プレイメイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2004年プレイメイト・オブ・ザ・イヤー、カルメッラ・ディセザーレ

プレイメイト: Playmate)はアメリカ合衆国の雑誌『PLAYBOY』各号に呼び物として掲載される女性ヌードモデル

概要[編集]

『PLAYBOY』誌に関するモデルであっても表紙のモデルや一般のヌードモデル、インターネット版のモデル等はプレイメイトに含まれない。

見開きページ・折込ページに「ミス○○月」として掲載されるモデルはプレイメイト・オブ・ザ・マンスPlaymate of the Month、略称PMOM)と呼ばれる。プレイメイト・オブ・ザ・マンスのグラビアはその人物のヌード写真・見開きポスター・略歴に加え、生年月日・身体サイズ・興奮する状況・白ける状況等を記述した「プレイメイト・データシート」から構成されている。一年間に掲載された総勢12人のプレイメイト・オブ・ザ・マンスの中から1名が、翌年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤーPlaymate of the Year、略称PMOY)に選出される。プレイメイト・オブ・ザ・マンスの報酬は2万5000米ドルで、プレイメイト・オブ・ザ・イヤーに選ばれると10万米ドルの追加報酬と自動車が贈られる。このほか、創刊5周年以後5年周期でアニバーサリー・プレイメイトAnniversary Playmates)が選出されている。2006年9月時点で、プレイメイト・オブ・ザ・マンスを歴任した女性の数は635人。

『PLAYBOY』は将来のプレイメイトとなりうる候補者の発掘に対して対価を出しており、本人以外が推薦した候補者がプレイメイトに選ばれた場合、推薦者は仲介手数料として2500米ドルを手に入れることができる。ヒュー・ヘフナーと写真家たちはそれら候補者の中からプレイメイトを選出する。プレイメイト・オブ・ザ・イヤーはヒュー・ヘフナーが年間の読者投票を参考に独断で選出する。

注記: 『PLAYBOY』は「一度プレイメイトになれば、永遠にプレイメイトであり続ける」(Once a Playmate, always a Playmate[1])との考えから、「元プレイメイト」等の表現は使っていない。

歴史[編集]

『PLAYBOY』第1号に主役として掲載されたのはマリリン・モンローだが、その肩書きは「今月の恋人」(Sweetheart of the Month)であり「プレイメイト」の呼称はまだ存在しなかった。プレイメイト・オブ・ザ・マンスと銘打たれた最初のモデルは『PLAYBOY』第2号に掲載されたミス1954年1月、マージー・ハリソンである。基本的に、プレイメイトとして掲載される回数はモデル1名につき1回であるが、創刊初期には2回または3回プレイメイトを経験したモデルも存在する。2回経験者はマージー・ハリソン(1954年1月・1954年6月)とマルグリット・エンペイ(1955年5月・1956年2月)の2名で、3回経験者はマーガレット・スコット(1954年2月・1954年4月・1955年4月、後の2回はマリリン・ウォルツ名義)とジャネット・ピルグリム(1955年7月・1955年12月・1956年10月)の2名である。

現在、多くの国家・地域では18歳未満の出演するポルノ画像は違法となっているが、『PLAYBOY』が創刊されて間もない時代には未成年者略取に関する法律はまだ十分に整備されていなかったため、ナンシー・クロフォード(1959年4月)、ドナ・ミッチェル(1963年12月)、リンダ・ムーン(1966年10月)、テディ・スミス(1960年7月)らは17歳で、エリザベス・アン・ロバーツ(1958年1月)は16歳でプレイメイトとしての撮影に臨んでいた。この結果としてヒュー・ヘフナーとロバーツの母親は逮捕されたが、エリザベスが母親の出演同意書を持っていたため最終的に請求は棄却された[2]。より近年の例としては16歳で『PLAYBOY』ドイツ版の撮影に臨んだウルスラ・フェルネがおり、彼女は18歳で米国版(1979年10月)にも掲載されている。

プレイメイト・オブ・ザ・イヤーは各年5月にプレイボーイ・マンションにおけるメディア午餐会で発表されるのが慣習である。プレイメイト・オブ・ザ・イヤーとなったモデルは、その年の6月号または7月号で組まれるプレイメイト・オブ・ザ・イヤー特集のグラビアで大々的にフィーチャーされ、表紙も飾る。しかし例外として2003年から2005年にかけての特集号の表紙はプレイメイトではなく、同じ号のセレブリティグラビアに登場しているセレブリティが掲載された。

陰毛を見せた最初のプレイメイトはミス1971年1月のリヴ・リンデランドとして知られているが、創刊初期の1956年2月には自身2度目の登場となるマルグリット・エンペイラス・メイヤー撮影の水中写真で陰毛を見せている。当時は発行部数が少なかったため、この写真はリンデランドの写真のように一般に知れわたることはなかった。陰毛を見せるプレイメイトは1970年代から1980年代にかけて増加傾向が続いたが、1980年代後半からは陰毛を剃毛して整える傾向が強まり、2001年9月のダレーン・カーティスはプレイメイトの歴史上初めて完全に1本の陰毛もない状態で掲載された。1990年代からはへそピアス等のボディピアスや、タトゥーを体に施したプレイメイトの増加傾向も見られるようになった。

著名なプレイメイト[編集]

『PLAYBOY』への出演以外の事由でも有名なプレイメイトを下に示す。(括弧内はラテン文字綴りとプレイメイトに選ばれた年・月)

アニバーサリー・プレイメイト[編集]

プレイメイト初の一覧[編集]

関連項目[編集]

資料[編集]

文献[編集]

[編集]

  1. ^ http://www.playboy.com/playmates/faq/milestones.html#2
  2. ^ http://www.newyorker.com/critics/content/articles/060320crbo_books
  3. ^ Acocella, Joan (2006年3月20日). “The Girls Next Door”. The New Yorker: p. 144. http://www.newyorker.com/critics/content/articles/060320crbo_books 2006年6月6日閲覧。 

外部リンク[編集]