ミハイル・フルンゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハイル・フルンゼ
Михаил Фрунзе
Frunze-mikhail.jpg
生年月日 1885年2月2日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ビシュケク
没年月日 1925年10月31日(40歳)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian SFSR 1925-1937.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
所属政党 ロシア社会民主労働党
ロシア共産党(ボリシェヴィキ派)
全連邦共産党(ソビエト連邦共産党

任期 1925年1月26日 - 1925年10月31日
テンプレートを表示

ミハイル・ヴァシーリエヴィチ・フルンゼロシア語: Михаил Васильевич Фрунзеラテン文字表記の例Mikhail Vasilyevich Frunze1885年2月2日(ユリウス暦1月21日) - 1925年10月31日)は、ソビエト連邦政治家ロシア革命前後におけるボリシェヴィキの指導者の一人。ソ連陸海軍人民委員および共和国革命軍事会議議長を務めた。

生涯[編集]

トルキスタンキルギスの首都ビシュケクに生まれる。1903年ロンドンで開かれたロシア社会民主労働党の第2回総会で、運営方針を巡って党がウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキとユーリー・マルトフ率いるメンシェヴィキに分裂した際、フルンゼはボリシェヴィキに参加した。その2年後、1905年第一次ロシア革命でフルンゼは繊維労働者を率いてデモを組織した。革命が失敗すると、フルンゼは逮捕され、死刑を宣告されたが、その後減刑され重労働付きの終身刑となった。

その後シベリアの労働キャンプで10年間過ごす。そこでフルンゼはクラウゼヴィッツジョミニ孫子フリードリヒ大王らの著作を次々と読破し、軍事知識を身に付けていった。のちにフルンゼは脱走しチタへ逃亡した。その地ではボリシェヴィキの機関誌の編集をしていた。

1917年2月革命が勃発すると、フルンゼはミンスク赤衛隊を率いて活動し、ベラルーシソビエト議長に任命された。その後モスクワへ向かい、その地の赤衛隊を用いて町の制圧に貢献した。1918年、フルンゼはイワノヴォ地方の軍事担当人民委員に任命された。ロシア内戦が始まるとフルンゼは南方軍の司令官に任命され、オムスクアレクサンドル・コルチャーク率いる白軍に勝利した。赤軍を束ねるレフ・トロツキーはフルンゼを東部戦線全体の総司令官に任命し、トルキスタンの白軍を制圧するよう命じた。1920年11月、フルンゼは最後まで白軍の統治下にあったクリミア半島を占領、ピョートル・ウランゲリの率いる白軍の残党はフランスなどへ亡命した。続いてネストル・マフノが率いていたウクライナアナーキスト運動を鎮圧した。

1921年、フルンゼは党の中央委員会委員に任命され、1925年1月には陸海軍人民委員・革命軍事会議議長となった。グリゴリー・ジノヴィエフの支援を受けたフルンゼはヨシフ・スターリンと対立していたが、1925年10月31日、腹部手術の際に死亡した。その死についてはスターリンの関与を疑う声がある。遺体はクレムリンの城壁に葬られた。

翌年、生地のビシュケクが彼を記念してフルンゼと改められた。1991年に名称は元へ戻されたが、街の通りや博物館には今もその名が付されている。ソビエト連邦時代、最高峰の軍事教育施設であったフルンゼ軍事大学英語版の名称も彼を記念したものである。モスクワの地下鉄駅には「フルンゼンスカヤ」という名称の駅が存在する。

参考文献[編集]

  • カラバーシキン『第一ロシア革命時代におけるエム・ヴェ・フルンゼの活動』(日本共産党出版局、1951年)
先代:
レフ・トロツキー
ソビエト連邦陸海軍人民委員
1925年1月 - 1925年10月
次代:
クリメント・ヴォロシーロフ