北ホラーサーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北ホラーサーン州
استان خراسان شمالی
位置
イランにおける北ホラーサーン(塗りつぶし部)。
統計
州都:
 • 測地系:
ボジュヌールド
 • 北緯37度28分34秒 東経57度19分54秒 / 北緯37.4761度 東経57.3317度 / 37.4761; 57.3317
面積: 28,434 km²
人口(2005年)
 • 密度:
786,918人
 • 27.7人/km²
シャフレスターン 6
タイムゾーン: UTC+3:30
主な言語: ペルシア語, クルド語, トルクメン語
ISO 3166-2:IR: IR-31
テンプレートを表示

北ホラーサーン州ペルシア語: استان خراسان شمالی Ostān-e Khorāsān-e Shomālī)は、イラン北東部の州(オスターン)。北ホラーサーン州は2004年ホラーサーン州の3分割に伴って成立した州である。州都はボジュヌールド

歴史[編集]

ホラーサーンは長い歴史を通じ、幾多の王朝が支配し、あるいは興り亡びた土地であり、アラブテュルクモンゴル[要曖昧さ回避]トゥルクマーンアフガーンなどさまざまな人々が到来し、歴史に変化を与えてきた。

イラン古代の地理学者はイラン(「イーラーン・シャフル」:イラン世界)を8地域に区分したが、そのうち最大で最も繁栄していた地域がホラーサーンである。 エスファラーイェン英語版はホラーサーンにおけるイラン到来後のアーリア人の中心的居住地の一つであった。アルサケス朝は長いあいだホラーサーンのメルヴ近郊を基盤とし、エスファラーイェンもニーシャープール地域の重要拠点であった。 サーサーン朝期には「パドグースバーン」という称号を持つエスパフボド(将軍)と、4つに分割した地域それぞれの太守が治めた。

ホラーサーンはイスラーム征服後、ニーシャープールメルヴヘラートバルフの各都市を中心とする四地域に分割されている。651年、アラブ・イスラーム勢力がホラーサーンに侵入し、以後820年までアッバース朝の支配下にあり、896年イラン系ターヒル朝900年サーマーン朝が続いた。ガズナ朝スルターン・マフムード994年、ホラーサーンを征服、さらに1037年にはセルジューク朝の初代スルタントゥグリル・ベグがニーシャーブールを征服している。

その後、ホラーサーンをめぐってセルジューク朝とガズナ朝の対立が続き、最終的にはガズナ朝がスルターン・サンジャルを破った。しかし1157年にはホラズム・シャー朝の支配下に入り、モンゴル帝国の侵入を受けイルハン朝の領域となった。

14世紀に入るとサブゼヴァール英語版サルバダール運動英語版英語: Sarbedaran movement)による独立の旗が掲げられるようになった。1368年ティームールがホラーサーンを手に入れ、ヘラートをその首都とした。

1507年、ホラーサーンはウズベク族に征服された。1747年アフシャール朝ナーディル・シャー没後はアフガーンの勢力圏となっている。

ガージャール朝の時代にはイギリスイギリス東インド会社の保護のためにアフガーンを支援し、ヘラートはイランから分割された。ナーセロッディーン・シャーはヘラート奪還を目指したが果たせなかった。最終的に1903年パリ条約[要曖昧さ回避]によってイランはヘラートを含む今日のアフガニスタン領域への領有権主張を取り下げることになる。こうしてホラーサーンは人口稠密な東部地域がイギリス保護下に入り、残余の西部地域がイラン領として残ったのである。

ホラーサーン州はイラン最大の州であったが、2004年9月29日に北ホラーサーン、南ホラーサーン、ラザヴィー・ホラーサーンの三州に分割された(2004年5月18日国会通過、同29日護憲評議会通過)。

行政区分[編集]

州都の郡(シャフレスターン)のほかにシールヴァーン郡英語版ジャージャルム郡英語版マーネ・ヴァ・サムラガーン郡英語版エスファラーイェン郡英語版ボジュヌールド郡英語版ファルージ郡英語版ガルメフ郡英語版がある。

今日の北ホラーサーン州[編集]

ホラーサーン地域にはペルシア、ホラーサーニー・テュルク、トゥルクマーン、クルド、アラブなどのエスニック・グループが住む。また近年はアフガン難民が流入し、かなり大きなコミュニティを作っている。

観光地[編集]

州内には泉、小さな湖、洞窟、自然公園、自然保護区、散策地など多くの自然を活用した観光地がある。

またイラン文化遺産協会にはホラーサーン3州全体で1179ヵ所が登録されている。北ホラーサーン州の主な名所は以下の通り。

  • サーリー・ゴル自然保護区
  • ハサナーバード(ガイサルおよびソラーク古城)
  • ノシールヴァーンおよびエバーダートガーフ洞窟
  • ファガト・デジュ城砦
  • シェイフ・アリー・エスファライェニー廟
  • サールーク自然保護区
  • ベシュ・ガルダシュ英語版(五兄弟)泉、バーバー・アマーン泉
  • ビーダーグ、コネギャルム、コンジェクーフ、セイイェド・サーデグ渓谷
  • モファハム家の鏡の家
  • バーバー・タヴァッコル廟,
  • イマームザーデ・スルターン・サイイド・アッバース

高等教育機関[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]