ハマダーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハマダーン州
استان همدان
位置
イランにおけるハマダーン(塗りつぶし部)。
統計
州都:
 • 測地系:
ハマダーン
 • 北緯34度47分54秒 東経48度30分53秒 / 北緯34.7982度 東経48.5146度 / 34.7982; 48.5146
面積: 19,368 km²
人口(2005年)
 • 密度:
1,738,772人
 • 89.8人/km²
シャフレスターン 8
タイムゾーン: UTC+3:30
主な言語: ペルシア語
アゼリー
ロル語
ラキー
クルド語
ISO 3166-2:IR: IR-24
テンプレートを表示

ハマダーン州ペルシア語: استان همدان Ostān-e Hamadān)は、イラン州(オスターン)。州都はハマダーン。面積19,546km²、1996年現在、人口は約170万人。

州都ハマダーンのほかトイセルカーンネハーヴァンドマラーイェルアサダーバードバハールラザン, キャボド・ラーハングの諸都市がある。

地理と気候[編集]

ハマダーン州は北西から南西にザーグロス山脈の一部「アルヴァンド」の山々が走り、全体に標高の高い地域にある。

ハマダーンは夏穏やかで、冬はかなり寒く、亜寒帯気候である。州都ハマダンの1月の平均最低気温は-10度を下回る。

ハマダーンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2.0
(35.6)
4.3
(39.7)
11.5
(52.7)
18.1
(64.6)
23.9
(75)
30.9
(87.6)
34.9
(94.8)
34.2
(93.6)
29.8
(85.6)
21.9
(71.4)
13.7
(56.7)
5.9
(42.6)
19.26
(66.66)
平均最低気温 °C (°F) −10.5
(13.1)
−8.2
(17.2)
−2.1
(28.2)
2.7
(36.9)
6.4
(43.5)
9.8
(49.6)
13.9
(57)
12.8
(55)
7.0
(44.6)
2.5
(36.5)
−2.1
(28.2)
−6.6
(20.1)
2.13
(35.83)
降水量 mm (inch) 46.3
(1.823)
43.6
(1.717)
49.4
(1.945)
49.8
(1.961)
37.8
(1.488)
3.7
(0.146)
2.0
(0.079)
1.8
(0.071)
0.8
(0.031)
20.7
(0.815)
26.9
(1.059)
40.9
(1.61)
323.7
(12.745)
平均降水日数 11.6 11.1 12.4 12.1 9.5 2.0 1.3 1.6 1.0 5.6 6.8 10.1 85.1
出典: World Meteorological Organisation (UN) [1]

歴史[編集]

ギャンジュ・ナーメ。ダリウスの献詞がある。紀元前5世紀

ハマダーン州はイラン文明で最も古い歴史をもつ地域の一つで、州内の遺跡がこれを物語る。詩人フェルドウスィーによると、神話時代、偉大なる王ジャムシードにより建設されたという伝説をもつ。今日のハマダーンは、古代オリエントのメディア王国の首都エクバタナであった。

ヘロドトスによれば、紀元前8世紀ころ、デイオケスという人物が現れてメディアを統合し、エクバタナに7重の城壁(ハフト・ヘサール)を巡らせて都として成長させたとある。当時はバビロンの塔に劣らぬ偉容を誇ったという。その後も、メディアの歴代王によって、周辺の開発が進み、帝国の巨大な首都へと変貌していったとされる。

メディア滅亡後も、アケメネス朝ペルシアおよびアルサケス朝の夏の都(夏営地)として栄え、サーサーン朝時代にも夏の宮殿が置かれた。

642年ニハーヴァンドの戦いがあり、ハマダーンはアラブの手に落ち、繁栄は衰退にかわった。ブワイフ朝下でも多くの害を被るが、11世紀にはセルジューク朝バグダードから再遷都した。

ハマダーンは支配勢力の権力の盛衰にともない常に襲撃の的となったが、ティムールの侵攻では完全に破壊され、繁栄を取り戻すのはサファヴィー朝の時代である。18世紀には都市はオスマン朝に降伏するが、英傑ナーディル・シャー・アフシャールによって押し返し、オスマン朝との和平によって、再びイランに戻った。

ハマダーンの街は東西交易路、イラン西部の交通の大動脈上に位置し、近代に至るまで交易・商業から大きな利益を得た。

今日のハマダーン[編集]

高等教育機関[編集]

  1. イブン・スィーナー大学
  2. ハマダーン医科大学
  3. イスラーム自由大学ハマダーン
  4. イスラーム自由大学トイセルカーン

旧跡[編集]

州内には歴史的遺産が多く、イラン文化遺産協会には442ヵ所が登録されている。そのうち以下のようなものが有名。

  1. 詩人バーバー・ターヘル廟
  2. ギャンジュ・ナーメ(ダーラヤワウ大王(ダレイオス1世)の献詞)
  3. エステルおよびモルデカイ
  4. アリー・サドル(アルデレス)洞
  5. イブン・スィーナー
  6. ギャンジュ・ナーメの滝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ World Weather Information Service – Hamedan”. United Nations. 2011年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]