ポール・ボルカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ボルカー


大統領経済回復諮問委員会委員長
任期
2009年2月6日 – 2011年2月23日
大統領 バラク・オバマ
前任者 新設
後任者 ジェフリー・イメルト
(雇用・競争力検討会議長)

任期
1979年8月6日 – 1987年8月11日
大統領 ジミー・カーター
ロナルド・レーガン
前任者 ウィリアム・ミラー
後任者 アラン・グリーンスパン

任期
1975年5月2日 – 1979年8月5日
前任者 アルフレッド・ヘイズ
後任者 アンソニー・ソロモン

出生 1927年9月5日(87歳)
ニュージャージー州ケープ・メイ
本名 ポール・アドルフ・ボルカー・ジュニア
政党 民主党
母校 プリンストン大学
ハーバード大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
専業 エコノミスト

ポール・アドルフ・ボルカー・ジュニアPaul Adolph Volcker, Jr., 1927年9月5日 - )は、米国エコノミストで、カーターレーガン政権下(1979年 - 1987年)で第12代連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めた。ロンドン大学スクール・オブ・エコノミクスフェロー。

生い立ち[編集]

ボルカーは1927年ニュージャージー州ケープ・メイでユダヤ人の一家に生まれた。父親はポール・アドルフ・ボルカー、母親はアルマ・ルイーズ(旧姓クリッペル)であった[1][2]。彼はティーネックで成長し、父親は郡区の初代区長であった。幼少時ボルカーは母親の信仰のルーテル教会に通ったが、父親は米国聖公会の信者であった。

ボルカーはティーネック高校を卒業し[3] 、その後、プリンストン大学政治経済学部、ハーバード大学院で政治経済学修士号を取得。

経歴[編集]

ボルカー・ショック[編集]

ボルカー指導下の米国連銀は、1970年代の米国におけるスタグフレーションを巧拙を抜きにして、とにかく終わらせた業績で知られている。連邦準備制度理事会議長に就任した1979年8月より「新金融調節方式」、いわゆるボルカー・ショックと呼ばれる金融引き締め政策を断行した。

ボルカーの導入した引き締め政策によって、1979年10月にはニューヨーク株式市場は短期間のうちに10%を超える急落を見せた(ボルカー・ショック)[5]。1979年に平均11.2%だったフェデラル・ファンド金利政策金利)はボルカーによって引き上げられて 1981年には20%に達し、市中銀行のプライムレートも同年21.5%に達した。しかし、それと引き換えにGDPは3パーセント以上減少し、産業稼働率は60パーセントに低下、失業率は11パーセントに跳ね上がった。特に、政策目標をマネーサプライに変更したことから、フェデラル・ファンド金利が乱高下することとなり経済の不確実性が高まったことが、不必要に経済状況を悪化させた。

この結果、ボルカー指導下の連銀は、連邦準備制度の歴史上最も激しい政治的攻撃と、1913年の創立以来最も広範な層からの抗議を受けることになった。高金利政策によって建設、農業部門などが受けた影響により、重い債務を負った農民がワシントンD.C.にトラクターを乗り入れて連邦準備制度理事会が本部を置くエックルス・ビル (en) を封鎖する事態にまで至った[6]

そのような中で引き締めを続けることが困難となり、1982年後半、3年続けた金融引き締め政策を断念した。3年間の金融引き締め政策でインフレ率は1981年に13.5%に達していたものが1983年には10パーセント以上も減少し3.2%まで低下するとともに、失業率は大幅に悪化していた[7]。金融引き締めから緩和に転じたことによってアメリカ経済は活気を取り戻し、GDP・産業稼働率は向上し、失業率は低下した。

ボルカー・ルール[編集]

2010年1月21日、オバマ大統領は自らが「ボルカー・ルール」と呼ぶ銀行規制案を提案した。名称はボルカーによる積極的な銀行規制論に因む[8]。発表の場には大統領と共にボルカーが現れた。このルールは商業銀行に対してヘッジファンド及び未上場企業への投資やそれらの所有を禁ずるもので、自己勘定取引についても制限を加えている[9]

2010年2月24日ウォールストリート・ジャーナル紙上に超党派の元財務長官5人の連名でボルカー・ルール支持の声明が発表された。連名には、マイケル・ブルーメンソールニコラス・ブレイディポール・オニールジョージ・シュルツジョン・スノーの名が連なっていた。

2010年3月6日、ドイツでの公演で、商業銀行の自己勘定取引を制限するボルカー・ルールの導入によって高リスク取引を規制し、商業銀行のヘッジファンド化を避ける事でデリバティブ市場の透明性を確保する必要があると発言した。取引相手がそのリスク負担を十分把握できない状態でリスクの再配分が行われる事が、世界金融危機_(2007年-)の際にアイスランドギリシャシステミック・リスクを招いたことへの反省を念頭に置いたもの。

2012年2月22日フィナンシャル・タイムズ紙に、日本の安住淳財務相と英国ジョージ・オズボーン英語版財務相が連名で、外国銀行の流動性が損なわれること、国債発行が難しくなることへの懸念を表明した[10]。ボルカーは3月14日にワシントンであらためてボルカー・ルールの2012年7月導入を訴えた。同日、英国財務省は3月21日にオズボーン財務相が戦時国債英語版以来の永久国債発行検討を正式に発表する情報を公開していた。

人物[編集]

連邦準備銀行理事会の前議長でインフレを制御下に置いたことで知られるポール・ボルカーは、レーガン政権から規制緩和を進めるには不適任と見られて解任された[12]

  • ボルカーはウォール街関係者による決まり文句に反駁することで知られている。en:The Week 誌の2010年2月5日号によれば、彼は「金融手法の革新」(financial innovation) が健全な経済に必要だという保守的な考え方さえ買わない。実際、彼の持論の一つは「銀行の革新で有意義だったのは唯一ATMだけだ」である[13]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ http://www.teaneck.org/virtualvillage/Manager/volcker2.html
  3. ^ Treaster, Joseph B. "Paul Volcker: The Making of a Financial Legend", Accessed July 6, 2007. "Donald W. Maloney, another Teaneck High School graduate, entered Princeton along with Volcker. Although they had been in the same homeroom at Teaneck High for several years and had been high achievers, they had not been especially close."
  4. ^ Paul A. Volcker - Council on Foreign Relations
  5. ^ 「ボルカー・ショック」ふたたび”. ストックステーション. 2010年6月25日閲覧。
  6. ^ Shull 2005, p. 142
  7. ^ “To Treat the Fed as Volcker Did”. The New York Times. (2008年12月4日). http://www.nytimes.com/2008/11/05/business/05views.html 2010年2月1日閲覧。 
  8. ^ Obama's 'Volcker Rule' shifts power away from Geithner”. ワシントン・ポスト (2010年1月22日). 2010年2月13日閲覧。
  9. ^ Conway, Brendan (2010年1月26日). “'Volcker Plan' Bank Units Worth Tens Of Billions”. ダウ・ジョーンズ. 2010年1月27日閲覧。
  10. ^ http://www.ft.com/intl/cms/s/0/5e4cee7c-5ca0-11e1-8f1f-00144feabdc0.html
  11. ^ Robert D. Hershey Jr., "Volcker Out after 8 Years as Federal Reserve Chief; Reagan Chooses Greenspan", New York Times (June 3, 1987)
  12. ^ Gardels, Nathan. Stiglitz: The Fall of Wall Street Is to Market Fundamentalism What the Fall of the Berlin Wall Was to Communism, The Huffington Post, September 16, 2008. Accessed September 27, 2009.
  13. ^ "Spotlight" in The Week, 2010 February 5 (Volume 10 Issue 449), p. 38.

参考文献[編集]

  • Shull, Bernard (2005), The Fourth Branch: The Federal Reserve's Unlikely Rise To Power And Influence, Praeger/Greenwood, ISBN 1567206247 

外部リンク[編集]

公職
先代:
アルフレッド・ヘイズ
ニューヨーク連邦準備銀行総裁
1975年 - 1979年
次代:
アンソニー・ソロモン
先代:
ウィリアム・ミラー
FRB議長
1979年 - 1987年
次代:
アラン・グリーンスパン
New office 大統領経済回復諮問委員会委員長
2009年 - 現在
次代:
ジェフリー・イメルト