ステパン・ペトリチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステパン・ペトリチェンコ
Степан Петриченко
Petrichenko.jpg
ステパン・ペトリチェンコ(1921年)
生年: 1892年
生地: ロシア帝国の旗 ロシア帝国、ニキテンコ
没年: 1947年6月2日
没地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Russian SFSR (1937-1954).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ウラジーミル
活動: GPUエージェント
所属: 社会革命党
裁判: 収容所10年

ステパン・マクシモヴィッチ・ペトリチェンコロシア語: Степан Максимович Петриченко1892年 - 1947年6月2日)は、ロシア帝国海軍の水兵で、クロンシュタットの反乱の首謀者の1人。後にソビエト連邦スパイとなる。

生涯[編集]

1917年、フィンランド内戦で、ヘルシンキに上陸した戦艦ペトロパヴロフスクの乗組員たち

ニキテンコ(現在のカルーガ州)出身。1914年から水兵。戦艦ペトロパヴロフスクの先任書記。1919年からロシア共産党(ボリシェヴィキ)に入党したが、「再登録」時に脱党した。1920年夏、帰郷した時にネストル・マフノ運動に呼ばれたが、信条上アナーキストにはならなかった。クロンシュタットの反乱時、蜂起の首謀者となったが、いかなる政治的才能も発揮しなかった。反乱鎮圧後、数千人の参加者と共に、フィンランドに逃れた。

フィンランドでは大工として製材所で働いた。ある日、リガのソビエト大使館を訪れ、GPUのエージェントとなり、フィンランド情勢についてソ連に報告した。

1927年、ラトビア経由でソ連に入国。フィンランド帰国後、ケン市のセルロース工場に落ち着き、1931年まで働いた。その後人員削減により工場を解雇され、ヘルシンキに転居した。1937年、ソビエト諜報部との協力を一旦拒否したが、その後、仕事を続けることに同意した。ヘルシンキ滞在中、ドイツのソ連侵攻準備に関する重要な情報を提供した。

1941年、フィンランド当局により逮捕。1944年9月25日、ソ連、イギリス、フィンランド間の和平協定に基づき、ペトリチェンコは釈放された。1945年4月21日に再逮捕され、赤軍防諜機関に引き渡された。1945年11月17日、「反革命テロ組織への参加とフィンランド諜報部への所属」に対して、ソ連内務人民委員部(NKVD)附属の特別会議により、収容所10年を言い渡される。1947年6月2日、ソリカムスク収容所からウラジーミル刑務所への護送中に55歳で死亡した。

参考文献[編集]

  • "Кронштадтский мятеж", С.Н.Семанов, М., 2003