ドリー・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリー・リード
Dolly Read
プロフィール
別名 マーガレット・リード、
ドリー・リード・マーティン、
ドリー・マーティン
生年月日 1944年9月13日
現年齢 69歳
出身地 ブリストル (イングランド)
民族 イングランド人
毛髪の色 栗色
公称サイズ(1966年5月時点)
身長 / 体重 164 cm / 54 kg
BMI 20.1
スリーサイズ 94 - 61 - 94 cm
活動
備考 プレイメイト(1966年5月)
他の活動 女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ドリー・リード(Dolly Read、1944年9月13日 - )は、イギリスのピンナップモデル・女優。ブリストルイングランド)出身。

彼女はアメリカ合衆国の男性向雑誌PLAYBOY誌のプレイメイトとして、映画『ワイルド・パーティー』の主演女優として記憶されている。マーガレット・リード、ドリー・リード・マーティン、ドリー・マーティンとクレジットされる事もある[1]

来歴[編集]

職歴[編集]

リードのスクリーンデビュー作は、1963年の映画『吸血鬼の接吻 (The Kiss of the Vampire) 』である。そして続けて同年後半に、イギリスのテレビシリーズ『Dixon of Dock Green』に出演した[1]。リードは1966年5月、PLAYBOY誌のプレイメイトとなった。同誌の歴史上、最初のイギリス人プレイメイトであった[2]。リードは1968年4月に、PLAYBOY誌の表紙を飾った。また彼女はシカゴロンドンニューヨークのプレイボーイクラブでプレイボーイ・バニーとして働いた[3]

1969年に低予算のエロティック映画『That Tender Touch 』に出演した翌年、リードはラス・メイヤー監督のパスティーシュ作品『ワイルド・パーティー』で、主人公のセクシーであるが、無邪気なロックンロール歌手、ケリー・マクナマラ役を射止めた[1]

1970年代、リードは『チャーリーズ・エンジェル』、『Fantasy Island 』、『ベガス』などのテレビ番組にゲスト・スターとして出演した。彼女はまた、夫と共にゲームショー『Match Game 』の常連パネリストだった[1]

2006年、リードは他の出演者と共に、『ワイルド・パーティー』特別版DVD発売のために解説を務め、インタビューを受けた[4]

私生活[編集]

1971年にリードはアメリカのコメディアン、ディック・マーティン (Dick Martin) と結婚した。彼らは1975年に一度離婚し、1978年に再婚した。

出演作[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]