マクラッケン郡 (ケンタッキー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンタッキー州マクラッケン郡
マクラッケン郡の位置を示したケンタッキー州の地図
郡のケンタッキー州内の位置
ケンタッキー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1825年
郡名の由来 バージル・マクラッケン、フレンチタウンの戦いで戦死した民兵大尉
郡庁所在地 パデューカ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

694 km2 (268.08 mi2)
650 km2 (251.02 mi2)
44 km2 (17.05 mi2), 6.36%
人口
 - (2010年)
 - 密度

65,565人
101人/km2 (261人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.mccrackencountykentucky.com

マクラッケン郡: McCracken County)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州の西部、ジャクソン買収地に位置するである。2010年国勢調査での人口は65,565人であり、2000年の65,514人から0.1%増加した[1]郡庁所在地は唯一の法人化都市であるパデューカ市(人口25,024人[2])である。

マクラッケン郡はイリノイ州にも跨るパデューカ小都市圏に属している。

歴史[編集]

マクラッケン郡は1825年にヒックマン郡から分離して設立された。郡名はウッドフォード郡の出身であり、米英戦争中にミシガン州(当時はミシガン準州)で起きたフレンチタウンの戦いで戦死した民兵大尉バージル・マクラッケンに因んで名付けられた。

南北戦争中の1864年3月25日、郡内でパデューカの戦いが起こった。この北軍南軍の間の小戦闘は南軍の勝利で終わった。両軍合わせて140人が犠牲になった。

国政への代表状況[編集]

マクラッケン郡は、アメリカ合衆国下院議員のケンタッキー州第1選挙区に属している。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は268.08平方マイル (694.3 km2)であり、このうち陸地251.02平方マイル (650.1 km2)、水域は17.05平方マイル (44.2 km2)で水域率は6.36%である[3]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • クラークス川国立野生生物保護区(部分)

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1830 1,297
1840 4,745 265.8%
1850 6,067 27.9%
1860 10,360 70.8%
1870 13,988 35.0%
1880 16,262 16.3%
1890 21,051 29.4%
1900 28,733 36.5%
1910 35,064 22.0%
1920 37,246 6.2%
1930 46,271 24.2%
1940 48,534 4.9%
1950 49,137 1.2%
1960 57,306 16.6%
1970 58,281 1.7%
1980 61,310 5.2%
1990 62,879 2.6%
2000 65,514 4.2%
2010 65,565 0.1%

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 65,514人
  • 世帯数: 27,736 世帯
  • 家族数: 18,444 家族
  • 人口密度: 101人/km2(261人/mi2
  • 住居数: 30,361軒
  • 住居密度: 48軒/km2(121軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.4%
  • 18-24歳: 7.9%
  • 25-44歳: 28.1%
  • 45-64歳: 24.7%
  • 65歳以上: 15.9%
  • 年齢の中央値: 39歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 90.5
    • 18歳以上: 86.3

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 29.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 51.1%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.2%
  • 非家族世帯: 33.5%
  • 単身世帯: 29.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.31人
    • 家族: 2.86人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 33,865米ドル
    • 家族: 42,513米ドル
    • 性別
      • 男性: 36,417米ドル
      • 女性: 22,704米ドル
  • 人口1人あたり収入: 19,533米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 15.1%
    • 対家族数: 11.4%
    • 18歳未満: 21.9%
    • 65歳以上: 12.3%

都市と町[編集]

都市[編集]

国勢調査指定地域[編集]

  • ヘンドロン
  • マサック
  • リードランド
  • ウッドローン・オークデール

未編入の町[編集]

  • ローンオーク
  • ウェストパデューカ

教育[編集]

郡内の公共教育は下記2つの教育学区が管轄している。

  • マクラッケン郡公共教育学区、パデューカ市の大半を除く郡全体を管轄している
  • パデューカ公共教育学区

私立学校も幾つか幼稚園生から12年生までの教育を行っている。

高等教育機関[編集]

高等教育はケンタッキー州コミュニティ工科カレッジシステムに属する西ケンタッキー・ミュニティ工科カレッジが担当している。このシステムに入っている他のカレッジと同様、准学士の学位を出している。州内最大の公立大学であるケンタッキー大学が、その工業カレッジの支部キャンパスを西ケンタッキー・ミュニティ工科カレッジと同じ所で運営している。

マレー州立大学のパデューカ地域キャンパスはパデューカ市の南側にあり、学士号と修士号を出している。2008年9月12日、マレー州立大学の理事会が新しいパデューカキャンパスを建設するために、西ケンタッキー・ミュニティ工科カレッジに近い23エーカー (92,000 m2) の土地を購入する案の実行を承認した。マレー州立大学は2009年4月6日に土地の所有権を得た。2011年5月、マレー州立大学、パデューカ市、マクラッケン郡郡政委員会、パデューカ圏経済開発委員会の間に、新しい施設建設資金に関する合意が成立した。床面積40,000平方フィート (3,700 m2) の建物の起工式は2012年5月31二に行われ、2013年12月の完工を予定している。マレー州立大学はこの新施設が完成すれば、学部と大学院の課程を拡張する考えである。

ミッド・コンティネント大学はパデューカ市で学士課程の教育を行っており、また修士号も出している。パデューカ市の西ケンタッキー・ミュニティ工科カレッジと新しいマレー州立大学キャンパス近くに広さ19エーカー (76,000 m2) のキャンパスを建設する計画を策定中である。私立のデイマー・カレッジ/パデューカ工科カレッジは幾つかの教育課程を教えている。さらにリンゼー・ウィルソン・カレッジが西ケンタッキー・ミュニティ工科カレッジで人間科学課程を開講しており、マッケンドリー大学は看護学学士課程を開講している。西ケンタッキー大学はパデューカ市で社会福祉修士課程を開いている。

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - McCracken County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Paducah, Kentucky - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度04分 西経88度43分 / 北緯37.06度 西経88.72度 / 37.06; -88.72