ジョン・コナリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・コナリー
John Connally
John Connally.jpg
生年月日 1917年2月27日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州フローレスヴィル英語版
没年月日 1993年6月15日(満76歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
出身校 テキサス大学ロー・スクール
所属政党 民主党 (1946年 – 1973年)
共和党 (1973年 – 1993年)
親族 メリル・コナリー英語版(弟)
ウェイン・コナリー英語版(弟)
配偶者 ネリー・コナリー英語版
サイン John B Connally sig.jpg

任期 1971年2月11日 - 1972年6月12日
大統領 リチャード・ニクソン

テキサス州の旗 第39代テキサス州知事
任期 1963年1月15日 - 1969年1月21日
副知事 プレストン・スミス

任期 1961年1月25日 - 12月20日
大統領 ジョン・F・ケネディ
テンプレートを表示

ジョン・ボウデン・コナリー・ジュニア英語: John Bowden Connally, Jr., 1917年2月27日 - 1993年6月15日)は、アメリカ合衆国テキサス州の政治家。その生涯で民主党共和党の両方に所属した。

生涯[編集]

テキサス州フローレスヴィル英語版に生まれ、テキサス大学を卒業して学士号を取得、同大学ロー・スクールを卒業後、第二次世界大戦中にアメリカ海軍に勤務し、北アフリカ太平洋戦線に従軍した。この時リンドン・ジョンソンと生涯に渡る親交を結んだ。1946年少佐として除隊し、弁護士となった。コナリーの顧客には、石油で財をなしたことで有名なシド・リチャードソン英語版がいた。

1960年民主党全国大会英語版でジョンソンを支援したことがきっかけで、1961年ジョン・F・ケネディ大統領海軍長官にコナリーを指名したが、就任11か月後にテキサス州知事選出馬のため辞職した。民主党から出馬して1962年11月にテキサス州知事に当選、1963年から1969年まで在任した。1963年11月22日にはテキサス州ダラスでケネディ大統領の自動車に同乗し、大統領が暗殺された時、同時に重傷を負った(ケネディ大統領暗殺事件)。

リチャード・ニクソン大統領により1971年財務長官に任命され、1972年まで務めた。ヨーロッパからの議員代表団が合衆国を訪問したとき、代表団はドルとの為替相場変動について憂慮している旨の意見を投じたが、コナリーは「あなたたちは問題視しているかもしれないが、我々の通貨だ」と返答した[1]

また政権内部において最も発言力のあるメンバーの1人となり、インフレーション緩和と工業生産力の向上を意図した経済計画を提示した。ニクソン政権のチーフ・スポークスマンとも呼ばれ、自身で企画・立案した計画を議会に提示した。

1973年1月には長年の友人だったリンドン・ジョンソンが死去し、葬儀に参列した。その4カ月後に共和党に加入した。副大統領スピロー・アグニュー1973年に辞職した際には、ニクソンの副大統領候補の一人であった。その後、1980年アメリカ合衆国大統領選挙での共和党候補指名に落選した。

1993年6月15日肺線維症のため死去した。ニクソンはパット夫人の看病中だったがコナリーの葬儀に参列した(パット夫人は一週間後の6月22日に死去した)。コナリーは夫人と共にオースティンテキサス州立墓地英語版に埋葬されている。

人物[編集]

  • コナリーは妻ネリーと共に昼メロに熱中していた。1976年1月12日の『タイム』誌の記事では、彼らが「愛の物語」を視聴中には何があっても中断しないだろうと語ったことが伝えられた。
  • 現在では、コナリーを顕彰してテキサス州の道路、刑務所、高等学校などにその名が付けられている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ウィリアム・B・フランケ
アメリカ合衆国海軍長官
1961年1月25日 - 1961年12月20日
次代:
フレッド・コース
先代:
プライス・ダニエル
テキサス州知事
1963年1月15日 - 1969年1月21日
次代:
プレストン・スミス
先代:
デヴィッド・ケネディ
アメリカ合衆国財務長官
1971年2月11日 - 1972年6月12日
次代:
ジョージ・シュルツ