スモール・チェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スモール・チェンジ
トム・ウェイツスタジオ・アルバム
リリース 1976年10月
録音 1976年7月15日-7月29日 ハリウッド
ジャンル ロックジャズ
時間 50分01秒
レーベル アサイラム・レコード
プロデュース ボーンズ・ハウ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 89位(アメリカ)
トム・ウェイツ 年表
娼婦たちの晩餐〜ライヴ
(1975年)
スモール・チェンジ
(1976年)
異国の出来事
(1977年)
テンプレートを表示

スモール・チェンジ(Small Change)は、トム・ウェイツ1976年に発表したアルバム。トムにとって初の全米トップ100入りを果たしたアルバムで、代表曲の一つ「トム・トラバーツ・ブルース」収録。

解説[編集]

1976年、トムは初のヨーロッパ・ツアーを行い、そこで多くの新曲を作る。帰国後、『Pasties and a G-String』という仮タイトル[1]のついたアルバムの制作に取りかかり、最終的にタイトルを『スモール・チェンジ』に変更して発表。

本作のレコーディングには、大御所ジャズ・ドラマーのシェリー・マンも参加。シェリーは、その後もトムのアルバム作りをサポートする。他にルー・タバキン穐吉敏子の夫)も参加。

歌詞[編集]

アルバム・タイトルの"Small Change"とは、直訳すれば「小銭」だが、タイトル曲では「ちっぽけな野郎」というニュアンスで使われている[2]

トムの歌詞には、固有名詞が登場することが多いが、本作には多くの有名人(マリリン・モンローロッキー・マルシアノルイ・アームストロングミッキー・マントルリタ・ヘイワースヴィンセント・プライスフーディーニ他)の名前が織り込まれている。「のってる奴」「想い出のニューオリンズ」でネタにされているチャック・E・ワイスは、トムの友人のミュージシャンで、1981年にデビューを果たす[3]

「トム・トラバーツ・ブルース」のサビの部分では、オーストラリアで愛されてきたポピュラー・ソング「ワルチング・マチルダ」の一節が引用されている。「ステップ・ライト・アップ」の詞は歌詞カードに記載されておらず、代わりに、写真とクリーピング・チャーリーの葉2枚と返信用封筒をトロピカーナ(当時トムが暮らしていたハリウッドのモーテル)宛に送れば、歌詞を返送する旨のメッセージが書かれている。

収録曲[編集]

全曲トム・ウェイツ作。

  1. トム・トラバーツ・ブルース - "Tom Traubert's Blues (Four Sheets to the Wind in Copenhagen)" - 6:39
  2. ステップ・ライト・アップ - "Step Right Up" - 5:43
  3. のってる奴 - "Jitterbug Boy (Sharing a Curbstone With Chuck E. Weiss, Robert Marchese, Paul Body and The Mug and Artie)" - 3:44
  4. 想い出のニューオリンズ - "I Wish I Was in New Orleans (in the Ninth Ward)" - 4:53
  5. ピアノが酔っちまった - "The Piano Has Been Drinking (Not Me) (an Evening with Pete King)" - 3:40
  6. ブルースへようこそ - "Invitation to the Blues" - 5:24
  7. ペイスティとGストリング - "Pasties and a G-String (at the Two O'Clock Club)" - 2:32
  8. 身も心も疲れはてて - "Bad Liver and a Broken Heart (in Lowell)" - 4:50
  9. ザ・ワン・ザット・ゴット・アウェイ - "The One That Got Away" - 4:07
  10. スモール・チェンジ - "Small Change (Got Rained on with His Own .38)" - 5:07
  11. 仕事が終わるまで待てないよ - "I Can't Wait to Get Off Work (and See My Baby on Montgomery Avenue)" - 3:17

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』(パトリック・ハンフリーズ:著、金原瑞人:訳、東邦出版、ISBN 978-4-8094-0705-5)p.169
  2. ^ 日本盤CD(AMCY-3175)山本沙由理による対訳
  3. ^ CDjournal.com アーティスト
  4. ^ Maria Joao.: アンダーカヴァーズ(universal-music.co.jp)