ドナルド・リーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルド・トマス・リーガン
Donald Thomas Regan.jpg
生年月日 1918年12月21日
出生地 マサチューセッツ州ケンブリッジ
没年月日 2003年6月10日(84歳)
死没地 バージニア州ウィリアムズバーグ
出身校 ハーバード大学
現職 企業家, 政治家
所属政党 共和党
配偶者 アン・ブキャナン・リーガン

第66代
任期 1981年1月22日 - 1985年2月1日
元首 ロナルド・レーガン

第11代
任期 1985年 - 1987年
元首 ロナルド・レーガン
テンプレートを表示

ドナルド・トマス・リーガンDonald Thomas Regan, 1918年12月21日 - 2003年6月10日)は、アメリカ合衆国政治家ロナルド・レーガン大統領の下で財務長官首席補佐官を務めた。

リーガンはレーガン政権においてサプライサイド経済学を提言し、雇用創出のための減税を行うことで供給面からの経済刺激を図った。リーガンはレーガン政権内部で大きな発言力を有していたことからアメリカ合衆国の首相とも呼ばれ、イラン・コントラ事件への関与では大きな非難を浴びた。

生涯[編集]

青年期[編集]

1918年、リーガンはマサチューセッツ州ケンブリッジにおいて、アイルランド系のカトリック教徒の家系に生まれた。1940年、リーガンはハーバード大学英語学科を卒業しハーバード法学大学院に進んだが、第二次世界大戦の勃発によりアメリカ海兵隊入隊。主に太平洋戦区で活動し、ガダルカナル島沖縄などで計5回の軍事作戦に参加した。

実業家時代[編集]

終戦後の1946年、リーガンはメリル・リンチ社に営業担当の幹部候補生として入社した。リーガンはそこで出世街道を歩み、1971年に会長兼最高経営責任者CEO)に就任した。そしてリーガンは1980年までメリル・リンチ社の会長兼最高経営責任者を務めた。またリーガンは、1973年から1975年までニューヨーク証券取引所の副会長を務めた。

リーガンは株式公開の重要性を主張し、ウォール街の近代化の一端を担った。そしてメリルリンチ社は1971年6月23日に株式公開を行い、ウォール街ではドナルドソン・ラフキン・ジャンレット社に続く2社目の上場企業となった。

財務長官時代[編集]

1981年ロナルド・レーガン大統領はリーガンを財務長官に指名し、サプライサイド経済学に基づく経済政策を推し進めた(レーガノミックスと呼ばれた)。リーガンは税制改革を実施し、企業の負担を軽減し雇用創出を促すために所得税率を引き下げた。リーガンは1985年大統領首席補佐官へと役職を換え、ジェイムズ・ベイカー財務長官とともに経済政策の大規模な転換を図った。

晩年[編集]

晩年、リーガンは妻のアン・ブキャナン・リーガンとともにバージニア州で静かに暮らした。そして毎日10時間にわたってアトリエにこもり、風景画を描き続けた(数千ドルの値打ちが付いたものもある)。リーガンは、4人の子供と9人の孫に恵まれた。

2003年、リーガンはバージニア州ウィリアムズバーグの自宅で、癌により84歳で死去した。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ウィリアム・ミラー
アメリカ合衆国財務長官
1981年1月22日 - 1985年2月1日
次代:
ジェイムズ・ベイカー
先代:
ジェイムズ・ベイカー
アメリカ合衆国大統領首席補佐官
1985年 - 1987年
次代:
ハワード・H・ベーカーJr.