ジョージ・ハンフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
G.M.ハンフリー

ジョージ・マゴフィン・ハンフリーGeorge Magoffin Humphrey, 1890年3月8日-1970年1月20日)は、アメリカの法律家、実業家であり、アイゼンハワー大統領の下で財務長官(第55代、在任:1953年1月21日-1957年7月29日)を務めた人物である。

ハンフリーは、1890年3月8日に、弁護士のワッツ・S・ハンフリーとその妻キャロライン・マゴフィン・ハンフリーの子として、ミシガン州シボイガンで誕生した。同州サギノー郡の公立学校で学んだ後、ミシガン大学で法律を学び、1912年にミシガン州の司法試験に合格し、父の経営する法律事務所において弁護士業を始めた。1913年には、サギノー郡の学校での同級生だったパメラ・スタークと結婚した。後に、夫婦の間には、2男2女が生まれる。

1917年に、父の法律事務所を辞め、オハイオ州の製鋼メーカー、M・A・ハンナ・アンド・カンパニー (M. A. Hanna and Company) の顧問(社内弁護士)となり、1920年に共同経営者の一人となる。その後、副社長を経て、1929年、社長に就任。1952年に会長に退くまでの期間、積極的な経営戦略をとり、同社の事業範囲をプラスチック事業や天然ガス事業、さらには銀行業などにまで多角化させ、同社を大いに発展させた。

ハンフリーが国政と関わるようになったのは、1940年代後半からで、実業界の代表として経済問題を扱う複数の諮問会議の委員に選ばれた。1949年商務省の商業諮問委員会 (Business Advisory Council) の議長に就任し、翌年には、全米の炭鉱業界における労使間闘争の仲介などの功績を残した。そして、1952年の大統領選では、共和党候補のドワイト・アイゼンハワーを支持し、選挙資金の面で大いに貢献した。

大統領に当選したアイゼンハワーは、財務長官としてハンフリーを指名した。ハンフリーは、その指名を受諾し、M.A.ハンナ・アンド・カンパニー、および、その多くの子会社での役職を全て辞職した。

1953年1月20日、ハンフリーは63歳で財務長官に就任した。彼は、1951年以来の財政赤字を解消すると共にインフレーションを抑制するため、政府支出の削減、所得税減税、超過利得税の廃止、税制の不公平の是正を提案し、その法案は連邦議会で可決された。この財政政策は、1956年会計年度において財政黒字への転換をという成果をもたらし、アイゼンハワー政権下のアメリカ合衆国は好景気に沸いた。

1957年7月29日、ハンフリーは財務長官を辞職した。彼はオハイオ州クリーブランドで余生を送り、1970年1月20日に死去し、クリーブランドのレイク・ビュー墓地 (Lake View Cemetery) に埋葬されている。

外部リンク[編集]


先代:
ジョン・スナイダー
アメリカ合衆国財務長官
1953年 - 1957年
次代:
ロバート・アンダーソン