チャーリー・マッスルホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリー・マッスルホワイト
チャーリー・マッスルホワイト(2003年 New York City Blues Cruiseにて)
チャーリー・マッスルホワイト
(2003年 New York City Blues Cruiseにて)
基本情報
出生名 Charles Douglas Musselwhite
出生 1944年1月31日(70歳)
出身地 米国ミシシッピ州コジウスコ
ジャンル ブルース
職業 ミュージシャン、歌手
担当楽器 ハーモニカギター
活動期間 1967年~現在
レーベル ヴァンガード・レコード
アリゲーター・レコード
ヴァージン・レコード
公式サイト charliemusselwhite.com

{{{Influences}}}

チャーリー・マッスルホワイト (Charlie Musselwhite 1944年1月31日 - ) は、アメリカ合衆国ブルースハーモニカ奏者、歌手。白人でありながら、若い頃からメンフィス、シカゴで黒人のブルース・ミュージシャンと共演を重ね1960年代に頭角を現した。

来歴[編集]

1944年1月31日、ミシシッピ州コジウスコに生まれる[1]。3歳の頃、家族とともにメンフィスに移り住みんだ[2]

13歳のとき、ハーモニカをプレイするようになり、ウィル・シェイド、ファーリー・ルイスなどメンフィスのブルース・シーンで活躍するミュージシャンと共演するようになった。

18歳になると、マッスルホワイトは職を求めてシカゴに移住した[2]。シカゴの地では、テレサズ・ラウンジ、ペッパーズ、ターナーズといったサウスサイドのクラブに出入りするようになり[1]リトル・ウォルターロバート・ナイトホークサニー・ボーイ・ウィリアムソンIIキャリー・ベルなど多くのミュージシャンと共演を重ねている。

1965年ヴァンガード・レコードのコンピレーションChicago/The Blues/Today!のレコーディングにビッグ・ウォルター・ホートンのバンドのメンバーとして参加した。1967年には、ハーヴィー・マンデル、フレッド・ビロウらが参加した初のリーダー作Stand Back! Here Comes Charley Musselwhite's South Side Bandをヴァンガードよりリリースしている。

デビュー作がサンフランシスコのアンダーグラウンド・ラジオで人気を博したことを受けて、マッスルホワイトはフィルモア劇場に出演するなど、サンフランシスコ周辺のベイエリアに活動の拠点を移した[1]

以後、アルコール中毒の問題を抱えていたこともあり、大々的なツアーは行わず、ブルー・ホライゾン、クリスタルクリアといった主に小レーベルから作品のリリースを続けた。1984年にブルー・ロケットからリリースしたTell Me Where Have All the Good Times Gone?では、ギターにロベン・フォードを全面フィーチャーした。同作では、前年に他界したマディ・ウォーターズを悼んだ"Seemed Like the Whole World Was Crying"で泣きのハープを披露するなど、マッスルホワイトの力量を示した快作となっている。

1990年アリゲーター・レコードからの1作目、Ace of Harpsをリリースした頃より、大々的なツアーを行うなど露出が増えるようになった。1997年には大手ヴァージン・レコードよりRough Newsをリリース。続いて同レーベルからリリースされたContinental Drifter1999年)では、大胆にラテンの要素を取り入れる試みを披露している。

1998年、映画ブルース・ブラザース2000に、B.B.キング率いるバンド、ルイジアナ・ゲーター・ボーイズのメンバーとして出演、演奏。

1999年以降はトム・ウェイツと親交を深め、ウェイツのアルバム『ミュール・ヴァリエイションズ』(1999年)、『ブラッド・マネー』(2002年)、『オーファンズ』(2006年)、『バッド・アズ・ミー』(2011年)に参加した。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1967年 Stand Back! Here Comes Charley Musselwhite's South Side Band (Vanguard)
  • 1968年 Stone Blues (Vanguard)
  • 1969年 Tennessee Woman (Vanguard)
  • 1969年 Memphis Charlie (Arhoolie)
  • 1974年 Takin' My Time (Arhoolie)
  • 1975年 Goin' Back Down South (Arhoolie)
  • 1975年 Leave the Blues to Us (Capitol)
  • 1978年 Times Gettin' Tougher Than Tough (Crystal Clear)
  • 1978年 Harmonica According to Charlie Musselwhite (Kicking Mule)
  • 1984年 Tell Me Where Have All the Good Times Gone? (Blue Rock'It)
  • 1986年 Mellow-Dee (CrossCut)
  • 1990年 Ace of Harps (Alligator)
  • 1991年 Signature (Alligator)
  • 1993年 In My Time (Alligator)
  • 1997年 Rough News (Virgin)
  • 1999年 Continental Drifter (Virgin)
  • 2000年 Up & Down the Highway Live: 1986 (Indigo)
  • 2002年 One Night in America (Telarc)
  • 2003年 Darkest Hour (Henrietta)
  • 2004年 Sactuary (Real World)
  • 2006年 Delta Hardware (Narada)
  • 2008年 Rough Dried - Live at the Triple Door (Henrietta)
  • 2010年 The Well (Alligator)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]