トラヴィス・バーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Travis Barker
TravisBarker 9.19.2008.JPG
基本情報
出生名 Travis Landon Barker
出生 1975年11月14日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, カリフォルニア州, フォンタナ
ジャンル ポップ・パンク
ヒップホップ
ラップ・メタル
ラップ・ロック
プログレッシブ・ロック
オルタナティブ・ロック
職業 音楽家, ドラマー, 音楽プロデューサー, ソングライター
担当楽器 ドラムス, パーカッション
活動期間 1993年~現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Interscope, LaSalle/Atlantic, Geffen, Hellcat, MCA, Golden Voice Records, Goliath Artists
日本の旗ソニーミュージック
共同作業者 ブリンク 182
ボックス・カー・レーサー
+44
トランスプランツ
キッド・カディ
エミネム
リル・ウェイン
テック・ナイン
ロイス・ダ・ファイブ・ナイン
ルーペ・フィアスコ
タイニー・テンパー
公式サイト TravisBarker.com

{{{Influences}}}

トラヴィス・ランドン・バーカー (Travis Landon Barker) とは、アメリカ合衆国, カリフォルニア州, フォンタナ出身の音楽家, ドラマー, 音楽プロデューサー, ソングライターである。1975年11月14日生まれ。人気パンクバンド「ブリンク 182」の敏腕ドラマーとしてだけでなく、多方面で活躍中。

人物[編集]

1975年11月14日生まれ。5歳のころからドラムを始め、ジャズやファンクを聴いて育つ。本人はパンクドラマーではないと公言したことがある。カーブランド(キャデラック)の熱狂的マニアである。元ミス・アメリカのシャナと結婚したが、2006年、8月8日に突如離婚を発表する。体じゅうにタトゥーがあり、その理由は生涯音楽をやり続けるという彼の決意表明である。カリフォルニアでクルージングブランド、Famous stars and strapsを設立した。ブリンクの他に、Rancidのティム・アームストロングらとトランスプランツを結成し、活動していた。また、アヴリル・ラヴィーンフロー・ライダーゲームなどのレコーディングに積極的に協力する一方、DJAMとともにパーティやイベントに参加している。

ヒップホップ界との交流[編集]

彼自身、ヒップホップやダンス・ミュージックには相当造詣が深く、ブリンク 182が活動休止を迎えた2005年以降は、主にその系統のアーティストに対し、リミックス提供やドラム部分の楽曲提供を行っていた。その為、彼がドラマーとして参加した楽曲は非常に多く、その交流はヤング・ジージーリル・ウェイン等の人気ラッパーを始め、ブリトニー・スピアーズを初めとするポップ・ミュージック業界まで多岐に渡る。また、それらの経験を生かし、彼自身も2011年にヒップホップ色の非常に強いソロアルバムをリリースし、全米ビルボード200にて初登場9位とするヒットを記録している。

飛行機事故[編集]

2008年9月13日、トラヴィスのほか有名DJ「DJ AM」ら6人が搭乗していた小型飛行機が墜落。計4名が死亡し、トラヴィス自身も、足から腰までに第3級火傷を、そして両手に第2級以上の火傷を負う重体となった。当時、小型飛行機は12日の深夜に、サウスカロライナ州コロンビアのメトロポリタン空港を飛び立つ予定となっていたが、離陸に失敗し、飛行機は滑走路をそのまま飛び出しフェンスを乗り越え、その後、5車線のハイウェイを横切り、脇の土手にぶつかりようやく止まった。直後に飛行機は炎上し、操縦士、副操縦士、トラヴィスのアシスタント、トラヴィスのセキュリティガードの4人が死亡。生き残ったのは、トラヴィスとDJ AMの二人だけだった。この後、トラヴィスはインタビューにて「生きていることに感謝している」と話し、さらに「俺は飛行機が嫌いなんだ。1番恐れていたのが、飛行機事故に巻き込まれることだった。それが起きたいま、ただ生きていることに感謝している。この場にいるのを嬉しく思ってる」と付け加えた[1]

その後、トラヴィスは自身のアパレル・サイトで、亡くなった彼のアシスタントとセキュリティガードの遺族をサポートするため、追悼基金を設置し、寄付を呼びかけた。

ディスコグラフィー[編集]

ソロアルバム[編集]

発表 概要 各国チャート最高位
アメリカ オーストラリア カナダ フランス イギリス
2011 Give the Drummer Some 9 68 17 178 160

ブリンク 182名義[編集]

  • Enema of the State (1999)
  • The Mark, Tom, and Travis Show (The Enema Strikes Back!) (2000)
  • Take Off Your Pants and Jacket (2001)
  • Blink-182 (2003)
  • Greatest Hits (2005)
  • Neighborhoods (2011)

トランスプランツ名義[編集]

  • Transplants (2002)
  • Haunted Cities (2005)

+44名義[編集]

  • When Your Heart Stops Beating (2006)

ボックス・カー・レーサー名義[編集]

  • Box Car Racer (2002)

外部リンク[編集]

脚注[編集]