メルセデス・ベンツ Vクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メルセデス・ベンツ Vクラス(ブイクラス)は、ドイツの自動車メーカーダイムラーメルセデス・ベンツブランドで展開するミニバンタイプの乗用車である。

メルセデス・ベンツのラインナップの中で1BOXタイプのミニバンとしては唯一の車種であり、3列シートを備え、乗車定員は6名または7名である。

サイズではBクラスRクラスの中間に位置するが、コンセプトは異なっている。

基本は二輪駆動だが、オプションで四輪駆動が選べる(日本仕様には未設定)。 後述のように商用車タイプ(ヴィトー)も存在し、ヨーロッパでは警察用車両、救急車などにも広く使われている。

初代(1998年 - 2003年)W638[編集]

Vito

初代Vクラスは、メルセデス・ベンツが欧州などで発売している商用車Vito」(ヴィトー、ヴィート)の乗用バージョンである。日本では1998年に「V230」が販売開始され、1999年に「V280」が追加された。「V280」は2002年に生産中止となり、末期は「V230」のみが販売された。

Vクラスのドライブトレインはヴィトーと同様に横置きエンジン+トランスアクスル配置のFFとなっていた。エンジンは自社製の直列4気筒エンジンが主力で、乗用車のユーザーからのモアパワーの要求に応え、上級グレードの「V280」にはV型6気筒を追加した。Cクラスでは1997年から自社製V型エンジンの採用が始まっていたが、元来直4横置きを想定していたエンジンベイにはVバンクの広いエンジンは不向きで、横置き搭載への対応とクラッシャブルゾーンの確保のため、前後寸法(エンジン幅)の小さいVW製の2.8L 狭角V型6気筒エンジンを採用している。

グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
V280 V型6気筒SOHC 2.8L 174ps/24.2kg・m 4速AT FF
V230 直列4気筒DOHC 2.3L 143ps/21.9kg・m


2代目(2004年~2014年)W639[編集]

2代目ビアノ

ビアノ時代[編集]

2代目はVクラスではなく、新車種のビアノViano )として2003年から販売された。日本に導入されたのは「3.2 アンビエンテ」「3.2 アンビエンテ ロング」「3.2 トレンド」の3モデル。エンジンは3.2L V6に統一され、駆動方式は初代と異なり、自社製乗用車コンポーネントが活用できる縦置きエンジンFRとなった。

「トレンド」より「アンビエンテ」の方が装備が充実している。「アンビエンテ ロング」は、「アンビエンテ」とホイールベースは同じだが、ボディーの後方荷室を約25cm延長したもの。ラゲッジは広くなったが、3列目シートは最後部まで下げられない。

グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
3.2 アンビエンテ
3.2 アンビエンテ ロング
3.2 トレンド
V型6気筒SOHC 3.2L 218ps/31.1kg・m 5速AT FR

再びVクラスへ[編集]

フェイスリフト後のVクラス(2011年1月-)

2006年11月のマイナーチェンジでそれまでの名称であったビアノから、モデルチェンジ前の名称であるVクラスに戻った。

「トレンド」「アンビエンテ」「アンビエンテ ロング」の3モデルによる展開に変わりはなく、位置づけも変わらない。エンジンはモデルチェンジ前のMクラス(W163)に搭載されていた旧型の3.7L V6である。価格は430 - 599万円で、右ハンドル仕様のみ。また、北米では販売されていない珍しい車種でもある。7人乗り3列シート、対座シート、電動デュアルスライディングドアなど、装備を充実させている。

2007年11月に一部改良が行われており、エンジンが3.5L V型6気筒DOHCへ変更され、出力も27ps向上。

2011年1月にマイナーチェンジ(フェイスリフト)を実施。ヘッドランプ・フロントバンパー・リアコンビネーションランプのデザイン変更が行われたほか、インテリアでもシートデザインやステアリングホイールが変更されたほか、サスペンションも大幅な改良を行い、快適性や操舵安定性が向上された。同年11月には自動車誕生125周年を記念した特別仕様車「V350 AVANTGARDE EDTION 125」を発売(50台限定販売)。「V350 アンビエンテ」をベースに、クロームストリップ付バンパー一体型フロントスポイラー、19インチ16スポークアルミホイール&ワイドタイヤ、スポーツサスペンションなどを装備することでスポーティで精悍な印象としたほか、内装は3列目を左右独立シートとした6座独立シートとし、専用レザーDINAMICAとブラックウォールナット調のインテリアトリムを組み合わせ、上質で快適な空間とした。装備面ではデュアルガラス・スライディングルーフ(挟み込み防止機能付)、HDDナビゲーションシステム、ユーティリティパッケージを装備した[1]

2013年11月に特別仕様車「V350 Black Edition」を発売(170台限定販売)。「V350 トレンド」をベースに、人気の高い装備をパッケージ化したセットオプションであるバイキセノンパッケージとラグジュアリーパッケージを標準装備したほか、ETC車載器と専用18インチ10スポークアルミホイール&ワイドタイヤも装備。充実装備ながらベースモデルよりも50万円高に抑えた。ボディカラーはグレード名に合わせ、特別設定色の「オブシディアンブラック」を設定した[2]

2014年7月に特別仕様車「V350 Grand Edition」を発売(30台限定販売)。「V350 アンビエンテ」をベースに、クロームストリップ付一体型フロントスポイラーやハイグロスクロームドアミラーカバー、専用サイドエンブレムを装備することで通常の設定にはないアバンギャルド仕様に仕立て、ハイグロスブラック19インチ5ツインスポークアルミホイール&ワイドタイヤ、ブラックペイントフロントグリル、テールゲートクロームトリム、サイドスカートも装備することでスタイリッシュで精悍な印象を高めた。内装では3列目を左右独立シートとした6座独立シート仕様に、インテリアトリムをサテン仕上げウォールナットウッド調にそれぞれ変更することで質感を向上。装備面ではデュアルガラス・スライディングルーフ(挟み込み防止機能付)、HDDナビゲーションシステム&リアビューカメラ、ユーティリティパッケージを特別装備した。ボディカラーはVクラスで初となる白系の「ロッククリスタルホワイト」を設定した[3]

グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
V350トレンド
V350アンビエンテ
V350アンビエンテ・ロング
V型6気筒DOHC 3.5L 258ps/34.7kg・m 5速AT FR


3代目(2014年~)W447[編集]

2014年1月に発表された[4]。エンジンは2.1L直4ディーゼルターボのみで136ps、163ps、190psの3種類の出力から選択できる。

参考文献[編集]

  1. ^ メルセデス・ベンツVクラス特別仕様車:V 350 AVANTGARDE EDTION 125を限定発売 (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 ニュースリリース 2011年11月21日(2014年7月17日閲覧)
  2. ^ V 350 BLACK EDITIONを限定発売 (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 ニュースリリース 2014年11月12日(2014年7月17日閲覧)
  3. ^ V 350 Grand Editionを限定発売 (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 ニュースリリース 2014年7月15日(2014年7月17日閲覧)
  4. ^ メルセデスが本国で新型「Vクラス」を発表”. 2014年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]