マーザンダラーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーザンダラーン州
استان مازندران
مازرون
位置
イランにおけるマーザンダラーン(塗りつぶし部)。
統計
州都:
 • 測地系:
サーリー
 • 北緯36.5656度 東経53.0588度
面積: 23,701 km²
人口(2006年)
 • 密度:
2,920,657 [1]
 • 123.2人/km²
シャフレスターン 15
タイムゾーン: UTC+3:30
主な言語:

マーザンダラーニー[2]

ペルシア語[2]
ISO 3166-2:IR: IR-21
テンプレートを表示
マーザンダラーン州の地形図。

マーザンダラーン州ペルシア語: استان مازندران , Ostān-e Māzandarān)はイラン北部の州。州都はサーリー。面積は23,833km²。人口は260万人(1996年)。

歴史[編集]

マーザンダラーン州はアケメネス朝ではヒュルカニア英語版地方(サトラップ)の一部であった。 マーザンダラーンには、その気候条件の制約から考古学遺跡などがあまり残されておらず、海岸平野部には保存状態の良い前イスラーム期の遺跡は全くない。しかしながら、州内で早い時期から人々が暮らしていたことが知られており、歴史のはじめより、マザーンダラーンはさまざまな王朝の統治下に移り変わっていった。

第3代正統カリフウスマーン・イブン=アッファーン651年クーファ総督サアド・イブン・アビー・ワッカース英語版によってタバリスターン英語版の海岸部が、はじめてイスラーム勢力に征服された。しかし、以降約100年間タバリスターンのダブワイド朝英語版フランス語版642年-760年)は、一時的にアッバース朝下に入ったこともあるが、7世紀初にサーサーン朝に代わったウマイヤ朝からの独立を保った。アリー家子孫のザイド派英語版アリー朝864年-928年)のもとに分離、のち南東のサッファール朝下に入る。さらにその一世紀後にはズィヤール朝が同様にこの地域から勃興している。

アッバース朝カリフ、アブー・ジャアファル・アル・マンスールの時代にはタバリスターンで叛乱が相次ぎ、最終的には783年カーレーン氏族英語版ヴァンダード・ホルモズ(Vandad Hormoz)が独立王朝バーワンド朝英語版フランス語版8世紀-1349年)を建設した。1034年ガズナ朝スルターン・マフムード・ガズナヴィーゴルガーンを経てマザーンダラーンに入った。11世紀中にイスラム教シーア派のイスマーイール派・ニザール派ハサン・サッバーフの影響が広がり、アラムート城砦英語版を中心にいわゆる「暗殺教団」の城砦が多く造られた。これに続き1209年にはホラズム・シャー朝スルターン・ムハンマドの侵攻があった。

その後はモンゴル帝国イルハン朝ティムール朝の支配を経た。

タバリスターンの地方政権の崩壊後、1596年、マーザンダラーンはサファヴィー朝シャー・アッバース1世によって帝国領内に取り込まれることになった。アフシャール朝ナーディル・シャーの統治下、この地域はロシア帝国への前線となった。

1930年代に東洋学者で旅行家のフレヤ・スタークがこの地域を踏査している。

近年までゴルガーンはマザーンダラーン州の一部地域をさしたが、1997年ゴレスターン州がマーザンダラーン州より分割され、その州都となった。

地理[編集]

マーザンダラーン州の森。

カスピ海の南岸に位置する。北にカスピ海を望み、東はゴレスターン州、西はギーラーン州、南にはテヘラン州セムナーン州と境を接する。

マーザンダラーンは海岸平野と山岳地域の二つの部分に分けられる。カスピ海アルボルズ山脈は自然の障壁として平野部を取り囲んでいる。一年を通じて降雪があるアルボルズの山脈はカスピ海の南岸と平行して走り、地域を多くの谷に分けている。

行政区分[編集]

アーモル、バーボル、バーボルサル、ベフシャフル、トネカーボン、チャールース、ラームサル、サヴァド・クーフ、ガーエム・シャフル、マフムーダーバード、ネカー、ヌール、ノウシャフルの各郡(シャフレスターン)を擁する。

住民[編集]

民族[編集]

言語[編集]

マーザンダラーン語ないし「タバリー語」は北西イラン語に属し、モンゴル語、アラビア語、タタール語のような外来諸語の影響を受けておらず、その中でももっとも古い姿をとどめているともされる。いまだに地域ごとにさまざまな方言が話されている。

宗教[編集]

マーザンダラーン出身の有名人[編集]

マーザンダラーンは多くの碩学、詩人を輩出した。たとえば近代イランの詩人ニーマー・ユーシージュ英語版である。タバリスターンとして大きく地域をみれば、9世紀には有名なペルシア人学者を二人輩出している。いずれもアル・タバリーと呼ばれる(タバリーとはタバリスターン出身という意味)。

カリグラファーのトウヒディ・タバリも当州バーボル英語版出身である。

産業[編集]

経済[編集]

マーザンダラーン州の田植え
マーザンダラーン州の水田

穀物果物棉花タバコサトウキビが主な生産物であり、カスピ海沿岸の狭い地域で生産されている。石油収入の刺激により食品加工、セメント、繊維、紡績などの産業があり、また漁業によりキャビアも生産されている。

穏やかで心地よい気候、美しい自然景観、テヘランからの近さという良好な条件により、イランの主要観光地の一つとなっている。

文化[編集]

イラン文化遺産機構には630の観光客を楽しませる歴史的・文化的遺産が登録されている。

高等教育機関[編集]

マーザンダラーンには複数の高等教育機関があるが、そのほとんどは1979年革命後に設置されたものである。

[編集]

  1. ^ Iranian 2006 Census Website [1] (in Persian)
  2. ^ a b [2] Maryam Borjian - Bilingualism in Mazandaran: Peaceful Coexistence With Persian.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]