ブラッド・マネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッド・マネー
トム・ウェイツスタジオ・アルバム
リリース 2002年5月2日日本の旗
2002年5月4日アメリカ合衆国の旗
ジャンル ロック
時間 42分17秒
レーベル アンタイ・レコード
プロデュース キャスリーン・ブレナン
トム・ウェイツ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(デンマーク[1]
  • 4位(ノルウェー[2]
  • 5位(オーストリア[3]
  • 6位(イタリア[4]
  • 8位(ベルギー・フランデレン地域[5]
  • 9位(ドイツ[6]
  • 12位(スウェーデン[7]
  • 21位(イギリス[8]、オランダ[9]
  • 25位(オーストラリア[10]、スイス[11]
  • 32位(アメリカ)
  • 33位(ベルギー・ワロン地域[12]
  • 35位(フィンランド[13]
  • 36位(フランス[14]
トム・ウェイツ 年表
ミュール・ヴァリエイションズ
(1999年)
ブラッド・マネー
(2002年)
アリス
(2002年)
テンプレートを表示

ブラッド・マネー(Blood Money)は、トム・ウェイツ2002年に発表したアルバム。『アリス』と同日の発売で、レコーディング・メンバーもほぼ共通している。

解説[編集]

トムと妻キャスリーン・ブレナンが音楽を担当したミュージカルヴォイツェック』(2000年11月コペンハーゲンで初演、ゲオルク・ビューヒナー作の同名戯曲が原作)に使用された楽曲をレコーディングしたもの。2002年10月6日、イギリスの日曜新聞『オブザーバー』は、同作の音楽を「21世紀の『三文オペラ』」と評した[15]

アンタイ・レコードのプレス・リリースでは「ティン・パン・アレーワイマール共和国を合わせたような」音楽性であると説明されている[16]。トムは本作で、1929年製のカリオペ(Calliope、「蒸気オルガン」とも呼ばれる楽器)を使用。スチュワート・コープランドとケイシー・ウェイツ(トムの息子)が1曲ずつドラムスで参加し、他の曲ではドラムスは使用していない。

収録曲[編集]

全曲トム・ウェイツとキャスリーン・ブレナンの共作。

  1. "Misery is the River of the World" - 4:24
  2. "Everything Goes to Hell" - 3:45
  3. "Coney Island Baby" - 4:02
  4. "All the World Is Green" - 4:36
  5. "God's Away on Business" - 2:59
  6. "Another Man's Vine" - 2:27
  7. "Knife Chase" - 2:27
  8. "Lullaby" - 2:09
  9. "Starving in the Belly of a Whale" - 3:41
  10. "The Part You Throw Away" - 4:22
  11. "Woe" - 1:20
  12. "Calliope" - 1:59
  13. "A Good Man Is Hard to Find" - 3:58

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]