ニコライ・クズネツォフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・ゲラシモヴィチ・クズネツォフロシア語: Николай Герасимович Кузнецов, 1904年7月24日 - 1974年12月6日)は、ソ連海軍提督で、第二次世界大戦時の海軍人民委員(海軍大臣)。ソ連邦海軍元帥(1988年)。ソ連邦英雄

RR5111-0045R.gif

生涯[編集]

出自と軍歴[編集]

クズネツォフはアルハンゲリスク州コトラス地区のメドヴェートキ(Медведки)村の農家に生まれた。1919年、彼はソ連海軍北ドヴィナ小艦隊に入隊したが、あと2年経たなければ本来の彼の歳では入隊できないはずであった。軍務記録には、1902年生まれと記載されている。1920年からは、ペトログラードで勤務した。1924年、海軍軍人としてウラジーミル・レーニンの葬儀に参列した。1925年にはボリシェヴィキに入党している。

1926年にフルンゼ名称海軍学校を卒業し、クズネツォフは巡洋艦チェルヴォナ・ウクライナ」に搭乗し、初めは当直士官、後に大尉に昇進した。1932年、彼はレニングラードのヴォロシーロフ名称海軍アカデミー作戦部門(operations department)において、作戦及び戦術の研究を修了した。卒業後、彼は参謀部勤務か、艦船の指揮官か、何れかの選択肢を示された。

クズネツォフは、実戦を経験できるかもしれない機会を逃すのは賢明でないと考え、巡洋艦「クラスヌイ・カフカース」の幹部士官の職を受け取った。そして、わずか1年で彼は昇進した。1934年、彼は再び「チェルヴォナ・ウクライナ」に戻ったが、艦長としてであった。クズネツォフは規律を引き締めることで船を海軍の模範とし、若い艦長は有名になった。

1936年9月5日から1937年8月15日まで、クズネツォフは、ドン・ニコラスの偽名で、海軍駐在武官および海軍主席顧問としてスペイン共和国に派遣され、このスペイン勤務の間に、彼はファシズムに対する嫌悪を抱いた。

1937年8月に帰国し、太平洋艦隊副司令官に任命された。1938年1月10日、彼は флагман 2-го ранга に昇進し、太平洋艦隊司令官に任ぜられた。この地位にあるときに、彼はスターリンの赤軍大粛清に直面した。クズネツォフ自身は決して巻き込まれなかったが、彼の指揮下の多くの将校が粛清された。クズネツォフは至る所でこの粛清に抵抗し、彼の介入で多くのソビエト将校の命が助けられた。

1939年4月28日、34歳で海軍人民委員(海軍大臣)に任命され、その地位は第二次世界大戦を通して保持し続けられた。

第二次世界大戦[編集]

クズネツォフは戦争開始当初、唯一重要な役割を果たした。劈頭において彼が命令無視を決意した事でソビエト海軍の破滅は免れた。1941年6月21日までに、クズネツォフはナチス・ドイツとの戦争の必然性を確信していた。セミョーン・チモシェンコゲオルギー・ジューコフは、ソ連の指揮官が「ドイツの挑発」に応じるのを禁止する命令を発していたが、海軍は陸軍とは異なる省(人民委員部)であったため、クズネツォフは法的には彼らの直接の指揮命令系統の外に位置していた。彼はこの事実を利用し、大胆に行動した。

6月22日の夜明け、クズネツォフは全ソビエト艦隊に戦闘準備を命じた。同日朝の4時45分、ドイツ国防軍バルバロッサ作戦を開始した。ソビエト海軍は、ドイツ軍の当初の進撃に抵抗するよう準備された唯一の軍種であり、その攻撃に対して激しく抵抗し、一隻の船、一機の飛行機も失うことはなかった。

続く2年間、クズネツォフの主要な関心事は、ドイツの侵攻に対するカフカースの防衛にあった。戦争を通じ黒海は、ソ連海軍の作戦上の主要な舞台であった。戦時中、クズネツォフはソ連の陸海挟撃戦法に磨きをかけた。1944年2月、彼は海軍元帥(初めは4つ星の将官と同等の位として新設)の階級が与えられた。同年クズネツォフはソ連邦英雄の称号を与えられた。1945年5月31日より、彼の階級はソ連邦元帥の階級と同一視され、同様の記章が与えられた。

最初の失脚[編集]

1946年から1947年まで軍事次官および海軍総司令官を務めた。

しかし、1947年1月、スターリンの命によりそのポストを外され、同年12月19日、他の提督たちと同じように、海軍軍法会議にかけられた。クズネツォフは中将に降格され、他の提督達は様々な有期刑を受けた。

1951年7月、スターリンはクズネツォフを復帰させ、再び彼を海軍の司令官に任命した(海軍相を兼務)。しかし、彼の階級は1953年のスターリンの死後に戻された。同年、ソ連国防第一次官にも任命されている。1955年クズネツォフは海軍総司令官となった。彼の階級はソ連邦海軍元帥と改名され、元帥星を授与された。

2度目の失脚と退役[編集]

クズネツォフの新進の名声は、ジューコフ元帥との直接衝突をもたらした。戦時中もジューコフと衝突していたが、1955年12月8日、戦艦「ノボロシースク」の損失を口実に、ジューコフは彼をその職務から外した。1956年2月クズネツォフは再び中将の階級に降格させられ、退役し、「海軍と関係のある、ありとあらゆる仕事」を明確に禁じられた。

退役後に彼は、いくつかの長編作品と同じくらいの多くの随筆や論文を執筆し、発表した。その中には、大祖国戦争を取り扱った回想録や公式伝記『勝利への道』が含まれていた。その回想録は、他の多くの著名な指導者たちのものとは異なり、彼自身によって書かれた。

クズネツォフはまた、戦争、スターリンの圧政、そして海軍に関するいくつかの本を著述し、それらは彼の死後に出版された。その中で、彼は軍隊の国内問題に対する党の干渉に非常に批判的であり、そして「国家は法により統治されねばならない」と強調した。

名誉回復[編集]

1957年のジューコフ、および1964年のフルシチョフの引退後、退役軍人会はクズネツォフの階級を、その全ての恩給利益とともに回復させ、そして彼を国防省監察総監の一人にしようとする運動を起こした。これらの要求は常に、特に彼の後任ゴルシコフ提督によって無視され続けた。これは彼の死後、1988年7月26日ソ連最高会議幹部会がクズネツォフを元の階級であるソ連邦海軍元帥に復帰させるまで実現しなかった。クズネツォフは現在、ソビエト史及びソ連海軍史における最も有名な人物の一人として認められている。

著書[編集]

  • «Накануне» - (「前夜」、1966年)
  • «На далеком меридиане» - (「遠くの子午線にて」、1966年)
  • «На флотах боевая тревога» - (「艦隊での戦闘警報」、1971年)
  • «Курсом к победе» - (「勝利への道」、1976年)
  • «Крутые повороты» - (「大転回」、1993年)

顕彰[編集]

レーニン勲章4個、赤旗勲章3個、一等ウシャコフ勲章2個、赤星勲章を受章。

空母アドミラル・クズネツォフに彼の名前が付けられた。

出典[編集]

  • My whole life has been the Soviet Navy. I made my choice when young and have never regretted it.

外部リンク[編集]


先代:
ミハイル・フリノフスキー
ソ連海軍人民委員
1939年 - 1946年
次代:
ヨシフ・スターリン
(軍事人民委員部に統合)
先代:
ミハイル・フリノフスキー
ソ連海軍総司令官
1939年 - 1947年
次代:
イワン・ユマシェフ
先代:
イワン・ユマシェフ
ソ連海相
1951年 - 1953年
次代:
ニコライ・ブルガーニン
(国防省に統合)
先代:
(役職再創設)
ソ連海軍総司令官
1955年
次代:
セルゲイ・ゴルシコフ