1 権田修一
DF 2 徳永悠平
DF 4 酒井宏樹 74分に交代退場 74分
DF 5 吉田麻也 (c)
DF 13 鈴木大輔
MF 3 扇原貴宏 86分に交代退場 86分
MF 10 東慶悟
MF 16 山口蛍
MF 17 清武弘嗣
FW 7 大津祐樹 46分に交代退場 46分
FW 11 永井謙佑
交代:
FW 15 齋藤学 61分に警告 61分 46分に交代出場 46分
DF 12 酒井高徳 74分に交代出場 74分
DF 8 山村和也 86分に交代出場 86分
監督:
関塚隆

副審:
マーク・ハード(アメリカ合衆国
ジョー・フレッチャー(カナダ
第4の審判員:
ロベルト・ガルシア(メキシコ

日本対モロッコ[編集]

2012年7月29日
17:00 (UTC+1)
日本  1 - 0  モロッコ セント・ジェームズ・パークニューカッスル
観客数: 24,936人
主審: ノルウェーの旗 スヴェイン・オッドヴァル・モエン
永井謙佑 84分にゴール 84分 レポート
日本
モロッコ
GK 1 権田修一
DF 2 徳永悠平
DF 5 吉田麻也 (c)
DF 12 酒井高徳
DF 13 鈴木大輔
MF 3 扇原貴宏
MF 10 東慶悟
MF 16 山口蛍
MF 17 清武弘嗣 90分に交代退場 90分
FW 7 大津祐樹 78分に交代退場 78分
FW 11 永井謙佑
交代:
FW 15 齋藤学 78分に交代出場 78分
FW 9 杉本健勇 90分に交代出場 90分
監督:
関塚隆
GK 1 モハメド・アムシフ
DF 2 アブデラティフ・ヌシル 90+1分に警告 90+1分
DF 4 アブデルハミド・エル・カウタリ
DF 5 ザカリア・ベルグディシュ
DF 16 ヤシン・ジェブル
MF 8 ドリス・フェトヒ (c) 29分に警告 29分 88分に交代退場 88分
MF 10 アベラジズ・バラダ
MF 14 フシン・カルジャ
FW 7 ザカリア・ラビアド
FW 9 ノルディン・アムラバト 72分に交代退場 72分
FW 11 スフィアネ・ビダウイ 74分に交代退場 74分
交代:
MF 6 イマド・ナジャハ 72分に交代出場 72分
MF 12 オマル・エル・カドゥーリ 74分に交代出場 74分
FW 17 スフィアン・エル・ハスナウィ 88分に交代出場 88分
監督:
オランダの旗 ピム・ファーベーク

副審:
キム・ハグルン(ノルウェー
フランク・アンダス(ノルウェー
第4の審判員:
ジャンルカ・ロッキイタリア

スペイン対 ホンジュラス[編集]

2012年7月29日
19:45 (UTC+1)
スペイン  0 - 1  ホンジュラス セント・ジェームズ・パークニューカッスル
観客数: 26,523人
主審: ベネズエラの旗 フアン・ソト
レポート ベントソン 7分にゴール 7分
スペイン
ホンジュラス
GK 1 ダビド・デ・ヘア
DF 3 アルバロ・ドミンゲス
DF 6 ジョルディ・アルバ
DF 12 マルティン・モントヤ 39分に警告 39分
DF 13 アルベルト・ボティア 90分に警告 90分
MF 4 ハビ・マルティネス (c) 31分に警告 31分 83分に交代退場 83分
MF 8 イケル・ムニアイン 78分に警告 78分
MF 11 コケ 46分に交代退場 46分
MF 15 イスコ 66分に交代退場 66分
FW 7 アドリアン・ロペス
FW 10 フアン・マタ 89分に警告 89分
交代:
MF 17 アンデル・エレーラ 46分に交代出場 46分
MF 9 ロドリゴ 66分に交代出場 66分
FW 16 クリスティアン・テージョ 46分に警告 46分 83分に交代出場 83分
監督:
ルイス・ミジャ
GK 1 ホセ・メンドサ 45+2分に警告 45+2分
DF 2 ウィルメル・クリサント
DF 3 マイノル・フィゲロア
DF 5 ホセ・ベラスケス
DF 16 ジョニー・レベロン (c) 78分に警告 78分
MF 6 アルノルド・ペラルタ 24分に警告 24分
MF 7 マリオ・マルティネス
MF 10 アレクサンデル・ロペス
MF 14 アンディ・ナハル 57分に交代退場 57分
MF 15 ロヘル・エスピノサ 5分に警告 5分 72分に交代退場 72分
MF 17 ルイス・ガリード 59分に警告 59分
FW 11 ヘリ・ベントソン 81分に交代退場 81分
交代:
MF 8 アルフレド・メヒア 89分に警告 89分 57分に交代出場 57分
MF 12 オルリン・ペラルタ 72分に交代出場 72分
MF 9 アントニー・ロサノ 81分に交代出場 81分
監督:
コロンビアの旗 ルイス・スアレス

副審:
ホルヘ・ウレーゴ(ベネズエラ
カルロス・ロペス(ベネズエラ
第4の審判員:
ウィルマール・ロルダンコロンビア

註:

スペインの控え選手ディエゴ・マリノ46分に警告 46分に警告を受けた。

日本対ホンジュラス[編集]

2012年8月1日
17:00 (UTC+1)
日本  0 - 0  ホンジュラス シティ・オブ・コヴェントリー・スタジアムコヴェントリー
観客数: 25,862人
主審: チュニジアの旗 スリム・ジェジジ
レポート
日本
ホンジュラス
GK 1 権田修一
DF 5 吉田麻也 (c)
DF 8 山村和也
DF 12 酒井高徳
DF 13 鈴木大輔
MF 6 村松大輔
MF 14 宇佐美貴史
MF 16 山口蛍
FW 7 大津祐樹 87分に交代退場 87分
FW 9 杉本健勇 67分に交代退場 67分
FW 15 齋藤学 81分に交代退場 81分
交代:
MF 17 清武弘嗣 67分に交代出場 67分
FW 11 永井謙佑 81分に交代出場 81分
MF 10 東慶悟 87分に交代出場 87分
監督:
関塚隆
GK 1 ホセ・メンドサ
DF 2 ウィルメル・クリサント 80分に警告 80分
DF 3 マイノル・フィゲロア
DF 5 ホセ・ベラスケス
DF 16 ジョニー・レベロン (c)
MF 7 マリオ・マルティネス
MF 8 アルフレド・メヒア
MF 14 アンディ・ナハル 51分に警告 51分 60分に交代退場 60分
MF 17 ルイス・ガリード
FW 9 アントニー・ロサノ 77分に交代退場 77分
FW 11 ヘリ・ベントソン
交代:
MF 10 アレクサンデル・ロペス 60分に交代出場 60分
MF 12 オルリン・ペラルタ 77分に交代出場 77分
監督:
コロンビアの旗 ルイス・スアレス

副審:
ベシル・ハッサニ(チュニジア
シェリフ・ハッサン(エジプト
第4の審判員:
フェリックス・ブリヒドイツ

スペイン対モロッコ[編集]

2012年8月1日
17:00 (UTC+1)
スペイン  0 - 0  モロッコ オールド・トラッフォードマンチェスター
観客数: 35,973人
主審: オーストラリアの旗 ベンジャミン・ウィリアムス
レポート
スペイン
モロッコ
GK 1 ダビド・デ・ヘア
DF 2 セサル・アスピリクエタ
DF 6 ジョルディ・アルバ
DF 13 アルベルト・ボティア
MF 4 ハビ・マルティネス (c) 46分に交代退場 46分
MF 5 イニゴ・マルティネス 35分に警告 35分
MF 8 イケル・ムニアイン 66分に交代退場 66分
MF 14 オリオール・ロメウ
MF 15 イスコ 56分に交代退場 56分
FW 7 アドリアン・ロペス
FW 10 フアン・マタ 44分に警告 44分
交代:
MF 17 アンデル・エレーラ 46分に交代出場 46分
FW 16 クリスティアン・テージョ 56分に交代出場 56分
MF 11 コケ 66分に交代出場 66分
監督:
ルイス・ミジャ
GK 1 モハメド・アムシフ
DF 2 アブデラティフ・ヌシル
DF 3 モハメド・アバルフン
DF 13 ズハイル・フェダル 39分に警告 39分
DF 16 ヤシン・ジェブル
MF 8 ドリス・フェトヒ (c)
MF 10 アベラジズ・バラダ
MF 14 フシン・カルジャ
FW 7 ザカリア・ラビアド
FW 9 ノルディン・アムラバト
FW 11 スフィアネ・ビダウイ 70分に交代退場 70分
交代:
FW 17 スフィアン・エル・ハスナウィ 70分に交代出場 70分
監督:
オランダの旗 ピム・ファーベーク

副審:
マシュー・クリームオーストラリア
ハカン・アナズオーストラリア
第4の審判員:
ウィルマール・ロルダンコロンビア

日本における報道等[編集]

マスメディアの反応[編集]

日刊スポーツ[1]サンケイスポーツ[2]スポーツ報知[3]スポーツニッポン[4]毎日新聞[5]産経新聞[6]が初戦のスペイン戦における日本の勝利を『グラスゴーの奇跡』と形容し報じた。

一方、読売新聞[7]日本経済新聞[8]朝日新聞[9]は、それぞれ『奇跡じゃない』と日本の勝利を称えた。

関係者の反応[編集]

この試合に出場した選手は『奇跡ではない。勝つべくして勝った』(徳永悠平[7]、『奇跡とは思ってない。実力』(大津祐樹[10]、『グラスゴーの奇跡とは言わせない』(吉田麻也[11]と述べた。

また、アトランタオリンピックで日本代表として『マイアミの奇跡』を経験した服部年宏は「今回は奇跡なんかじゃなく、勝つべくして勝った試合だ」と述べている[12]

脚注[編集]

  1. ^ “日本大番狂わせ!スペイン撃破/サッカー”. 日刊スポーツ. (2012年7月27日). http://london2012.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20120727-989934.html 2012年7月28日閲覧。 
  2. ^ ““グラスゴーの奇跡”を演出した関塚監督”. サンスポ. (2012年7月27日). http://www.sanspo.com/london2012/news/20120727/soc12072710410032-n1.html 2012年7月28日閲覧。 
  3. ^ “関塚日本、グラスゴーの奇跡!初戦スペイン撃破!…サッカー男子”. スポーツ報知. (2012年7月27日). http://hochi.yomiuri.co.jp/london2012/soccer/news/20120726-OHT1T00300.htm 2012年7月28日閲覧。 
  4. ^ “グラスゴーの奇跡だ!大津、金星弾!!スペイン食った”. スポーツニッポン. (2012年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/07/27/kiji/K20120727003768081.html 2012年7月28日閲覧。 
  5. ^ “五輪サッカー男子:「グラスゴーの奇跡」スタンド総立ち”. 毎日新聞. (2012年7月27日). http://mainichi.jp/sports/news/20120727k0000e050142000c.html 2012年7月28日閲覧。 
  6. ^ “関塚J、歴史に記憶 「グラスゴーの奇跡」歓喜と興奮”. 産経新聞. (2012年7月27日). http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120727/soc12072707070015-n2.htm 
  7. ^ a b “奇跡じゃない「勝つべくして勝った」スペイン戦”. 読売新聞. (2012年7月27日). http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/ballgame/foot/1/20120727-OYT1T00828.htm 2012年7月28日閲覧。 
  8. ^ “「奇跡じゃない」 男子サッカーの歴史的勝利”. 日本経済新聞. (2012年7月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44217180X20C12A7UB0001/?dg=1 2012年7月28日閲覧。 
  9. ^ “グラスゴーの奇跡…いや奇跡じゃない 無敵艦隊を撃沈”. 朝日新聞. (2012年7月27日). http://www.asahi.com/olympics/news/TKY201207260775.html 2012年7月28日閲覧。 
  10. ^ 西山紘平 (2012年7月27日). “スペイン撃破弾の大津 「奇跡とは思ってない。実力だと思ってます」”. ゲキサカ. 2012年7月28日閲覧。
  11. ^ 吉田麻也 (2012年7月27日). “グラスゴーの奇跡とは言わせない。”. 吉田麻也オフィシャルブログ. 2012年7月28日閲覧。
  12. ^ “「マイアミの奇跡」メンバー明言「勝つべくして勝った」”. 朝日新聞. (2012年7月27日). http://www.asahi.com/sports/update/0727/TKY201207270257.html 2012年7月28日閲覧。 

外部リンク[編集]