マクリーン郡 (ケンタッキー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンタッキー州マクリーン郡
McLean County Courthouse Kentucky.jpg
カルフーン市にあるマクリーン郡庁舎
マクリーン郡の位置を示したケンタッキー州の地図
郡のケンタッキー州内の位置
ケンタッキー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1854年
郡名の由来 オルニー・マクリーン、アメリカ合衆国下院議員(在任1815年-1817年、1819年-1821年)
郡庁所在地 カルフーン
最大の都市 リバーモア
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

663 km2 (256.17 mi2)
659 km2 (254.30 mi2)
5 km2 (1.88 mi2), 0.73%
人口
 - (2010年)
 - 密度

9,531人
15人/km2 (39人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

マクリーン郡: McLean County)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州の西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は9,531人であり、2000年の9,938人から4.1%減少した[1]郡庁所在地カルフーン市(人口763人[2])であり、同郡で人口最大の都市はリバーモア市(人口1,365人[3])である。

マクリーン郡は、デイビース郡ハンコック郡と共に、オーエンズボロ大都市圏に属しており、都市圏人口は2002年推計で110,314人だった。郡内のどこにおいてもアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。

歴史[編集]

マクリーン郡は、1854年2月6日にケンタッキー州議会で成立した法によって、周辺のデイビース郡、オハイオ郡ミューレンバーグ郡からそれぞれ一部を合わせて設立された。郡名は、ミューレンバーグ郡の郡庁所在地グリーンビル市の設立者で、判事を務めたオルニー・マクリーンに因んで名付けられた。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は256.17平方マイル (663.5 km2)であり、このうち陸地254.30平方マイル (658.6 km2)、水域は1.88平方マイル (4.9 km2)で水域率は0.73%である[4]

特徴的な地形[編集]

マクリーン郡はケンタッキー州の西部炭田地帯に属している。

グリーン川が郡の南東部から北西に横切っている。この川はケンタッキー州内にその全体がある川として最長である。グリーン川に架かる橋は、カルフーン、リバーモア、およびビーチグローブの西にある。郡内のグリーン川は航行が可能であり、カルフーン市にあるアメリカ陸軍工兵司令部の閘門とダム第2号が船の運航を助けている。

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1860 6,144
1870 7,614 23.9%
1880 9,293 22.1%
1890 9,887 6.4%
1900 12,448 25.9%
1910 13,241 6.4%
1920 12,502 −5.6%
1930 11,072 −11.4%
1940 11,446 3.4%
1950 10,021 −12.4%
1960 9,355 −6.6%
1970 9,062 −3.1%
1980 10,090 11.3%
1990 9,628 −4.6%
2000 9,938 3.2%
2010 9,531 −4.1%
http://ukcc.uky.edu/census/21149.txt

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 9,938人
  • 世帯数: 3,984 世帯
  • 家族数: 2,880 家族
  • 人口密度: 15人/km2(39人/mi2
  • 住居数: 4,392軒
  • 住居密度: 7軒/km2(17軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.2%
  • 18-24歳: 8.3%
  • 25-44歳: 27.7%
  • 45-64歳: 25.4%
  • 65歳以上: 14.5%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 96.4
    • 18歳以上: 93.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.3%
  • 結婚・同居している夫婦: 60.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.7%
  • 非家族世帯: 27.7%
  • 単身世帯: 24.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.47人
    • 家族: 2.93人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 29,675米ドル
    • 家族: 35,322米ドル
    • 性別
      • 男性: 28,446米ドル
      • 女性: 19,432米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,046米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 16.0%
    • 対家族数: 13.7%
    • 18歳未満: 21.1%
    • 65歳以上: 18.5%

都市と町[編集]

郡内には法人化された4つの都市がある。人口は2010年国勢調査のものである[2]

  • カルフーン市は人口763人、グリーン川の北岸で郡域の中心にあり、郡庁所在地である
  • リバーモア市は人口1,365人と郡内最大の都市である。郡東部のラフ川とグリーン川が合流する景観の良い地点にある。リバーモアの橋はラフ川を渡ってオハイオ郡のほんの一部に橋塔があり、グリーン川を渡って郡内に戻ってくる

他の2都市はサクラメント市とアイランド市であり、郡の南部にある。

  • サクラメント市では毎年、南北戦争のサクラメントの戦いを再現している。郡内では最大の観光行事である。人口は467人である
  • アイランド市では毎年、木製橋祭が開催されている。人口は458人である。

郡内には他にそこそこの人口があるが、未編入の町が2つある。

  • ビーチグローブは大きい方の町であり、郡のパンハンドル部の丘陵にある
  • ラムジーは歴史ある町であり、グリーン川を挟んでカルフーン市の南岸にある

その他小集落として、カマー、コングルトン、ライツバーグ、エルバ、ポバティ、クレオパトラ、リーモン、ワイマン、パック、セミウェイ、ポプラグローブ、ガフィ、ビューエル、ナッコルズ、リビア、グレンビル、バトンズベリーがある。

教育[編集]

郡内はその全体を管轄する公共教育学区があり、児童生徒数1,700人ほど、高校は1校ある。

  • マクリーン郡高校は生徒数約500人、6年生から8年生の中学を併設している
  • マクリーン郡中学は生徒数約350人である。2006年から2007年の学校年度で、ハンコック郡との最終年試験で第3位、公立学校では第2位になった

2つの学校はカルフーン市の東、ケンタッキー州道136号線沿いにあり、クーガーをマスコットにしている。

さらにカルフーン市、リバーモア市、サクラメント市には幼稚園生から5年生を教える小学校3校がある。カルフーン市とリバーモア市の小学校はそれぞれ児童数約300人、サクラメント小学校は同125人である。現在サクラメント小学校の今後が問題にされており、地元教育委員会は、資金さえ得られれば、学校を改修する計画を承認した。

郡住民の350ないし400人は、常に何らかの形で高等教育機関に入っている。

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - McLean County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ a b American FactFinder - Calhoun, Kentucky - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Livermore, Kentucky - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度32分 西経87度16分 / 北緯37.53度 西経87.26度 / 37.53; -87.26