ラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラッカー (Lacquer) は、一般的には無色または着色された塗料の一種であり、溶剤を揮発させることによって乾燥すると硬くて耐久性の高い塗面を与え、磨き上げることによって非常に強い光沢と深みが得られる。狭義にはナフサキシレントルエンケトンアセトン)など揮発性の高い溶媒に樹脂を溶かしたものを指す。名称は、昔その分泌物がラッカーやシェラックの製造に用いられた昆虫ラックカイガラムシLac, 学名 Laccifer lacca、旧名 Coccus lacca)に由来する。ラッカーの一種として日本ではが広く知られている。

ウルシオールラッカー[編集]

朱色の漆を塗った小箱。子供の絵が描かれている。清朝・乾隆帝時代のもの。中国国家博物館所蔵

これまでに知られている歴史上最も古いラッカーの使用例は日本列島におけるもので、時期的には紀元前7,000年頃のことである[1]ウルシの木の樹脂から作られ、非常に硬く、丈夫で美しい仕上がりが得られた。水、アルカリ摩擦には強いが、紫外線には弱かった。主な成分は様々なフェノール類の混合物からなるウルシオールといくらかのタンパク質である。

ウルシオールを主成分とするラッカーは揮発性の低い水を溶剤とし、蒸発のみによって工程を完了する他の大部分のラッカーと異なり、酸化重合を伴う工程を経て製造される。良好な状態での乾燥・硬化には高温と高い湿度が必要とされる。含まれるフェノール類は酵素ラッカーゼによって酸化・重合され、適切な方法で水分を蒸発させることによって硬く機械強度の高い物質となる。ラッカーの技術はインドアジアで大きく発展し、高度に装飾された品々が作られた。新鮮な樹脂は皮膚に触れるとひどいアレルギー反応を起こすため、取り扱いに注意が必要とされる。

中国におけるラッカーの利用例として楽器家具などが知られている。粉末状の辰砂と混合したラッカーは中国の伝統的な朱色の漆器の製造に用いられる。中国製の品は様々な交易路を経て中東にももたらされ、ラッカー製造の技術は中国から朝鮮半島にも伝わった。

ウルシの木は樹脂がとれるようになるまで10年以上かかる。集められた樹液は「水中重合 (aqua-polymerization)」と呼ばれる工程で酸素を吸収させたあと、風呂(ふろ)あるいは室(むろ)と呼ばれる湿気の多い環境におかれ、水分を蒸発させながらさらに酸素を吸収させる。

水とテレビン油に溶かした漆。塗る前のもの

タイベトナムビルマ台湾でラッカーを採取する木はチチ (Thitsi) と呼ばれ、少し異なる。ウルシオールではなく類似の物質、ラッコール (laccol) またはチチオール (thitsiol) を含む。出来上がりはほとんど同じだが中国や日本のラッカーよりも柔らかい。日本や中国のウルシの木とは違い、ビルマのものはアレルギー反応を起こさせず、よりゆっくりと硬化する。職人は刷毛を使わず素手で塗布を行う。

生の漆に少量の酸化鉄を加えると、赤または黒に着色することができる。この色は鉄の酸化状態によって異なる。中国での発掘調査によって8,000年以上前にも使われていたという証拠が見つかっている。その後、色付けのために他の顔料が用いられるようになった。上塗りのみではなく、すり砕いて焼いた、または焼いていない粘土と混ぜ合わせ、の繊維で作られた布を貼り合わせて作った型の上に塗る技法も使われた。木製の芯などを使わずに像などを作ることができ、日本では乾漆と呼ばれた。中国から導入されたのち、日本ではの粉や細粒などを用いる、より発展した装飾法(蒔絵)が作り出された。中国の楽器、古琴に塗る際には、より高い強度を与えて演奏に堪えられるようにするため、漆は鹿(または陶器)の粉末と混ぜ合わされた。

天然の漆は毒性を持つため一般的に輸入するのは難しいが、を修理する日本の店からならばオンラインで少量入手できる。

ウルシオールの構造式。R の異なる誘導体の混合物である

ウルシオールは左に示すような構造を持つ化合物である。2価のフェノールであり、置換基 R の異なる誘導体の混合物である。図で R は (CH2)14CH3, (CH2)7CH=CH(CH2)5CH3, (CH2)7CH=CHCH2CH=CH(CH2)2CH3, (CH2)7CH=CHCH2CH=CHCH=CHCH3, (CH2)7CH=CHCH2CH=CHCH2CH=CH2 などを表す。

ニトロセルロースラッカー[編集]

綿などセルロースからなる繊維のニトロ化によって得られる樹脂であるニトロセルロースを含み、揮発性の高い溶媒を用いたラッカーは1920年代前期に開発され、30年にわたって自動車工業に広く用いられた。それらが導入される前は大量生産される自動車の色は限られたものであり、ジャパンブラック (Japan black) が速乾性に優れていたため最も一般的だった。最初に新しい速乾性ニトロセルロースラッカーを使ったのは1923年のゼネラルモータースの車種オークランド (Oakland) であり、デュポン社の商品名 Duco という明るい青のものだった。

このラッカーは家具をはじめとして、楽器などの木製品にも使用された。ニトロセルロースと他の樹脂、および可塑剤を溶媒に溶かして塗装を行ったため、そのたびに以前行われた塗装をいくらか溶かした。ニトロセルロースラッカーはそれまでの自動車や家具用の塗料を、使いやすさと色落ちのしにくさの両面で凌駕した。速乾性ラッカーの塗布には吹きつける方法が好んで用いられ、ニトロセルロースラッカーが開発されたことはスプレーガンの広範な利用のきっかけとなった。ニトロセルロースラッカーは非常に硬いが柔軟で耐久性の高い塗面を与え、強い輝きが出るまで磨き上げることができる。欠点としては溶媒の危険性、すなわち可燃性、揮発性と毒性、それから製造工程でニトロセルロースを取り扱う際の危険性が挙げられる。品質と溶解度はニトロ化の度合いと密接に関連するが、これが高すぎると爆発の危険が高くなる。経年によりラッカー面にきばみが発生したり、ひび割れを起こすこともある。

アクリルラッカー[編集]

アクリル樹脂を用いたラッカーは1950年代に開発された。無色であり、透明で熱可塑性を持つ。アクリル酸誘導体の重合によって得られる。アクリルは光沢を出すために磨く必要が無い琺瑯にも使われるが、これは速乾性を必要としない。アクリルラッカーの利点は速乾性に特に優れることであり、ゼネラルモータースはこの点に着目した。のちに自動車用塗料としての用途は、より天候や薬品への耐久性に優れる2成分系ポリウレタンの登場によって終わりを迎えた。その系は普通、色のついた下地と無色の上塗りからなり、クリアコートとして一般に知られる。アクリルラッカーは木材の塗装に広く用いられている。

水溶性ラッカー[編集]

有機溶媒を使うラッカーには健康上の危険性と環境への悪影響が懸念されることから、水溶性のラッカーの開発が行われている。水溶性ならばはるかに毒性が低く、より環境にやさしいと考えられ、多くの場合で良好な結果が得られている。水溶性ラッカーは自動車工業や屋内・室内での用途において有機溶媒を使用するものと置き換わりつつある。木製家具にも広く利用されている。

ジャパニング[編集]

17世紀、アジアやインドでのラッカーを用いた工芸がイギリス、フランス、オランダ、スペインで広まると、ヨーロッパ人たちは異なる技法による模造品を開発した。ヨーロッパでの技法はシェラックに似た樹脂から作ったワニスを用いるものであり、家具などに対して使われた。この技法はジャパニング (japanning) として知られるようになり、ワニスを何回か塗り重ね、そのたびごとに加熱乾燥と磨き上げを行った。18世紀にはこのラッカー工芸は一般に広く受け入れられるようになり、19世紀から20世紀にかけてハンディクラフトデコパージュへと発展した。

[編集]

  1. ^ NEW PERSPECTIVES ON JOMON SOCIETY(2007年12月10日時点のアーカイブ

参考文献[編集]

  • Kimes, Beverly R., Editor. Clark, Henry A. (1996). The Standard Catalog of American Cars 1805-1945. Kraus Publications. ISBN 0-87341-428-4. p.1050.
  • Paolo Nanetti (2006). Coatings from A to Z. Vincentz Verlag, Hannover. ISBN 3-87870-173-X.