ラグーナ蒲郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラグーナ蒲郡
Ragunatenbos1.JPG
店舗概要
所在地 443-0014
愛知県蒲郡市海陽町2丁目
北緯34度48分27.8秒 東経137度16分33秒 / 北緯34.807722度 東経137.27583度 / 34.807722; 137.27583座標: 北緯34度48分27.8秒 東経137度16分33秒 / 北緯34.807722度 東経137.27583度 / 34.807722; 137.27583
開業日 2001年平成13年)4月1日[1]
2002年(平成14年)4月25日[2]
2002年(平成14年)5月16日[3]
2012年(平成24年)4月20日[4]
営業時間 施設・季節により異なる

ラグーナ蒲郡(LAGUNA GAMAGORI)は、愛知県蒲郡市海陽町にあるラグーナテンボスが運営するテーマパークラグナシア」、ショッピングモール、日本最大級タラソテラピースパ「タルゴ ラグーナ」及びラグナマリーナが運営するマリーナ、高級リゾート分譲マンションを核としたテーマにしたシーサイドリゾートである。同町2丁目および3丁目を「ラグーナ蒲郡」と総称する。キャッチフレーズは夢、あこがれ、きらめくシーサイド

概要[編集]

開発の経緯[編集]

1960年台後半ごろまでは愛知県蒲郡市大塚町には大塚海岸海水浴場があり、1953年三河大塚駅季節駅として開業するほど多数の海水浴客で賑わっていた。しかし、伊勢湾台風の影響や国道23号バイパス開通、周辺の宅地化により次第に海水浴客が減少していった。これらのことから、地元を中心とした有志および蒲郡市の計画により、1985年に県議会にて「海の軽井沢構想」が提唱され、その後、1987年に成立した「総合保養地域整備法(通称リゾート法)」の後押しを受け、計画が進められていった。

海に親しむことをテーマとし、内外の人々に新しい豊かなライフスタイルを享受してもらうための施設提供を目的に1991年から本格的な開発が始まった。蒲郡市大塚町の海浜約120ha(ナゴヤドーム25個分)を埋立て、マリーナやウォータースポーツパーク、フェスティバルマーケット、リゾートマンション、戸建別荘の建設が計画された。愛知県、蒲郡市、JR東海トヨタ自動車ヤマハ発動機など民間企業9社が出資した第3セクターの蒲郡海洋開発が設立され、名称が「ラグナックスアイランド蒲郡」に決まった。

1999年1月18日、名称を「ラグナックスアイランド蒲郡」から「ラグーナ蒲郡」に変更した。また、最寄り駅の三河大塚駅にはラグーナ蒲郡本格開業まで「海の軽井沢構想」の看板が掲げられていた。

2001年4月1日、中部地区最大規模のマリーナ「ラグナマリーナ」が開業。翌年4月25日にテーマパークの「ラグナシア」が、同年5月16日に「フェスティバルマーケット」が開業し、ラグーナ蒲郡の主要施設が完成した。

運営会社の蒲郡海洋開発は、2006年8月に会計ルールの変更で強いられた大幅増資後の事業展開として中期計画を発表し、リゾートマンションに限られていた分譲事業を強化することを発表。事業主体となる開発業者を活用し、大型リゾートホテルチェーンを誘致する[5]ことと個別別荘分譲計画などを発表した。また、ラグナシアの施設が随時増強されるとともに、リゾート内に全寮制中高一貫校海陽学園が開校した。

埋立地内に人工的な水路を作り個別別荘を建設しボート等で移動できるようにする予定であるとしているが、2015年2月現在、整備されていない。また、市としては整備支援はせず、整備の検討をするとしている[6]

2008年、リゾートトラストが200室規模の「エクシブ」ブランドの会員制リゾートホテルを2011年開業に向けて蒲郡海洋開発と土地取得協議に入ったと報じられた[5][7][8]。後に、2013年開業予定を2年延期し、2015年をめどに大型リゾートホテルが進出予定であると報じられた[9]。2011年から2013年に延期した理由は不明。2015年2月現在、着工されていない。

2014年8月1日、HISが設立した株式会社ラグーナテンボスが蒲郡海洋開発から「ラグナシア」(イベント開催、アトラクション、遊園地、プール事業)、「ラグーナフェスティバルマーケット」(飲食店、物販部門)、「タラソテラピー」(温浴施設部門)を引き継いだ[10][11]。これにより、長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」とは事実上の姉妹施設となった。また、2016から2017年度にかけて200室の「スマートホテル」を海陽学園の北側16haを予定地として、整備する構想があるとしている[12]

同年11月、トヨタ自動車が設立した株式会社ラグナマリーナが蒲郡海洋開発から「マリーナ運営事業」と「不動産分譲事業」を引き継いだ[11]

施設[編集]

ラグーナ蒲郡全体はアミューズメント地区(ラグナシア)、海浜緑地地区(大塚海浜緑地・2008年7月15日オープン)、リゾート商業A地区(フェスティバルマーケットおよびサークルKラグーナ蒲郡店)、リゾート商業B地区、マリーナ地区(ラグナマリーナ)、リラクゼーション地区(タルゴ ラグーナ、ラグーナの湯など)、リゾートマンション地区(ラ・メルカーサⅠ-Ⅳ)、文教地区(海陽学園)から構成される[13]

海に面して立地しており、天気の良い日は遠く渥美半島の緑が浜エコパーク内風力発電所の風車群が海に浮かぶ様を見ることができる。

ラグナマリーナ[編集]

  • 中部地区最大級のマリーナ
  • 開業日:2001年平成13年)4月1日
    • 2000年(平成12年)4月1日に先行仮開業
  • 所在地:〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目1番地
  • 夏期営業時間(5/1 - 9/30):平日9時 - 17時、土日祝日8時 - 18時
  • 冬期営業時間(10/1 - 4/30):9時 - 17時
    • 契約艇は24時間利用可能。ただし、上下架・給油は営業時間内のみ。
  • 定休日:毎週木曜日(夏期除く)
  • 駐車場:約300台(1000円/日)
    • 艇置オーナーは無料。
  • 収容艇数:海上約200隻、陸上約150隻

ラグナシア[編集]

  • 海をテーマにしたテーマパーク
  • 開業日:2002年(平成14年)4月25日
  • 所在地:〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目3番地
  • 営業時間・定休日:不定期
  • 駐車場:乗用車約1000台(600円/日)、二輪約100台(無料)、バス約20台(無料)

フェスティバルマーケット[編集]

  • レストラン、アウトレットモール、おさかな市場などのショッピングモール
    • 2009年3月19日、「フェステバルマーケット」増床・全面リニューアル
  • 開業日::2002年(平成14年)5月16日
  • 所在地:〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目2番地
  • 営業時間
    • おさかな市場:9時 - 18時(土日祝は19時まで延長)
    • ラグーナアウトレット:10時 - 20時
    • ラグーナバザール:10時 - 20時
    • シーサイドレストラン:11時 - 21時30分
    • 観覧車:季節により異なる
  • 定休日:不定期
  • 入場料:無料
  • 駐車場:乗用車約850台(100円/30分)、二輪約170台(無料)、バス約30台(無料)
    • 乗用車は最初の1時間は無料。2,000円以上の利用でさらに2時間無料(最大3時間無料)。

タルゴ ラグーナ[編集]

  • ラグーナヒルにある本格的タラソテラピー施設
  • 開業日:2012年(平成24年)4月20日
  • 所在地:〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目8番地
  • 定休日:不定期
  • 利用方法:一部予約制
  • 駐車場:乗用車約250台(無料)、二輪約10台(無料)

ラグーナの湯[編集]

  • ラグーナヒルにある天然温泉施設
    • 源泉名:ラグーナの湯
    • 泉温:37.9度
    • 泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物泉(高張性アルカリ性温泉)
    • 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え症・疲労回復・慢性婦人病など
    • 前庭に無料で利用できる足湯がある。
  • 開業日:2003年(平成15年)4月25日
  • 所在地:〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目8番地
  • 営業時間:10時 - 22時(最終受付21時)
  • 定休日:不定期
  • 入場料:大人(中学生以上)1,000円、小学生500円
  • 駐車場:タルゴ ラグーナと共用
  • 収容人数:男女各40名

ラ・メルカーサ[編集]

  • リゾートマンション
    • ラ・メルカーサⅠ-Ⅳ(4棟)は完成時期により外観および内装が異なる。
    • 計画では6棟建築予定だが、販売状況を見ながら順次建築予定である。
    • 当マンションにより大塚町内で蔵王山愛知県田原市)からのテレビ電波が受信できない電波障害が発生した。

経営状態[編集]

運営母体の蒲郡海洋開発は、開業前に債権放棄を受けた日本初の会社であり、その際に全ての債務トヨタ自動車が引き受けた。しかし、その後も経営不振が続き、減損会計に伴う大幅な債務超過解消のための増資を愛知県や蒲郡市、トヨタなどの民間企業に求め、約140億円の増資が行われた。2004年には本格開業3年目にして単年度で営業黒字となり、06・07年度には2期連続営業黒字となるが、経常黒字化には至っていない。債務超過は2012年度末で78億円となっているが[14]2015年度に解消する見込み。2014年8月1日、ラグーナテンボスが蒲郡海洋開発から主要3事業を引き継いで、商圏内の観光資源や交通輸送機関との提携による利便性を向上させ、黒字決算を目指している[15]。同年11月には残りの2事業が蒲郡海洋開発からラグナマリーナに事業譲渡された。なお、譲渡元の蒲郡海洋開発は2015年1月1日に解散し、2015年2月18日、名古屋地方裁判所豊橋支部より特別清算開始決定を受け倒産となった[11]

沿革[編集]

  • 1991年(平成3年)11月25日 - 愛知県蒲郡市JR東海トヨタ自動車ヤマハ発動機など民間企業9社が出資し、第三セクター「蒲郡海洋開発株式会社」を設立。
  • 2000年(平成12年)4月1日 - 「ラグナマリーナ」仮オープン。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 「ラグナマリーナ」本オープン。
  • 2002年(平成14年)4月25日 - ウォータースポーツパーク「ラグナシア」(海をテーマにしたアミューズメントパーク)開業。
    • 5月16日 - 「ラグーナ フェスティバルマーケット」(レストラン、おさかな市場、アウトレット等)開業。
  • 2003年(平成15年)4月10日 - レストラン「ラグンブルー」オープン。
    • 4月25日 - タラソテラピー施設「テルムマランラグーナ」と天然温泉「ラグーナの湯」が開業。
  • 2009年(平成21年)3月19日 - 「ラグーナ フェステバルマーケット」全面リニューアル。
  • 2012年(平成24年)4月20日 - タラソテラピー施設リニューアル、フランス・タルゴ社と提携。「タルゴ ラグーナ」が開業。
  • 2014年(平成26年)8月1日 - 「ラグナシア」、「ラグーナフェスティバルマーケット」、「タラソテラピー」をHISが設立した(株)ラグーナテンボスへ事業譲渡[14][15][16][17][11]
    • 11月 - 「マリーナ運営事業」と「不動産分譲事業」をトヨタ自動車が設立した(株)ラグナマリーナへ事業譲渡[11]

アクセス[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラグナマリーナの開業日
  2. ^ ラグナシアの開業日
  3. ^ フェスティバルマーケットの開業日
  4. ^ タルゴ ラグーナの開業日
  5. ^ a b “ラグーナ未利用地に大型ホテル”. 東日新聞. (2008年3月29日). http://www.tonichi.net/news/index.php?id=12819 2015年2月16日閲覧。 
  6. ^ “第6回総合計画審議会資料”. 蒲郡市. (2014年9月17日). http://www.city.gamagori.lg.jp/uploaded/attachment/224.pdf 2015年2月16日閲覧。 
  7. ^ 2008年8月29日付東日新聞中日新聞
  8. ^ ホテル&リゾート 2008年12月05日発売号 - 経済新報社
  9. ^ “ラグーナのホテル開業延期”. 東日新聞. (2009年3月5日). http://www.tonichi.net/news/index.php?id=15186 2015年2月16日閲覧。 
  10. ^ “ラグーナテンボスの運営で再出発 蒲郡市海陽町のラグーナ蒲郡”. 東愛知新聞. (2014年8月1日). http://www.higashiaichi.co.jp/news/news_keisan/140801/14080102.html 
  11. ^ a b c d e 元・「ラグーナ蒲郡」運営 蒲郡海洋開発株式会社 特別清算開始決定受ける 負債313億9100万円”. 帝国データバンク (2015年2月27日). 2015年3月4日閲覧。
  12. ^ “200室のスマートホテル構想/ラグーナテンボス、愛知県、蒲郡市”. 建設通信新聞. (2014年9月17日). http://www.kensetsunews.com/?p=37978 2015年2月16日閲覧。 
  13. ^ 宝飯都市計画ラグーナ蒲郡地区計画(平成19年6月21日告示)
  14. ^ a b “ラグーナ蒲郡、8月に譲渡へ 5億円でHIS新会社に”. 朝日新聞デジタル. (2014年6月24日). http://www.asahi.com/articles/ASG6S3DGDG6SOIPE008.html 
  15. ^ a b HIS、ラグーナ蒲郡の事業継承、「ラグーナテンボス」設立で黒字決算を目指してる”. トラベルボイス (2014年6月24日). 2014年8月2日閲覧。
  16. ^ “海洋リゾート施設「ラグーナ蒲郡」、8月からHIS運営”. 日本経済新聞. (2014年6月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO73262930U4A620C1L91000/ 
  17. ^ “当社グループによるラグーナ蒲郡の主要事業承継に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), HIS, (2012年6月24日), http://www.his.co.jp/material/pdf/n_co_20140624.pdf 
  18. ^ a b お車をご利用の場合 交通アクセス”. ラグーナテンボス (2015年1月19日). 2015年3月6日閲覧。
  19. ^ a b c 公共交通機関をご利用の場合 交通アクセス”. ラグーナテンボス (2015年1月19日). 2015年3月6日閲覧。
  20. ^ a b 【名鉄バス東部】 ラグーナ線 運行時刻表 (PDF)”. 名鉄バス (2013年4月1日). 2015年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]