カレン・マクドゥーガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレン・マクドゥーガル
Karen McDougal
Karen McDougal 2011.jpg
Karen McDougal
プロフィール
生年月日 1971年3月23日
現年齢 43歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアナ州メリルビル
民族 チェロキーアイルランド
公称サイズ(1997年12月[1]の時点)
身長 / 体重 173 cm / 57 kg
BMI 19
スリーサイズ 86 - 61 - 86 cm
カップサイズ C(米国サイズ)
活動
ジャンル アダルト、フィットネス
他の活動 司会者、女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

カレン・マクドゥーガルKaren McDougal1971年3月23日 - )はアメリカ合衆国モデル女優。彼女は『PLAYBOY』1997年12月号のプレイメイト・オブ・ザ・マンスで[2]、1998年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤー[3]。2001年、プレイボーイの読者は、マクドゥーガルを「1990年代で最もセクシーだったプレイメイト、No.2」に選出した[4]

マクドゥーガルは、水着美女コンテストに優勝して水着グラマーモデルを始める前は、プレ・キンダーガーテン (pre-kindergarten) で先生をしていた。プレイボーイ誌への出演以来、彼女は他の雑誌のモデル、テレビコマーシャル、女優等、多種多様なメディアに活躍の場を広げた。メンズ・フィットネス誌の表紙を飾った初の女性モデルとなった事を含め、数々の雑誌で彼女はフィットネスモデルとして成功を収めた。彼女は2001年のオリジナルビデオ『ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲 (The Arena) 』に主演し、これはファンタジー・アートの人形の創作者達にモチベーションを与えた。2007年現在、彼女はテレビのホストとして仕事を続けている。

マクドゥーガルは幼い頃のバレエ練習とハイスクールスポーツ以来のフィットネスマニアである。そして今なおモデルの仕事における股割りの能力で名高い。彼女は、熱烈なオートバイと自動車のコレクターである。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

プレイメイトデータシートには彼女はゲーリー (インディアナ州)の生まれであると記載されているが、マクドゥーガルは実際はゲーリーに近いメリルビル (インディアナ州)の生まれである[5]。彼女はチェロキー・インディアンアイルランドの血を引いている[2]。マクドゥーガルには、3人の兄ボブ、デイブ、ジェフと妹ティナがおり、家族で初の女の子だった。マクドゥーガルが9歳の時、彼女の母キャロル[6]は再婚し、一家は彼女が大学まで過ごす事となるソーヤ(ミシガン州)へ移り住んだ[7]

マクドゥーガルは、子供の時タップダンスバレエを学んだ。彼女の子供時代の夢は、教師とモデル以前には、バレリーナになることだった[2]。彼女はリバーバレー・ハイスクールに通い[7]チアリーダーバンドメンバー、カラーガード、そしてバレーボールソフトボールの選手になった。マクドゥーガルは在学中に4年連続で、クラリネット奏者としてミシガン州チャンピオンとなった[4]。彼女はハイスクール時代、その健康的な愛らしさのために「バービー」というあだ名で呼ばれていた[2]。1989年にハイスクールを卒業後[8]、彼女はビッグラピッズ(ミシガン州)のフェリス州立大学に通い、初等教育を専攻した[7]

2年間の大学生活の後、マクドゥーガルはデトロイト郊外へ移転し、プレ・キンダーガーテンに務めた[7]。水着美女コンテストに出場するよう説得される以前のことである。彼女の専門職上の目標の1つは、子供たちのために学習センターを開くことだった[2]。しかし、2007年現在、彼女は女優とモデルの仕事を続けていて、学習センターの計画は保留の状態となっている[8]

職歴[編集]

PLAYBOY[編集]

1997年に、マクドゥーガルはヴィーナス・スイムウェア (Venus Swimwear) の水着美女コンテスト・ミシガン地区大会に挑戦し、優勝した。彼女の勝利は、PLAYBOY誌のカメラマン、デイヴィッド・ミーセイ (David Mecey) の注意を惹いた[4]。間もなく、彼女はPLAYBOY誌よりプレイボーイ・スタジオ・ウェスト (Playboy Studio West) でテスト撮影を行ないたいという交渉を受け、受諾した[7]。テスト撮影後、即座にマクドゥーガルは採用された。彼女は直ちに写真・ビデオ撮影のために呼び戻され、1997年12月のプレイメイトに選出された[4]。彼女のグラビアはカメラマン、リチャード・フェグレイ (Richard Fegley) とスティーブン・ウェイダ (Stephen Wayda) により撮影され、冬をテーマとした[2]。屋外ロケはパークシティ (ユタ州)の近くの雪の多い田園で行なわれた[9]。彼女のビデオ『Playmate Profile 』は、彼女の雑誌デビューの直後にプレイボーイテレビ (Playboy TV) で特集された[5]

1998年5月、マクドゥーガルがヒュー・ヘフナーとファンによって1998年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤー(以下PMOY)に選ばれたと、プレイボーイ御殿の午餐会において発表された[10]。彼女には報酬として、賞金100,000ドルと特製のミシガン・ナンバープレート「PMOY 98」を付けられた、特別仕様の高性能ロードスター、シルバーのシェルビー・シリーズ1コンバーチブルが授与された[3]。12月号のグラビアとは対照的に、1998年7月号の彼女のPMOY特集グラビアは熱帯をテーマとし、屋外ロケはセントルシアで行なわれた[3]。彼女のビデオ『Playboy Video Centerfold: Playmate of the Year Karen McDougal 』のインタビューによると、彼女は自分の身体的な欠点は「変な」笑顔と祖父から受け継いだ曲がった小指、そして他人に見られたくないと願っている「不格好な足」であると信じている[6]。当時のケーブルテレビ局VH1の人気テレビシリーズ「ポップアップビデオ (Pop-up Video) 」により、彼女のPMOYビデオの一部が、彼女とPLAYBOYに関して根拠のない風評に満ちたパロディと化された[6]。彼女がPMOY商品の宣伝のために「Magic Hour 」に出演した時、マクドゥーガルは彼女の目玉となるポーズ・股割りをテレビのライブスタジオの観客の前で披露した[11]。PLAYBOYは、PLAYBOYサイバークラブ(オンラインサービス)、PLAYBOY特別版、PLAYBOYビデオで彼女の製品を発行し続けた[12][13]。マクドゥーガルは2002年のあるオンラインチャットにおいて、もしオファーがあれば、再びPLAYBOYのためにモデルを務めることはやぶさかでないと表明した[13]

PLAYBOY以降[編集]

1999年3月、マクドゥーガルはメンズ・フィットネス (Men's Fitness) 誌の表紙を飾る初の女性となった[4]。それ以来、彼女はいろいろなフィットネスとボディビル雑誌、例えばMuscle & Fitness誌(2000年1月)、Physical誌(2004年6月)、Iron Man誌(2005年10月、2006年1月、2007年6月[14])に登場し、フィットネスモデルへと仕事の幅を広げていった[15]。彼女は、映画俳優セバスチャン・シーゲル (Sebastian Siegel) と共に2007年6月のIron Man誌の表紙に、そして、今月の「Hardbody(鍛えられた体)」として2006年1月の同誌に10ページのグラビアが掲載された[16]。PLAYBOY2006年9月号のインタビューにおいて、彼女はフィットネスモデルへの移行は意図的なものではなかったと述べた[17]

マクドゥーガルは、2000年にペネロープ・ジメネス (Pennelope Jimenez) 、レイチェル・スターリング (Rachel Sterling) などと共に、NBCUPNで流された「チアリーダー」をテーマとするXFLフットボールリーグのセクシーなテレビCMシリーズに出演した。ロッカールームのセットで、シャワーを浴びているチアリーダー達の1人として主演したものが最も有名である。巧みなカメラアングルと効果的に置かれた障害物を使って、CMは視聴者の想像力を刺激し、チアリーダー達が裸でシャワーを浴びているという刺激的な幻想を与えた[18]。これらの尖鋭的なXFLのCMは逆効果となり、また猥褻すれすれとみなされたので、メディアで論争を引き起こした[19][20]。CMは2001年のXFLリーグ最初の(そして最後の[21])シーズンの開始前に、静かに取り下げられた。

2001年に、マクドゥーガルはロジャー・コーマンプロデュース、ティムール・ベクマンベトフ (Timur Bekmambetov) 監督のオリジナルビデオ『ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲 (The Arena) 』にリサ・ダーガン (Lisa Dergan) と共に主演した。全てのシーンは、ロシアで撮られた。映画デビュー作におけるマクドゥーガルの役どころは、腐敗した属州総督に支配される古代ローマ植民地で、女性剣闘士(グラディエーター)として戦いを強いられる奴隷の女性であった。この映画でマクドゥーガルは劇的な役を演じ、一連の剣での戦闘シーンで彼女の身体的能力の高さを示す最初の機会を得た。映画は当初『Gladiatrix 』とタイトルが付けられ、『グラディエーター』の類似品と思われた。映画は好評ではなかったが、一部でカルト映画として知られるようになった[22]

多くの人々は彼女が美しさと「隣の女の子」的魅力と曲線美の身体を兼ね備えた、近年の人気プレイメイトであると認識している。それは2001年11月のPLAYBOY特別版「Sexiest Playmates」における人気投票にも表れている。彼女は「読者の選ぶ1990年代で最もセクシーなプレイメイトNo.2」に選ばれた。(No.1に選出されたのはパメラ・アンダーソンだった。)[4]

2002年、PLAYBOYはマクドゥーガルの写真に基づき限定版ドールを発売した。そしてそれが解剖学的に正確で、彼女の彫像のような肉体の精密なモデルであると強調した。彼女のコレクターズ・フィギュアは当初、シリーズにおいて最初に発売される予定であったが、デザインのやり直しのために遅れた[23]。彼女は2002年に「Wild On!」がブルック・バーク (Brooke Burke) の後釜の新しいホスト候補としてリストした12人のライバルの内の1人であった(「Wild Off! 」として知られる)。コンテストは、ラスベガスパームスで行われた。各々のライバル達は「ワイルドな」チャレンジ完遂を定められた。マクドゥーガルのチャレンジは、クレオパトラの扮装をして、ジュリアス・シーザーとして着飾った俳優と腕を組んで一日シーザーズ・パレスカジノを歩き回ることであった。彼女はチャレンジを完遂し、仲間のライバル達から当初は本命と思われていたが、5人によるファイナルラウンドへは進まなかった。最終的にはシンディ・テイラー (Cindy Taylor) が、「Wild Off! 」の勝者となった[24]

2003年、マクドゥーガルは、著名な幻想的彫刻家ビル・トマ (Bill Toma) が闘士の王女と名付けられた限定版ブロンズの小彫像をつくる際に協力した。彼女の顔と身体をひな形とした、ファンタジックな虚構の女性の立ちポーズを表したその彫像は、露出度の高いものであった。マクドゥーガルは創作過程でトマのためにポーズをとった。各々の彫像の台には彼女のサインがある[25]

2004年の春、マクドゥーガルは仲間のプレイメイト、パメラ・アンダーソン、オードラ・リン、 ティシャラ・クレジーノと共にイタリア版ヴォーグに見開き写真で登場した。テニスのメンズファッションのテーマを与えられた見開き写真は、写真家デビッド・ラシャペルによってラスベガスで撮られた。この写真にはPLAYBOYと彼女の契約が数年前に切れた時以来の、初のヌード写真が含まれている[26]。2004年5月、マクドゥーガルはハッスル横浜での第3回興行の際、プロレスラースコット・ホールケビン・ナッシュ(ジ・アウトサイダーズ)に帯同し来日した[27]。マクドゥーガルはまた、古今のプレイメイトたちと共にラスベガスニューヨークモスクワで開催されたPLAYBOY50周年の記念祝典に年間を通じて参加した[15]

マクドゥーガルはロサンゼルスの地区予選を勝ち抜いた後、28人の決勝進出者の1人として、ニューヨークのビーコン・シアターで開催されたWWE・ロウの2004年ディーヴァ・サーチ・スペシャルへと進んだ。スペシャルの模様は2004年7月15日にSpike TVで生中継された[28]。黒いビキニのマクドゥーガルは、2時間スペシャルの間、2ラウンドを生き残ったが、オンライン投票の資格がある最後の10人に選ばれる前に、ジャッジによって最終ラウンドで敗退した。彼女が恐らく次のラウンドへ進まなかった最も有名な参加者であったため、彼女が消えた事は観衆を驚かせた[29]。最終的にクリスティ・ へミーが視聴者によって2004年WWE・ロウ・ディーヴァに選ばれた[30]。マクドゥーガルは、2005年のPLAYBOY水着カレンダー「Playmates at Play at the Playboy Mansion 」に7月のカレンダーガールとして登場した[31]。カレンダーは2004年にプレイボーイ御殿の敷地内で撮影された[32]。これはPLAYBOYにとって、カレンダーにヌードではない水着のプレイメイトを出演させた初の試みで、スポーツ・イラストレイテッド誌の水着特集号に類似したスタイルのものであった。他のプレイメイトがビキニで登場する中、マクドゥーガルとオオシマ・ヒロミの2人は、実は裸にビキニのボディペインティングを施しただけであった[31]

彼女は2006年4月9日初放映の、「E! True Hollywood Story of Hugh Hefner」にインタビューを受ける1人として登場した。マクドゥーガルは1997年12月にプレイメイトになった頃、ヒューとキンバリー・コンラッド・ヘフナーの結婚が破綻していったプレイボーイ御殿での体験を簡潔に語った。2006年夏、マクドゥーガルはハリウッド著名人のフィットネス・トレーナー、ヴァレリー・ウォーターズと、全てのエクササイズを実践してみせるフィットネス・モデルとして、フィットネス・トレーニングDVDに出演した[17]。2006年11月、彼女はペイントボールファンマガジン「Splat 」誌の "Celebrity Playmate Gift Guide" というグラビアに、ティナ・ジョーダン、ケイティ・ローマンと共にプレイメイト・トリオとして出演した。グラビアでは2006年ホリデーシーズンのペイントボール新製品を紹介している[33]

マクドゥーガルは、テレビかスポーツショーの司会者の仕事に興味を持っている[16]。プレイメイト・オブ・ザ・イヤーとしての成功後、彼女はゲスト司会者を務めるテレビ番組(E!テレビジョンの「Wild On! 」やShowtimeテレビジョンの「VIP Access 」)を持ち、他のテレビ番組(「Lovespring International 」「ザ・オライリー・ファクター」プレイメイト版「Russian Roulette[34]など)や映画(『Joe Dirt 』『チャーリーズ・エンジェル』『クール・ボーダーズ (Grind) 』『ガール・ネクスト・ドア』『Raising Helen 』 - いずれもカメオ出演[12]デイヴィッド・リー・ロスのミュージックビデオ、様々なピンナップ・ポスター、カレンダー、雑誌の表紙、広告キャンペーン、プロモーションイベント、衣類・水着・ランジェリーのカタログに出演している[15]

私生活[編集]

マクドゥーガルはスピードのスリルをこよなく愛し[35]、熱心なオートバイライダーで自動車のコレクターである[36]。彼女が最初にモデルを務めたのは、デトロイトハーレーダビッドソン・バイクショーにおけるイベントコンパニオンとしてであった[15]。2004年に彼女はピンクのカスタムメイドのオートバイを購入し[37]、ポモナ (カリフォルニア州) のイージー・ライダー・コンクールに参加した。彼女のオートバイはベスト・ラディカル(過激な)・カスタム賞を獲得した[38]。彼女は自分自身を「健康マニア」と看做しているが、チョコレートとジャンクフードの中毒であると自称している[4]。余暇には、彼女は体型を保つため週に3日トレーニングをする[4]。彼女が1998年にプレイメイト・オブ・ザ・イヤーとなったとき、彼女のボディマス指数は19だった[39]。彼女は水着モデルであるが、水恐怖症のため、泳ぎは達者ではない[13]。彼女は動物好きで、ブリタニーとブランデーという2匹の猫を飼っている[4]。マクドゥーガルは2つのタトゥーを施している[35]。一つは彼女の猫を守る、右足の人差し指の猫のタトゥー、もう一つは彼女のスピリチュアリティを暗示する右耳の後ろの十字架である[35]

マクドゥーガルの家族は当初、PLAYBOY誌に出るという彼女の決意を支持しなかった[8]。結局は彼らはこれを受け入れ、母親は娘を支持する証しとして、娘のビデオ『Playboy Video Centerfold: Playmate of the Year 1998 』でインタビューに応えている[6]。マクドゥーガルの家族には乳癌の病歴があり、彼女(豊胸手術を受けたことを認めている)は乳癌への意識を高める提唱者である[40]。マクドゥーガルは、(2008年)現在ロサンゼルス[16]フェニックス (アリゾナ州) [37]に住んでいる。2007年のインタビューにおいて、マクドゥーガルは自分は独り身であると述べた[35]。同年、彼女は何度か俳優のブルース・ウィリスとデートしていた[41][42]。2008年3月、マクドゥーガルはスペインの雑誌「Interviu 」のトップレス・グラビアとインタビュー記事に登場し、ウィリスとの関係について語っている[43]。2008年、ウィリスはモデルのエマ・ヘミング (Emma Heming) とデートしていた[44][45]

PLAYBOY特別版への登場[編集]

  • Playboy's Playmate Review Vol. 14」 1998年8月 - 表紙、P2-3、86-93。
  • Playboy's Girls of Winter 」 1999年1月 - P1、10-13、60-63、90-91。
  • Playboy's Playmates in Bed 」 1999年2月 - P3、68-69、92-93。
  • Playboy's Celebrating Centerfolds Vol. 2」 1999年5月 - 表紙、P3、44-47。
  • Playboy's Book of Lingerie Vol. 67」 1999年6月 - P36-37。
  • Playboy's Playmate Tests 」 1999年7月 - P64-67。
  • Playboy's Barefoot Beauties Vol. 1」 2000年1月 - P66-67、74-75。
  • Playboy's Centerfolds of the Century 」 2000年5月 - P50-51。
  • Playboy's Playmates of the Year 」 2001年1月 - P88-89。
  • Playboy's Nude Playmates 」 2001年5月 - P20-21。
  • Playboy's Book of Lingerie 」 2001年6月 - P68-69。
  • Playboy's Girlfriends 」 2001年8月 - P95(ファンレター欄)。
  • Playboy's Casting Calls 」 2001年11月 - P95(ファンレター欄)。
  • Playboy's Sexiest Playmates 」 2001年11月 - P84-87。
  • Playboy's Playmates in Bed 」 2002年2月 - P72-73。
  • Playboy's Sexy Celebrities 」 2002年3月 - P54-55。
  • Playboy's Nude Playmates 」 2002年5月 - P95(ファンレター欄)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PLAYBOY online Karen McDougal
  2. ^ a b c d e f Fegley, Richard & Wayda, Stephen. (Photographers) "Winter Wonder", Playboy, Vol. 44, Iss. 12, pg. 126-137, December 1997.
  3. ^ a b c Fegley, Richard & Wayda, Stephen. (Photographers) "Playmate of the Year: Karen McDougal takes a bow", Playboy, Vol. 45, Iss. 7, pg. 130-141, July 1998.
  4. ^ a b c d e f g h i "About Karen", at Karen McDougal's official site. Retrieved on December 2, 2006
  5. ^ a b "Playboy: Playmate Profile Video Collection Featuring Miss December 1997, 1994, 1991, 1986" Playboy Entertainment
  6. ^ a b c d "Playboy Video Centerfold: Playmate of the Year Karen McDougal" Image Entertainment
  7. ^ a b c d e "Model of the Week: Karen McDougal" at AskMen.com Retrieved on October 20, 2006
  8. ^ a b c "Karen McDougal: The Real 'Girl Next Door'" at Savvy.com Retrieved on October 20, 2006
  9. ^ Playboy CyberClub Chat Transcript: Karen McDougal, Miss December 1997 (membership required) November 6, 1997. 2006-11-9閲覧
  10. ^ "Good Day LA @ Skybar" video clip from Video Clips section of Karen McDougal's official site. 2006-12-2閲覧
  11. ^ "Magic Hour" video clip from Video Clips section of Karen McDougal's official site 2006-12-2閲覧
  12. ^ a b カレン・マクドゥーガル - インターネット・ムービー・データベース(英語)2007-12-27閲覧
  13. ^ a b c Playboy CyberClub Chat Transcript: Karen McDougal, Miss December 1997, PMOY 1998 (membership required) April 4, 2002. 2006-11-9閲覧
  14. ^ Cover of June 2007 issue courtesy of IronMan Magazine. 2007-5-7閲覧
  15. ^ a b c d Photo gallery section of Karen McDougal's official site 2006-12-2閲覧
  16. ^ a b c Neveux, Michael. (Photographer) "Playmate Power", Iron Man, Vol. 65, Iss. 1, pg. 228-237, January 2006.
  17. ^ a b "Pop Questions: Karen McDougal", Playboy, Vol. 53, Iss. 9, pg. 148, September 2006.
  18. ^ Schatz, Aaron. "The XFL looks ready to rumble", The Lycos 50 Daily Report, November 20, 2000. 2006-11-29閲覧
  19. ^ Hanacek, Andy. "Let the Games Begin", Pro Football Weekly, February 1, 2001. 2008-3-9閲覧
  20. ^ Ninemire, Valerie "XFL Cheerleaders - Xciting or Xploiting?", About.com, February 2, 2001. 2006-12-2閲覧
  21. ^ "XFL folds after one season", CBC News, May 11, 2001. 2006-11-27閲覧
  22. ^ "The Arena" review by Joe Bob Briggs 2006-10-20閲覧
  23. ^ Raving Toy Maniac presents "A Playmate of Your Own" 2006-10-20閲覧
  24. ^ "Model of the Week: Cindy Taylor" at AskMen.com 2006-12-2閲覧
  25. ^ Warrior Princess by Bill Toma 2007-2-7閲覧. (Artistic Nudity)
  26. ^ Vogue Homme spread on David LaChapelle's official website 2007-2-7閲覧. (Artistic Nudity)
  27. ^ "Hustle-3" photo gallery at Sportsnav.com. 2006-10-20閲覧.
  28. ^ Live Television Network Special To Determine Final 10 In The Worldwide Search For The Next WWE Diva!!”. WWE (2004年7月12日). 2006年10月27日閲覧。
  29. ^ RAW Diva Search Casting Special” (2004年). 2008年6月18日閲覧。
  30. ^ "Christy Hemme at Bullz-Eye.com". 2007-3-21閲覧.
  31. ^ a b Wayda, Stephen. (Photographer) "Playboy:Playmates at Play at the Mansion - 2005 Swimsuit Calendar", John F. Turner, 2004. ISBN 140381814-2
  32. ^ "Playboy Swimsuit Calendar for 2005", 2004-7-9, ロイター by way of China Daily. 2006-11-9閲覧.
  33. ^ "Neveux, Michael. (Photographer) "Celebrity Playmate Gift Guide", Splat, pg. 56-73, December 2006/January 2007
  34. ^ Live Television Network Special To Determine Final 10 In The Worldwide Search For The Next WWE Diva!!Game Show Network Heats Up New Year's Eve With Special Playboy Playmate Edition of Russian Roulette; Long Walks on the Beach and Sensitive Men are Fun, but Falling Thru the Roulette 'Drop Zone' is Much More Exciting!”. Game Show Network (Archived at Goliath) (2002年12月2日). 2007年12月28日閲覧。
  35. ^ a b c d RipeTV presents Playboy Dating: Karen McDougal at Ripe TV Retrieved on February 6, 2008
  36. ^ Kunam, Maman. "RPM Profile: Interview with Karen McDougal", RPM, Issue 7, pg. 70-81, December 2004/January 2005.
  37. ^ a b "If a Playmate bought a Bike" - an article from Hot Bike. 2006-10-20閲覧.
  38. ^ Riggs, Curtis. "Award, Playmate and Giant bringing notoriety to Phoenix Choppers", Sonoran News, February 4, 2004. 2006-10-20閲覧.
  39. ^ Creager, Ellen. "It takes effort -- and maybe anorexia -- to be model-thin", Detroit Free Press, 1998-7-21.
  40. ^ Martin, Jennifer. "Playmate plans to put title to good use", South Bend Tribune, 1998-7-1.
  41. ^ "Bruce's New Babe?", TMZ.com video. 2007-8-8閲覧.
  42. ^ "Bruce Willis and Karen McDougal take yacht holiday", Celebrity Gossip.net, August 7, 2007. 2007-8-8閲覧.
  43. ^ Montero, Luis Miguel. "Karen McDougal, la última novia de Bruce Willis", Interviu, March 10, 2008 (スペイン語). 2008-3-11閲覧. (Mature Content)
  44. ^ "Couples Watch:Justine & Jessica, Bruce & Emma...", People, April 7, 2008. Retrieved May 17, 2008.
  45. ^ "Emma Heming, Bruce Willis's Grilfriend, models for La Senza"デイリー・テレグラフ、2008年4月30日. 2008-5-17閲覧.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
インガ・ドロズドヴァ
プレイメイト
1997年12月
次代:
ヘザー・コザー