イニゴ・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イニゴ・マルティネス Football pictogram.svg
名前
本名 イニゴ・マルティネス・ベリディ
Iñigo Martínez Berridi
ラテン文字 Inigo MARTINEZ
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1991年5月17日(23歳)
出身地 オンダロア
身長 181cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・ソシエダ
ポジション DF (CB)
背番号 6
代表歴2
2011 スペインの旗 スペイン U-20 1 (0)
- 2011- 4
2. 2011年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イニゴ・マルティネス・ベリディ(Iñigo Martínez Berridi, 1991年5月17日 - )は、スペインビスカヤ県オンダロア出身のサッカー選手レアル・ソシエダ所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元のアウレラ・デ・オンダロアからレアル・ソシエダの下部組織に移り、2009-10シーズンにテルセーラ・ディビシオン(4部)に属するレアル・ソシエダBからデビューした。同シーズンは23試合に出場して1得点し、セグンダ・ディビシオンB(3部)昇格に貢献した。2011年8月27日、スポルティング・デ・ヒホン戦(2-1)でフル出場してトップチームデビューを果たした[1]。10月2日、アスレティック・ビルバオとのバスク・ダービー(1-2)ではセンターサークル付近からプロ初得点となるロングシュートを決めた[2][3]。11月27日、レアル・ベティス戦(3-2)のロスタイムに自陣のハーフウェーライン付近からキーパーの頭を超えるロングシュートを決めた[4][5]

代表[編集]

スペイン代表として各年代でプレーしている。2011年9月2日にはU-21スペイン代表としてUEFA U-21欧州選手権予選のU-21グルジア代表戦に臨んだが、ロングボールをクリアしようとして踵で蹴ったボールが芸術的なオウンゴールとなった。

2012年の夏にはロンドンオリンピックのスペイン代表メンバーに選ばれたが、グループリーグのU-23日本代表戦では、永井謙佑を倒しレッドカードを受け、チームも敗れた[6][7]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]