ヒュー・ヘフナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュー・ヘフナー
2010年11月
生誕 1926年4月9日(88歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国シカゴ
出身校 イリノイ大学
ノースウェスタン大学
職業 実業家
配偶者 ミルドレッド・ウィリアムズ(1949 - 1959年
キンバリー・コンラッド1989 - 1999年
クリスタル・ハリス2012 - )
子供 クリスティー1952年 - )
デイビッド(1955年 - )
マーストン(1990年 - )
クーパー(1991年 - )
テンプレートを表示

ヒュー・ヘフナーHugh Hefner1926年4月9日 - )は、アメリカ実業家雑誌PLAYBOY』の発刊者。愛称は「ヘフ」。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカ中西部のシカゴドイツ系イギリス系の血を引く父とスウェーデン系の母との間の家庭に生まれる。

セア小学校、スタインメッツ高校卒業後に徴兵されアメリカ陸軍に入隊し第二次世界大戦中に軍役に就く。その後イリノイ大学に進学し、心理学を専攻し2年半で学位を取得した。さらに1949年にはノースウェスタン大学に入学する。

『PLAYBOY』創刊[編集]

プレイメイトとともに(2006年

その後、『エスクァイア』などでライターを務め、1953年9月に45人の投資家から8,000ドルを集めて『PLAYBOY』を発刊した。創刊号の中綴じのグラビア写真にマリリン・モンローを起用したことなどが評判となり、数週間で売り切れた。

その後同誌は豊満な女性ヌードグラビアと読み応えのある記事を売り物に、アメリカ国内だけでなく世界的にも高い評価を受け、世界各国で現地版が発刊されるとともに、数多くの模倣を生むこととなった。その後同社はプレイボーイ・クラブの経営など多角化を進め、同時にヒューも『PLAYBOY』の「顔」として各種メディアに(多くのプレイメイトとともに)登場することになる。

現在[編集]

1988年には、ヒューの娘であるクリスティー・ヘフナーがPLAYBOY社のCEOに就任(現在は取締役会長も務める)したことで、経営の第一線から身を引く形になったものの、現在も「プレイボーイ・マンション」と呼ばれる豪邸に正妻を含む多数の女性と暮らす他、数々のメディアに登場するなど、『PLAYBOY』の「哲学」を身を持って体現するライフスタイルを続けている。

ヒューの人生を描いた映画製作の交渉中であるとの情報があり、制作開始は2009年後半になるものとみられる[1]

私生活[編集]

過去に交際していたドナ・ミシェルマリリン・コールリリアン・ミューラーシャノン・ツイードブランド・ロデリックバルビ・ベントンカレン・クリスティサンドラ・セオドアキャリー・リーから3500万ドルの別居手当を求める訴訟を起こされた事がある。1971年に彼は、両性愛を試した[2]1985年、59歳の時に軽度の脳梗塞になった事から私生活を改善することを決め、派手なパーティライフを止めた。そして、娘のクリスティーにプレイボーイ社の経営を任せた。

ヒューは1949年ノースウェスタン大学の学生であったミルドレッド・ウィリアムズと結婚した。彼女との間にクリスティー1952年11月8日 - )とデイビッド(1955年8月30日 - )[3]の2人の子供がいる。ヒューは結婚式直前に、ウィリアムズから自分が軍にいた間に浮気した事を知らされた。彼は結婚式の入場を「私の人生で最も破壊的な瞬間」だったと述べている。2006年にテレビ番組『E! True Hollywood Story』の中でヒューは、ウィリアムズが罪の意識に苛まれていたことや結婚生活を維持したかったことなどから、ヒューが他の女性と関係を持つことを彼女が容認していたことを明かしている。彼女とは1959年に離婚している。

1989年にプレイメイト・オブ・ザ・イヤーのキンバリー・コンラッドと再婚した。コンラッドとの間にマーストン(1990年4月9日 - )とクーパー(1991年9月4日 - )[4]という2人の子供がいる。この頃、テレビ番組『E! True Hollywood Story』は悪名高いプレイボーイマンションが家族に優しい農家に変化した点に注目した。彼女とは1998年に別れた。別れた後、コンラッドはプレイボーイマンションの近くに引っ越した。2010年4月25日にヒューは自分のTwitterでコンラッドは彼女の母と共にリノに引っ越した事を明らかにした。別居から11年後の2010年3月に正式に離婚した。ヒューは子供の為に離婚を避けていた。

コンラッドと破局後、ヒューは若い女性を絶えずプレイボーイマンションに連れ込んだ。そして、すぐに最高のプレイメイトモデル7人を示した。その7人はブランド・ロデリックイザベラ・セント・ジェームスティナ・マリエ・ジョルダンホリー・マディソンブリジッド・マークォートケンドラ・ウィルキソンラケル・オニール。プレイボーイマンションでのヒューの生活に密着したリアリティ番組『The Girls Next Door』には、主にマディソン、ウィルキソン、マークォートが出演した[5]。その3人は2008年10月にマンションを出る選択をした。ヒューはすぐに、彼の新しい「No.1の彼女」クリスタル・ハリス、一卵性双生児モデルのシャノン姉妹(カリッサ&クリスティーナ)との交際を始めた[6][7]。シャノン姉妹との関係は2010年1月に終わった[8]。同年12月24日にヒューはハリスに婚約指輪を渡した。婚約は翌25日に公式に発表された[9]。結婚式は2011年6月18日に予定されていたが、その5日前に婚約破棄した[10]。しかし、その後に復縁、2012年12月31日に結婚式を挙げた[11]

エピソード[編集]

1970年代には、室内に毛皮が敷き詰められたベッドを持った、大型ジェット機ダグラスDC-9を自家用機として所有していた。

登場作品[編集]

雑誌の広告も兼ねて、多くの映画にカメオ出演している。

  • 『ビバリーヒルズ・コップ2』 - 主役のアクセル・フォーリーが「プレイボーイ・マンション」で行われるパーティーに出席するシーンがある。
  • セックス・アンド・ザ・シティ』 - シーズン3にて、キャリーたち4人がヘフナー邸で行われるパーティに出席する回がある。
  • ウィーザー『Beverly Hills』のPVはプレイボーイ・マンションで撮影され、ヒューやプレイメイト達も登場。
  • クレオパトラD.C.』 - 主人公のクレオがエジプトに渡る際、彼の自家用機を借りるシーンがある。ちなみに交換条件は彼女たちがバニーガールのコスプレをして、彼のアルバムのコレクションに加わること。

ヒュー・ヘフナーを演じた役者

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]