ペトロパブロフスク (戦艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Petropavlovsk-Helsingfors.jpg
Петропавловск,ヘルシンキ撮影
Marat1939.jpg
Марат,1939撮影
艦歴
発注:
起工: 1909年6月3日
進水: 1911年8月27日
就役: 1914年12月4日
大破着底: 1941年9月23日
除籍: 1953年9月4日
性能諸元
排水量: 常備:23,360t
全長: 181.2m
全幅: 26.6m
吃水: 8.4m
機関: パーソンズ式直結タービン4基4軸推進
42,000馬力
最大速: 23kn
乗員: 1126名
兵装: 305mm砲3連装4基
120mm砲単装10基(竣工時16基)
76.2mm単装砲6基
37mm機関砲14基
12.7mm機関銃10基
7.62mm機関銃89基
魚雷発射管457mm4門
装甲: 水線229mm
甲板76mm
砲塔203mm
バーベット203mm
司令塔245mm

ペトロパブロフスクロシア語:Петропавловск英語:Petropavlovsk)は1911年に進水したロシア帝国海軍戦艦。後にソヴィエト連邦海軍の戦艦マラートロシア語:Марат英語:Marat)となった。

当初艦名のペトロパブロフスク(ペトロパヴロフスク、ピトロパーヴラフスク)とは、クリミア戦争時のペトロパブロフスクの戦いに由来する。同名の艦船には、日露戦争で沈んだペトロパブロフスク級戦艦ペトロパブロフスク (戦艦・初代)」、アドミラル・ヒッパー級重巡洋艦リュッツオウ」の後身である「ペトロパブロフスク」(1940年11月2日にドイツから購入、1944年9月1日まで)、ビェールクト型巡洋艦ペトロパブロフスク (大型対潜艦)」(1976年12月29日から1994年5月まで)がある。

マラートはフランスの革命家ジャン=ポール・マラーに因んでいる。

最終的にはラドガ湖に流れ込むヴォルホフ川に因みヴォルホフ(Волхов)と改名され、大損害から復帰する際、戦艦から砲術練習艦に艦種も変更される。

第2次世界大戦以前の艦歴[編集]

1914年、ペトロパブロフスクはロシア海軍最初の弩級戦艦ガングート級戦艦の2番艦として他の同型艦3隻と共に竣工した。外見的にはイタリア戦艦ダンテ・アリギエーリに似ているが、オーストリアのテゲトフ級戦艦を基にしたドイツ式の設計の影響が大きいという説もある。最初は対独戦に参加していたが、ロシア革命によるソヴィエト政府の対ドイツ単独講和により、かつての同盟国である連合国側に攻撃され、1919年8月18日、クロンシュタット軍港でイギリスの魚雷艇(CMB31,88)の雷撃により浸水着底するが、第2次世界大戦時の損害よりは軽く、浮揚修理される。

1921年3月、内戦の大勢が決したにもかかわらず市民生活の改善が行われないことに対し、ペトロパブロフスクの艦上で開かれた乗組員集会において革命の民主化とボリシェヴィキの打倒を求めるスローガンが採択され、同戦艦の乗員ステパン・ペトリチェンコПетриченко(操舵係将校)en:Stepan Petrichenko)、パトローチェフ(主任電気技術兵)の2名が臨時革命委員会委員となった。事態は緊迫化して行き水兵達はクロンシュタットの反乱を起こすが、ミハイル・トゥハチェフスキーがこの反乱を鎮圧した。

赤軍は4000人以上の戦傷者を出し、反乱側は死傷者不明ながら「共産主義黒書」によれば鎮圧後2103人が死刑の判決を受け、6459人が投獄され、8000人の反乱軍兵士がフィンランドへ亡命するという恐ろしい結果に終わった。なお、この反乱鎮圧に主要な役割を果たしたトハチェフスキー、グリゴリー・ジノヴィエフペトログラード・ソヴェト議長、レフ・トロツキー陸海軍人民委員、ラシェヴィチ革命軍事委員会委員、ドィベンコ(ペトログラード地区守備隊指揮官)、ヴィトフト・プトナ(ロンドン駐在武官)、ゲオルギー・ピャタコフといった人々は後に大粛清により非業の死を遂げた。また、フィンランドへ亡命した反乱兵は、後に冬戦争でソ連がフィンランド国境地帯を占領した際に強制収容所へ連行するという厳しい報復の対象となった。

関係者に対する厳しい処分の一方、艦自体は貴重な弩級戦艦として整備改装が行われた。結果としてソヴィエト政権時代に新たな戦艦を国産して長期運用することは出来なかったため、本艦は極めて貴重な存在で在り続けた。1921年3月31日、艦名をペトロパブロフスクからフランスの革命家に因んでマラートと改名(1942年に旧名に戻される)、他の同型艦もガングート (戦艦)→十月革命(オクチャブルスカヤ・レヴォルチャ)、セバストーポリ (戦艦)→パリ革命政府(パリスカヤ・コンムナ)、ポルタワ (弩級戦艦)→フルンゼ(ミハイル・フルンゼ第2代ソ連陸海軍人民委員(国防相))と革命色の強いものに改名されるが、放置されたフルンゼ(旧名ポルタワ)以外はガングート、セバストーポリと旧名に戻される。

1928年から1931年に、2年半かけて近代化改装、これにより艦橋構造物の大型化と第一煙突の屈曲・誘導化で艦型が一新。

1933年8月7日、第2砲塔の爆発事故により68名の犠牲者発生。

1937年5月10日から6月5日、英国のジョージ6世戴冠記念観艦式に参加。

第2次世界大戦以後の艦歴[編集]

1939年12月19日、ソビエト連邦とフィンランドの間に起こった冬戦争に参加しコイビストを砲撃。

1941年6月22日、独ソ戦開始時ニコライ・クズネツォフ提督の判断でタリンからクロンシュタット軍港に後退していた為、タリン撤退に伴う損害を蒙る事から逃れるが、レニングラード包囲戦の進展に伴い独軍航空機の攻撃だけでなく地上軍の砲撃にも晒され、それに反撃してソ連地上部隊を支援する艦砲射撃も行われた。9月23日、ドイツ空軍の急降下爆撃機Ju 87による爆撃で1t爆弾が第一煙突付近に命中しマラートは大損害を受け2番主砲塔より前部を失い大破着底、П.К.Иванов(P.K.Ivanov)司令官以下乗員362名が戦死した。この時の爆撃機のパイロットがハンス・ウルリッヒ・ルーデル(Hans-Ulrich Rudel)大佐(最終階級)である。10月31日、砲撃能力のみの応急修理が成功し、以後前部を失ったままで地上部隊への支援砲撃を行うが、船体ダメージよりも燃料不足による出力不足で砲撃できる機会は限られていた。12月12日及び23日、ドイツ軍の203mm砲弾が3発命中。12月28日、280mm砲弾2発命中。

1942年10月25日、305mm砲弾が3発命中。11月6日、292mm砲弾が1発命中。年末、マラートの砲兵装、3基の305mm3連装主砲、3基の34口径76mm砲、5基の70口径37mm機関砲、2基のDK機銃、3基のDSHK機銃を取り外し、陸上の戦線に移動。更に57箇所の区画隔壁間の空所にセメントを流し込み、後部艦橋付近の水平甲板の装甲を強化。

1943年5月31日、マラートは艦名を旧名ペトロパブロフスクに戻す。10月8日、203mm砲弾が1発命中。

1944年1月、ソ連軍の全面反攻により漸くレニングラードの包囲は完全に解かれるが、ペトロパブロフスクの本格的な修理と改装は戦後数年経ってから漸く行われる。

1950年11月28日、艦名をペトロパブロフスクから今度はヴォルホフ川に因んでヴォルホフ(Волхов)と改名される。

1951年9月25日、砲術練習艦として復帰。

1953年9月4日除籍。

画像[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

http://ship.bsu.by/images.asp?id=6799  更にこのサイトには航空攻撃による損害状況が製図で表されており、艦橋前後に500kg爆弾2発が命中したとなっている

  • (de) zdjęcia Marataドイツ語のページ セミョーン・ブジョーンヌイ元帥のマラート観閲写真あり
  • [2] 英文の艦船模型サイト、此処には艦首を切断され着底したマラートの上空写真あり
  • [3]クロンシュタット反乱の詳細
  • [4]奥野氏翻訳のヴァジム・ゲルマノヴィチ・ビニマンスキー(マラート大破時のエンジニア水兵)インタビュー
  • [5]戦後ベトロパブロフスクの改装案、3番砲塔を撤去し対空兵装を増強