デヴィッド・M・ケネディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・M・ケネディ

デヴィッド・マシュー・ケネディ(David Matthew Kennedy, 1905年7月21日 - 1996年5月1日)は、アメリカ合衆国実業家、経済学者および財務長官であった。

プロフィール[編集]

ケネディはユタ州ランドルフで、牧場主でユタ州政府に勤めていた父ジョージと母キャサリンの間に生まれた。幼少時はケイスビルやオグデンで育ち、公立学校に通い、1928年にウィーバー州立大学を卒業して学士号を取得した。その後ジョージ・ワシントン大学から1935年に法学位、1937年に法学博士号を得た。1939年にはラトガース大学のStonier Graduate School of Banking を卒業している。また、1925年にはソルトレーク寺院でレノーラ・ビンガムと結婚し、その後まもなくイギリスリヴァプール末日聖徒イエス・キリスト教会の務めを果たした[1]

ケネディは1928年、連邦準備制度理事会理事会のためのスタッフ・メンバーという彼の最初の公職を得た。この間に、彼は財政的な経験を確立して、後で当時の連邦政府議長マリナー・エクルズの補佐人となる。そしてジョージ・ハンフリー財務長官の下で負債管理の特別助手を務め、さらに1930年から1945年まで連邦準備制度理事会の委員として議長補佐を務めた。

その後経歴の大半をコンチネンタル・イリノイ銀行での勤務で過ごす。契約部から始まり、最終的にはCEOに就任した。なお同銀行はケネディの元でイタリアマフィアマネーロンダリングを行っていたミケーレ・シンドーナや、シンドーナと親しいカトリック大司教ポール・マルチンクスとの関係を持ったことが議論を呼んだ。

1962年10月にジョン・F・ケネディ大統領(血縁関係はない)は、ケネディをアメリカ合衆国衛星通信システム運用のための民間会社のメンバーに任命する。ケネディは1964年に重役に選任された。

1969年にリンドン・B・ジョンソン大統領は、ケネディを予算案委員会の議長に任命した。ケネディは1969年、ニクソン大統領の下で第60代財務長官に就任する。ケネディは1971年まで同職を務めた。

1976年には米ビジネス会議を設立し、1990年まで14年間議長職を務めた。 1985年にブリガムヤング大学では国際留学生のために「デービッド・ケネディ・センター」として彼の名誉ある名称が名づけられた。

彼は1996年にユタ州ソルトレイクシティで、心血管疾患で死去した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b en:David M. Kennedy(ウィキペディア英語版)

関連項目[編集]

先代:
ジョセフ・W・バー
アメリカ合衆国財務長官
1969 - 1971
次代:
ジョン・コナリー